2017年06月05日

NO...4587

とにかく、これ以上はどこへも物が入らない。だから使わない物は捨てるーーそんなこと、とっくに分かっています。なのに分かっていません。
今朝は扇風機を取り出して、加湿器をしまおうとして、ついでに自分の部屋の押し入れを片付けました。「すてる物は潔く捨てる〜使わない物はすてる〜」なのに、全部の物が元に収まってしまいました。
すてる候補に上がったのは、お雛様ーーでも置いておけば、生活に変化が出るーーそう場所をとってもいないし。古い手紙類ーーやっぱりくださった人のことを考えると捨てては申し訳ない。母のノート類ーー短歌を編集してまとめておいてやりたい。バッグ類ーーあの人にもらった物を捨てては申し訳ない。帽子ーーこれくらい残しておこう。などなど、言い訳がべったり張り付いてしまいました。
このほかに冬物入れのプラスチック箱、着物類の箱、あれこれの布類。何も捨てられません。押し入れは悲鳴をあげています。
わが小庭の写真、右上の(あきのとモノたち)に載せました。
posted by akino at 04:05| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

NO...4586

一辺が30センチ四方の人工タイルが10枚入っているのを3セット注文したのが朝にはもう、届きました。さっそくベランダ工事(?)開始。横5枚、縦3枚、間に鉢を入れる部分を開けてその向こうにもう一列入れました。狭いところは何をしてもあっという間に仕事が終わります。後の1セットは居間の前のベランダへ。
これで当分楽しめます。
明るいレンガ色と緑はよく合います。
ベランダはコンクリートで立ち上げが出来ているので、ちょっと奥まった感じがします。囲まれているから、風は大丈夫と考えるはずですが、それがすごいのが吹きます。でもそんなことも含めて、一夏を楽しむーーそして秋が来たらまたどのようにしようかと考えるのも生活の張り合いになります。
posted by akino at 01:51| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

NO...4585

わたしは2007年から携帯をつかつています。2年ほど前ポイントが貯まった知らせがauからあり品物に交換しました。ところが今回の案内はポイントが今月で切れると言うだけ。「どこで使えばいいですか」聞くとカードにしてスーパーなどで使えるとの説明。
「それならカードを作ります」と頼み、カードが送られて来ました。しかしいくらポイントが貯まっているのかが分かりません。
カードは登録しないと使えないというので、今日はauのお客様係と2時間近く電話で。ようやく使えるまでになったのはいいのですが、「ところでわたしはポイントがいくらあるのですか」と聞くと8000点ほどだと。
こんな難しいやり取りで疲れ果てた時、「この前は品物交換できてよかったですが〜」と言うと、「品物と交換もできますよ。なんならカタログ送りましょうか」。
それを真っ先に言ってもらえたらカードまで作って四苦八苦することはなかったのに〜。
posted by akino at 02:13| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

NO...4584

嫁さんが来ました。先日プレゼントされた花の鉢をうまく育てていると自慢すると、「お母さん、ここにすのこを敷くと素敵になりますよ」と。
なるほどその手があったかと嬉しくなります。さっそく検索、いろいろありましたが、TOTOのテラコッタを3セット注文しました。
明日か明後日には届くようです。これで気持ち良く住める方法がまた前進。
こうして3年目の夏になって、ようやく楽しく住むにはどうすれば良いかが少しずつわかってきました。
朝、目がさめると真っ先にカーテンを開けます。すると目に緑が飛び込むーーこの感じがたまりません。風が吹けばこれらが揺れるーー上に見える空と一体となって見飽きることがないーー極めて人工的な場所に住んでも、自然がある生活はやはり心和むものです。
posted by akino at 01:46| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

