2017年03月24日

NO...4512

BSで毎朝15分間、関口知宏氏がヨーロッパ列車の旅をしています。今週はイギリス20日間の旅でした。
今朝はバースへ行きました。昔、ローマ軍がつくった温泉が今も湧き出ています。地名もそのものずばりバース。
イギリスへ一人旅をしたのは、かなり前のこと。ホテルでバス旅行をしたいと言うと、バース行きを勧めてくれました。日本のバスの旅とちっとも変わりません。決められた席に座ると、相席はアメリカ女性でした。いろいろ話しているうちに小学校の先生で岩国にいたことがある話しになりました。きっと軍の子供たちの先生をしていたのでしょう。
バスが動き出すとピーターラビットの出てきそうな草原が広々と続きました。途中ストーンヘンジで下車。ここは古代遺跡の場所。1個が6畳間くらいある石が20個ほども円形に組み立てられています。どのように運んだのか不思議に思いながら見ました。もう1箇所はイングランド最古の教会、そこを見てバースに行きました。大きな温泉は見るだけでしたが、古代ローマ人がこんなところまで遠征して風呂を作ったと知って感慨一入でした。
posted by akino at 01:15| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

NO...4511

毎朝4時ごろ、娘は起きるとすぐに台所でコーヒーを淹れ始めます。イーナは待っていたように急いで台所へ。
ところが今朝は様子が違いました。「イーちゃん、お出で」娘が呼んでもわたしの布団の上に腹ばいになって顔だけ声のする方へ向けています。
どうしたのかねえと娘は心配顔でしたが「分かった、台所の シートの上にオシッコをしてあるから、叱られると思っているんじゃない」
念のため、いつもシートを2箇所に置いているけれど、朝夕2回の散歩時に用を済ませるので家ではオシッコをしないのです。
昨日は終日雨。2度連れ出したけれど、短時間でした。それで我慢ができなくなって、家の中でしたのを気にしているようです。
申し訳なさそうにというか、叱られそうなのを気にしているというか、イーナには災難です。急いで連れ出すと、待っていたようにたっぷりのオシッコ、家に帰るころにはいつものイーナに戻っていました。
posted by akino at 00:04| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

NO...4510

パソコンの機能を良く知っていて使っているかと聞かれれば「全然ダメ。だから時々癇癪が起きるほどトラブります」
今回、メールを受信できなくなった原因は「icloudのパスワードは?」とパソコンが問うので、これと思うのを入れると拒否されました。つづいて忘れましたかーーの問いに乗って、新しいのを入れてしまいました。毎回同じパスワードで絶対に変えないようにと子どもにくどく言われているのに、気がつくと行き詰っています。おまけに「過去1年以内に使ったパスワードはやめてください」などと出てくると、完全にアウト。
結果、パソコン内はめちゃめちゃ。子どもに助けを求めると、ちゃんと控えておかなくては〜」と言いますが、控えているつもりだけれど、これがいつの間にか分からなくなるのです。
メール受信について、今日はついにMacに電話。
「あの〜、わたしは84歳がですから、そのつもりで教えて下さい」こう断りを入れることから始めて、なんとか解決しました。
posted by akino at 02:50| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

NO...4509

夜明けがだいぶ早くなってきました。今朝も6時前に家を出て子ども広場まで行き、公園の時計を見上げると5時50分。
広い芝生には鳥が仲よく草の実を啄ばんでいます。スズメ、ムクドリ、ハトなど何十羽も。みんな夢中になって食べていると、そこへ、カラス。
サアッと一斉に飛び立ち逃げました。カラス・ギャングは偉そうに飛び降りたのはいいのですが「なんだ。みんな、大したものを食ってねえじゃあねえか〜」そう思ったようで、じきに、飛び立ちどこかへ行きました。
まわりに待っていた鳥たちは再び戻って頭を上下に振りながら夢中です。
そこを過ぎて崖の方へ行くと、今度はつる草などが生い茂り、手入れのされていない木々も生い茂っています。こんな藪は野鳥天国。ウグイスが「ホーホケキョ、ケキョケキョ」知らない鳥はもっと複雑に長く鳴きます。
『時は春・日は朝・朝は七時・片岡に露満ちて・あげヒバリ名乗りいで・カタツムリ枝に這い・神そらに知ろしめす・全て世はこともなし』ブラウニング、上田敏・訳
posted by akino at 00:51| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