NO...4583

葉室麟著「春雷」よりの連想。
『羽根藩の藩主は、質素倹約に励み、藩校に高名な学者を招くなど名君として名高い三浦兼清だが、莫大な借金は返済できていない。財政再建を任された隼人は、農民から年貢を搾り取り逆らう者は入牢させる痛みを伴う改革を断行したため、鬼隼人と呼ばれるほど恨まれていた』
鬼隼人が主人公の話は、わたしに秀吉の御殿のような城や金ピカの茶室を連想させ、そのために農民は食うや食わずで汗水たらして搾取される、ピョートル大帝の金ピカ宮殿だって農民いじめの結果だと思わせます。
現代では税金、昔は年貢米。きつい取り立ては生き死にの問題となり、百姓一揆も起こったのです。
話があちこちに飛びましたが、改めて「税金」って何だろう? 北朝鮮の惜しげなくブチあげるのだって血税のはず。国民はひいひい言っているに違いありません。
posted by akino at 04:05| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

NO...4582

こう暑くては、地面が焼け込んでいるのでイーナもいつもの散歩はできません。てもオシッコが気になるので、野鳥公園の木陰に行くと、前に住んでいた家の近くのN氏に会いました。「久しぶりですねえ、少し話しましょう」ということになって、ベンチに。
奥さんを64歳で亡くされてから「独りでいると一日中しゃべらない日が多い」と。そこでわたしのお節介根性が顔を出し、いろいろアドバイスを。まったく頼まれもしないのに〜ですね。
フルブライトで留学をしたことのある人に,アメリカの話しや、面白そうな作家の話、そして「ぜひgaccoを」などと勧めました。
50年以上近所だと子供も同じ学年だったりしてお互いの家のことをよく知っているのです。飼っていたジョンの話も出て懐かしかったと嬉しそうでした。
posted by akino at 03:24| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

NO...4581

『堀江貴文氏の《多動力》とう本が発売前に2万部の重版が決まり、すでに5万部を突破する、異例の売れ行きとなっている』
こう書いてあるのが目にとまりました。なかなかへこたれない人だなあと思い、ナニナニ?  と物好きなわたしはさっそく検索。
「多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う」とあります。
しかし、「多動力」がある人は、次から次へと興味が移り変わってしまい、まったくもって落ち着きがないとも。
この本の構成は、6章からなり、第1〜3章ではざっくり言うと「同じことを一生懸命長期間続けることが大事」だと言うことの洗脳を解くための章。第4〜6章では「具体的な『多動力』の身に着け方」こんな構成だと。
ここまで読んで言おうとしていることは大体分かりました。しかし荒っぽい言葉です。一つのことをコツコツ続けてこそという仕事の大切さは「厳然」としているはずですから。
posted by akino at 02:07| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

NO...4580

日曜日の昼に「NHKのど自慢」を観るようになりました。
何がおもしろいか、それは「素人が一所懸命に歌う姿」でしょうか。
昭和21年からの「素人のど自慢」は長寿番組。今は上のような題名に変わっていると初めて知りました。
毎回250人以上の中から20組が選ばれるようですが、選ぶときは、番組を見ている人を頭に入れて、歌のうまい人と、うまくないけれど見ごたえのある人を選んでいるのではと勝手に想像し、鐘をならす人は、歌っている人のどこで鐘を鳴らしたら効果的かと考えているように見受けられます。
我が家に戦前からあったラジオはピーピーガーガーと雑音がよく入りました。「敵機御前崎より進入」の情報を聞いたラジオ。そのラジオで戦後は水曜夜9時からの「希望音楽会」や日曜朝8時からの堀内敬三解説の「音楽の泉」を楽しみにしたものです。
posted by akino at 00:05| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

NO...4579

世界は大統領の新規入れ替えでごった返していると言うのに、我が家ではイーナのノミが大問題。ついに今朝は三男出動。3巨頭会談の末「ちょっと早いが寒かったら何か着せれば良いから毛をカットした方が良い」と結論づけました。
さっそく店に電話をすると、今日の2時に予約が取れました。シニアカーで連れて行って、預けるとそそくさと外へ。終わるまでイトーヨーカドーをぶらぶら。
4時に行くと、「ノミがいましたのでノミシャンプーを使いましたから値段がちょっと高くなります」「はい、分かっていましたが、ノミがいることを言うとカットしてもらえないと困るので、黙っていました」と平身低頭。
イーナの体は丸坊主カット。ノミなど住む余地がなくなりました。
大統領のメール疑惑より、こちらの方か早く片付きました。
posted by akino at 03:01| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