NO...4508

1994年に刊行された本「愛をめぐる逆さの常識」栢木利美著に書かれているのは、たった20年ほど前のことなのに、女性の意識が大いに変わっていることにびっくさせられます。
著者はアメリカ人と結婚している人。日本の女性をどう思うかとアメリカの男性にインタビューする場面があって、そこには@キャリアより家族が大事、夫のため、子どものためが優先。A自己主張ばかりせず相手のことも考え、いつも控えめ。Bいつも微笑んでいて自己主張などしない。C料理もインスタントは使わない。D一見おとなしそうだけれど芯が強い。
などが並んでいました。改めて日本の女性もどんどん変化していることを感じます。
例えば住宅選びは、「郊外の一軒家で庭があり花を育て、夫や子どもと微笑ましい生活」などがイメージにありましたが、現在は「都心のマンションに住んで、妻もキャーリアある仕事をしたい」などと変わってきています。
さて、私たちの年齢を「50年若返らせてやるよ」と神さんに言われたら、どんな生き方をしたいですか?
posted by akino at 04:07| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

NO,,,4507

「イーナの誕生日だから2人で行きます」と三男夫婦から電話。イーナにハッピーバースデーです。
人間用にイチゴケーキを用意しようと、スポンジをカゴに入れてから、生クリーム売り場に行くと低脂肪のホイップクリームがあったので、文句なくそれを選んだまでは良かったのですが、帰宅してホイップしようとしても、どうしてもツノが立ちません。何回か冷凍庫に入れて冷やしてもドロドロのまま。仕方ないのでそれを塗り、キウイとイチゴで飾りました。
食べれば同じ味ですが、見た目が良くありません。しかたない。。。
後は鍋、人が集まらないと鍋料理は格好がつきません。だから何はともあれ鍋にしました。
お姉ちゃんからは、サッカー日本選手のユニホームとサッカーボール。よろこんで部屋中を走り回る姿は一流選手になれそうなほどのイーナでした。
お兄ちゃんからはいろいろな犬の食べ物。今日だけは体重増なんて言われずに食べたいだけ食べさせてもらえました。
posted by akino at 02:14| Comment(9) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

NO,,,4506

本を読むのは楽しみ、時間つぶし、為になるなどいろいろあると思います。
本を買わないわたしは図書の本を借りる時、自分の読みたい本かどうか、棚から手にとってパラパラと見て、見当をつけてから借りてくるのです。
ところが、いざ読み出して「つまらない」となってしまうのがあります。「バカの壁」の先生が書いた「運のつき」を読み出して放ってしまいたくなりました。
どこが好きでないかというと、わたしが友だちに今のこと昔のことなどだらだらとしゃべるような内容だから。題名につられて選んだのに残念。
まあタダだから読まないで返してもソンはないのですが〜。
それで、何だか腹が立ってきて夜遅いというのにコーヒーと冷蔵庫に残っていたケーキを食べてしまいました。今ごろ食べると「眠れなくなるし〜太るぞ〜」なんて声は聞きたくもありません。
posted by akino at 00:02| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

NO,,,4505

長い間、雨が降らない限り午前中はプールに行くと決めていました。
その習慣を変えたいと思い始めています。行くのを一日置きに週3回はどうかと。そう考えるようになったのは、電動自転車の電動部分のブレーキが壊れて、変な音がするようになったから。
自転車はこれで最後、後は自転車に乗るのを止めると決めているので、今のを使えるだけ使ってお払い箱にします。だから電池を外し自動でなくして乗っています。こうなるとほんとにオンボロ自転車。
と、言うわけで、行かない日は、午後の散歩をなるべく長くしようと考えて、今日は山越えをしてきました。
早春の畑や道端の草などを眺めながらの約4キロ。山道で行き交ったのは年配男性3人。それぞれ1人で歩いています。長年、会社人間だったので地元で友だちを得るのは難しいのでしょう。きっと暇と孤独と寂しさをセツトにした日々を抱え込んでいるのではーー勝手にそんなことを想像しました。
posted by akino at 03:31| Comment(9) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

NO,,,4504

わたしの嫌いな言葉。「ゴゴラジ」「シブゴジ」こんな言葉。なんだか分かりますか? これはNHKの使っている言葉です。どうして嫌いかと聞かれても理由はありません。何もこんな縮めかたをすることはないーーただそれだけ、嫌いなんです。
つぎに嫌いな言葉、「・・・今日この頃です」手紙など、最後をこの言葉で結ぶこと。これも理由はありません。せめて言うなら考えないで使うのではなく、自分の言葉で文章の最後を閉めて欲しいと思うだけです。
「カワイイ」ほんとにカワイイものでないのに、素敵なものはみんなこの言葉で括ること。この言葉は日本語を貧しくしていると考えます。
そう言えば、近ごろ女言葉というのはあまり気にならなくなりましたから、減っている気がします。「〜わよ」「〜ですのよ」など女を売り物にしている言葉づかいは好きではありません。ついでに言わせてもらうなら、グラスなどを持つ時に小指を跳ねるようにすることも嫌いです。
posted by akino at 00:43| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

NO,,,4503

又吉直樹という芸人が芥川賞を受賞したと聞いても、あの髪型が気持ち悪く本を読む気がしませんでした。ところが市の小学校図書室では、本の選択肢が多くはありません。それで何となく「火花」を借りてきました。
読み進むうちに、受賞しただけの内容を持っていることが分かってきます。
神谷に惹きつけられていく若手漫才師・徳永。神谷は漫才に独特の哲学を持つ魅力的な先輩。師匠にとお願いして慕うようになります。
神谷は飲みに行くと、先輩がおごるものだと支払いを徳永にはさせません。でもどうも借金は膨らむ一方らしいのです。
そんな日々でしたが、少しずつ人気が出て売れるようになる徳永。住むところもマンションに引っ越すことができました。でも食べるだけでも大変な世界で、アルバイトの掛け持ちはずっと続いています。
小説が、起承転結の「転」の部分にはいると、スパークスという漫才を組んでいる相方が同棲相手に双子が生まれるので、ちゃんと結婚し収入のある仕事をしたいから漫才をやめると言い出します。相方がいなくなっては、徳永も転職するしかありません。
こんな感じの内容ですが、漫才が好きで一所懸命生きている若者たちの世界をきちんと書いた佳い作品でした。
posted by akino at 00:02| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

NO,,,4502

新杉田駅の地下にTempura Tendon Tenyaの支店があります。
天ぷらは揚げたてを食べるのが命。杉田へ出かける楽しみは、天丼を食べること。昨日も、メニユーなど見ないで、いつもと同じのを注文しました。
買い物の重いバッグを下に置くと、待っていたようにお茶が出ました。ここの店はタクアンを好きなだけ取れるようにテーブルに置いてあります。信州人は漬物とお茶がセットなのが当たり前。祖母たちはよく「手皿」と言って、手のひらへ漬物を受けてお茶を飲みました。でも買い物の後の手は汚れているので、前にある紙ナプキンの上へタクアンをとってお茶と一緒に、天丼が出てくるまでを楽しみました。
やがて揚げたての熱々が〜。えび・イカ・魚・かぼちゃ・ししとう・レンコンがのっています。ご飯を交互に口に運ぶと甘いタレが美味しく、やっぱり丼ものは天丼に限るなどと思いながら食べ終わりました。
立ち上がろうとした時です。後ろの席から女性の声で「フキノトウ」と注文する声が聞こえました。
「しまった。そういう注文の仕方があったんだ〜」後の祭りでした。
posted by akino at 01:59| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

NO,,,4501

杉田へ行こうとモノレールに乗っていると、そこに母娘と思われる2人が乗ってきました。娘さんは母親をまず腰掛けさせてからその前に経ちます。そしたらお母さんが、わたしの隣の空席を指したので娘さんはこちらに来ようとしました。
その時です。娘さんの持っているバッグの美しさにわたしは息をのみました。黒地に大きな白い模様があり、バッグの4角と手が空色の上等な皮で縫製もしっかりしています。
「きれいなバッグですね」思わず声を掛けると、
「友だちが作ったものです」と言いながらチャックを開けて中も見せてくれました。この上等な作り手が直接ネット販売していると。「stylish plus」と検索すれば見られると言います。
帰宅してさっそくPCの前に座りました。写真ではよく分かりませんが、とにかくあんなに上等なバッグは見たことがないほどでした。敢えて言えば持ち手の気品がバッグを引き立てていたのかもしれません。それほど清楚な人でした。
posted by akino at 01:03| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