NO...4578

「皇居の宝物」皇居にある盆栽の特集を観ました。
皇居の大道庭園には500鉢もの盆栽があり、一番有名なのは、推定600年の徳川家光遺愛の五葉松「三代将軍」。家康のすぐ後から、ずっと生き続けているーーしかも小さな鉢の中で。
盆栽は3年に一度の植え替えをすると言います。でも人間の身勝手が小さな鉢に閉じ込めるーーそこがわたしは好きではありませんでした。
しかし小さな鉢の中で生きて、大木の風格を感じさせたり、雑木林を想像させたりと、やはりすごいことです。
戦争時、皇居にも爆弾が落ちたと。そして盆栽は10分の一に減ったそうです。ところが年月は再び蘇らせ、国賓を迎えています。盆栽に携わる関係者の並々ならぬ努力があればこそと思います。
一般の盆栽は針金を巻いて枝をためて形を作っていくのに、皇居のは自然に任せながら形作っていくのだそうです。
posted by akino at 04:42| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

NO...4577

犬友の食事会でした。メニュー選びを工夫するようになってから、同じ金額でも、ご馳走たっぷりの感じがします。
場所はいつものジョナサン、定位置にテーブルをとるので、着席すぐから、べちゃべちゃ、笑、笑。
気兼ねなく話ができるメンバーをもっている気楽さは本当によいものです。
ただし近ごろは、どうも年取ったことが話題の中心になっていけません。そこで意識して話題を変え「朝ドラの話」に。
昭和40年ごろは何をしていたかということになりました。北茨城の母親3人の集まりが好きだという人や、あのころの月給はもっと安かったのではなどなど。
わが家は39年に土地を買い、41年に家を建てたことを思い出しました。土地と家で数百万円、土地が100坪近くあっての値段です。その後土地は急騰しました。会社が「持ち家制度」を始めてくれたおかげでお金がなくても、建てることができたのです。
posted by akino at 01:15| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

NO...4576

さくらさんはブログ友で、アメリカの西海岸に住んでいます。今月の連休後に日本に帰国しました。
そして驚くことを始めたのです。なんと目標「東海道五十三次」踏破。
東京日本橋を出発して、1日25キロを目標に歩き、20日ほどで京都の三条大橋でテープを切る予定とか。
最初の三日 間は定宿にしている亀有へ1日歩いた後に帰り、翌日は、前日歩いた最後の場所から歩き始めていましたが、ついに昨日からは、あちこちで宿をとりながら歩くことにしたそうです。
昨日は箱根手前まで。今日はおそらく昔の道を箱根越えしているはず。横浜駅前を通り、権太坂を越えて小田原へと、正月に行う大学箱根駅伝のコースでした。
また昨日は箱根湯本で、温泉につかったようです。
四国88ヶ所を歩く人はよく聞きますが、東海道を歩こうという発想が愉快じゃないですか。http://orientexp.exblog.jpで検索してみてください。「East meets West」です。
posted by akino at 00:07| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

NO...4575

住んでいるマンシヨンは、ベランダに絶えず風が吹いています。遠くを眺めると無風に見えるのに〜。育てている植物たちが気になります「気の毒になあ」と。「こう風が吹くのでは落ち着く暇がないのでは」と。
わたしは風が嫌だと戸を閉めれば済みます。でもトマトなどは上に伸びたくても横から絶えず吹く風が迷惑なはず。
それでも、しそは、風になよなよと従いながら、うまく葉を広げます。しかしトマトは伸びた分だけ風当たりが強いーー花も咲き始めているというのに。
そう言えば肥料が多いとトマトは葉が縮んだ感じになるとリーのママさんが言っていたっけ。たしかに先の方が縮み加減です。気をつけなければ〜。
「過ぎたるは及ばざる如し」
嫁さんが正月にことわざが書いてある週めくりのカレンダーをくれたので、トイレに吊るして言葉を噛み締めています。
posted by akino at 02:46| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

NO...4574

わたしはせっかちな性格、やることも手早い。そんなだからモタモタは好きではありません。ところが川上弘美という作家の文章はモタモタ。そして登場人物もモタモタのような人。
こうなると、イライラするので読まないはずなのに、どういうわけか、この人のモタモタは不快ではないのです。
まるで時計が同じに回るのではないような「物語づくり」なのに、それを楽しんで読みます。どうしてでしょうねえ〜。
だいたい主人公の名前が「のゆり」とひらがなです。夫を卓ちゃんと呼び夫婦なのにそれらしくも見えない。そして夫が浮気しても、激しい感情など湧かずに浮気相手と食事をしたり、「なんじゃこれ? 」。こんな話なのに別に嫌ではない小説。
まったく不思議な人の不思議な小説でした。テレビドラマになった「センセィの鞄」もこの人の作品です。
posted by akino at 01:05| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

NO...4573

イーナにノミがいるーー娘が大騒ぎ。
そこで朝の散歩から帰って、すぐに昨夜の残り湯で体を洗ってやることにーー。
まずイーナの入る大きさのプラスチックケース探し。ありました。中身をベランダに出して風呂場に持ち込み、綺麗にしてから、湯にレモン水を。ここへ犬を浸けること10分。そして次はシャンプー、毛をゴシゴシ、終わってバスタブへわたしと一緒に沈ませます。(ノミを窒息死させる算段)
その後、ドライヤーをかけたのですが、簡単なようでも7キロの体重は骨が折れました。
それから、お腹のあたりの毛をカット、来月分(1ヶ月ごとにつける)のフロントラインを前倒しに、しっかり皮膚に染み込ませたのです。
この間、娘は三男のところへ知らせ、三男はフロントラインをネットで注文したと。「もう買ってあるのに大騒ぎする」何事もドンと構える主義のわたしは、たかがノミくらいで大騒ぎする娘が気にくいません。
悶着の後一件落着。
posted by akino at 03:47| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

NO...4572

市民図書の本は、冊数が多くないために、借りたい本に詰まってしまう時があります。
読みたくない作家は(食わず嫌い)手が出ません。先週がそんな感じで、ざっと読んで返し、今日また別のを借りてきました。
若手の売れている作家はテクニックが凄すぎて、気にかかり読む気がしなくなったり、宮部みゆきとか東野圭吾などは、どうしてか手が出ません。
で、今日借りてきたのは @葉室麟著「春雷」A川上弘美著「風花」B板倉弘重著「体内年齢を若くする小さな習慣」
上の3冊なら読み切ると思いました。
帰宅して体内年齢を若くするをペラペラっとめくり、見終わってしまいました。これで一丁あがり。後2冊は、川上弘美から読みだします。物を食べる時、美味しいものを最後にする気持ちに似て葉室麟は後回しです。 
posted by akino at 00:11| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

NO...4571

「北アルプス国際芸術祭」は、松本を通り越して10キロほど行った大町市で行われます。ここのディレクターは北川フラム氏です。先週東京から北川氏関係の人たちがバス一台でここに行って来ました。そのバスに娘も乗せてもらいました。(娘は来月また一泊二日で出かけるようです)
帰宅してアルプスがすぐ近くで湖もあり素晴らしいところだと感激して話しました。そして町の主婦たちがエプロン姿で食べ物を作って売っているようです。
わたしへのお土産は蕗味噌のおにぎりでした。
「とにかくお母さんの好きそうなものばかり売っていたよ」
こんな話を聞くと、わたしは鼻高々。べつに自分のものでもないのに、わが故郷の話は自分が褒められたように感じるのです。
松本から大町へ向かっていくと常念岳がガンガン迫ってきます。その大きさがたまらない景色となります。
posted by akino at 00:51| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

NO...4570

今日の関東は曇りだと天気予報は言い、そして天気図にはないが思いがけない雨が降ると。
さて午後の散歩は難しい。そう思っていつもより、1時間早く出かけました。外に出ると、もうポツリポツリと降り出しています。見上げると雨雲。さて困った。途中で本降りになると面倒です。
犬の散歩は傘なしですから、降れば必ず濡れるーーとなります。
迷いましたが、とにかく行くことに。今日の行き先は