NO...4500

堀江貴文氏の講演より
『桃太郎という昔話があります。あの物語で、最大のチャレンジャーは桃太郎ではなく、おばあちゃんです。川を流れる得体の知れない大きな桃を持ち帰って切る、というチャレンジをしたことで、桃太郎が生まれたわけです。しかも結果的に桃太郎が鬼を退治したことで、おばあちゃんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)も上がっている、というのがポイントです。おそらく誰にもどんぶらこと流れてくるものがある。それをしっかりと見極め全力を尽くすそれがその後の人生を楽しいものにする』と。
暇に任せて検索すると、この人のその後も健在だとわかりました。
見方をちょっと変えるだけで、おばあちゃんがチャレンジャーになるのです。「目の前にくるものを自分の目で見極める力」なるほど、とは思うものの、ここまで人生が来てしまったのだから、何も今更、力まなくてもとも考えます。しかし、力んだほうが最後まで面白いかもよーーという声も聞こえます。
posted by akino at 02:32| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

NO,,,4499

百田尚樹著「玄庵」上下で800ページを超える大作。この作家ならきっと面白いだろうと、借りてきました。ところが歯が立ちません。理由は囲碁を全く知らないからです。
信長時代から江戸末期までの囲碁の世界を描いています。囲碁をする人たちがそれで出世ができたこと。しかも強ければ石高も武士並みだったそうです。また身分は問われず実力本位の世界でした。
『碁の変化は無限だ。「この一手しかない」という局面はむしろ少ない。ほとんどの着手が迷いに迷った末での一手だ。あのとき、こう打てばどうだったか、その碁の変化はどうなったか。碁はどのように展開したのかーーそれを思わぬ着手はいない。碁は人生に似ている。来し方を振り返り、あのとき、違う道を選んでいたらと思っても、その人生の変化がどうなったのかは永遠に謎だ』上巻の帯にはこう書いてあります。
読み続ける根気が出ないので返却することにしました。市民図書では、読みたい本を申請すると、予算内で買ってくれます。どなたかがこの本を希望したはず。それをわたしが新品の状態で借りてきてしまいました。だから早く返さなければと思うのです。
posted by akino at 01:38| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

NO,,,4498

久しぶりに春らしい陽気になりました。午後の散歩時間を早めて、ツクシとヨモギを摘むことにしました。
ツクシは毎年摘むところが決まっているので直行。ちょうど伸び始めたところ、まだ少女のようにういういしいのが見つかりました。
ビニール袋片手に犬の紐も持って、斜めの土手を次々とツクシを袋に入れます。簡単に一握りゲットで終了。毎年1回味わいたいだけなのでたくさんは要りません。
つぎはヨモギです。日当たりの良い場所を目指して歩きましたが、こちらはなかなか見つかりません。南向きの日当たりの良い道端にあったとしても、犬がオシッコをかけてあるのではと思うとパス。ヨモギなどいくらでも生えていそうなのに、いざ摘むとなるとなかなかありません。それでも1回草もちができるほどになったので帰宅、さっそくツクシは佃煮に、ヨモギは茹でました。明日は餡を買い求めヨモギ餅にします。
posted by akino at 05:55| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

NO,,,4497

わたしの行くリネツは市の焼却場の隣にあり、前は護岸になって東京湾です。リネツの入り口手前には、大掛かりな焼却場の入れ口と出口がそれぞれ別にあり、大型トラックの出入りが頻繁です。
今日のこと、そのゴミの焼却場へ行きたい人がリネツに来てしまいました。たまたまわたしが帰ろうとしているところで鉢合わせになり、焼却場はここではないから案内しますと、先に立ちました。焼却場の入り口へ行って、ついでに「わたしも見ていきたいけれど、ついていっていいですか」と聞いてから一緒に行きました。中がどうなっているのか興味津々でしたから。
入り口を入り、建物の入り口に向かって行くと「リユーズ」の案内がありました。
捨てた物品の再利用を「リユーズ」というのは「リネツ」がゴミを燃やした熱の利用という言葉と同じ、きっと兄弟言葉だと親しみを感じました。
焼却場というイメージはまったくなくて明るく清潔なところです。そこの2階に新品のような家具が展示してあり、欲しい人は各製品に番号を付けてくださいとあり、後日抽選だそうです。魅力的な物がたくさんありました。平均して1つの物に30人ほどが申し込んていました。サクソホンのような楽器もありました。
posted by akino at 00:02| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

NO,,,4496

建物調査の仕事。外から見て異常がないか? 廊下に物が置かれていないか? 各階の設備に異常はないか? ベランダ側、いざという時に隣との間のボードを蹴破って逃げるために、物が置かれていないか等々を14階から調べ始めました。
わたしの住む団地は自主管理なのでかなり厳しいチェックをします。上から順に調べて1階までやりましたが問題なし。理由は清掃する人が数人仕事として毎日入っているからです。
築30年経つ建物は、水漏れがあると建物に染み込んで寿命を縮めるからと、数年前に下水管を交換しました。同じ意味でベランダに亀裂がないかも報告するよう、うるさく言います。
とにかく自分の持ち物なので、住人は大事に使っているところがなかなか良いと思います。
というわけで、今日はお役で建物チェックのため、プールを休みました。だから午後の散歩は足をのぱして河津桜の並木道を海まで行きました。
posted by akino at 00:09| Comment(12) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

NO...4495

「北の国から」の3時間番組を観ました。北海道の自然と、さだまさしの音楽が一緒になって、あの叙情的で、哀しい場面が出来上がっていることがよく分かります。
毎日つづく、雪・雪・また雪。そして吹雪。こうした厳しい自然は、自ずと人の距離を近づけます。隣の人のことは自分のこととして考えるのです。そうしなければ暮らせない世界。蛍の結婚式を草太兄ちゃんが大々的にしようと計画しています。父親は「娘の結婚式ぐらい自分で出せる」と不服を言う場面もあります。
そしてある朝、草太兄ちゃんは事故で帰らぬ人となるーー兄と慕っていた純の号泣姿が痛々しく映ります。
雪の中を白無垢を着て歩いていく蛍、バックには花火が。草太兄ちゃんの手配したものです。婿殿の正吉は蛍が妊娠7ヶ月であることもすべてを承知で胸にしまい、結婚を淡々と受け入れる。
今朝のリネツのお風呂でIさんとわたしは、やはり不便な生活は人々を鍛えて育てるーーそんな話をしました。

  
posted by akino at 01:06| Comment(10) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

NO...4494

娘は最近留守宅に帰りました。すると洗面など使うたびに水のトラブル。理由は使わないでいると水まわりのバテなどが縮んで干からびてくるのです。訳は全館暖房なので使わないでも暖房ガンガンだからです。
わたしの住んでいるところが築30年と騒いでいるのに、娘のところは築100年は経っているでしょう。昔のアメリカの建物です。入り口を入ると前面ガラスで洒落ています。エレベーターなどは交換しているので近代的ですが、この鏡の間はなんとも時代を感じさせます。
と言う訳で、誰かが使っていた方が良いということになり、夏休みにNYへ行く友が使ってくれることになったそうです。物はそのままにして、台所などなんでも使ってもらうつもりらしいです。
そう言えば、わたしの友のアリスも一夏イギリスの個人の家で暮らしました。その家の家族と交換して住んだのです。お互い旅行の費用が安く、そこに住むような感覚で旅ができた訳です。頭を柔らかくするといろいろな体験ができるものと感心します。

posted by akino at 00:29| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

NO,,,4493

ボクイーナだよ。
あのね、今日は2回もお留守番したんだ。午前中はバアちゃん集会所へ広報の仕分けに行ったんだ。そしてね。各戸のポストに配り物を入れたり、回覧にするものは板に挟んで回したり、掲示板の貼るのもしたんだよ。
そしてね、夜は役員会だからねと言って、また置いてかれちゃったよ。
ボクつまらないときは何すると思う。バアちゃんのカバンを引っ張り出したり、ゴミ箱をひっくり返したりするのさ。バアちゃんはそれを知っているから、みんな片付けて行くんだよ。
ボクは自分のことアタマいいと思っているけれど、バアちゃんの方が上手だよ。ザンネン。
お姉ちゃんは新幹線に乗って京都に行ってきたんだよ。夜遅く帰ってね、ルイスにスカイプしながら少しだけ遊んでくれたよ。でもね、明日はまた飛行機に乗ってどこかに言っちゃうんだよ。つまんないな。お姉ちゃんがいるとたんさん遊んでくれるのにね。
posted by akino at 00:03| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする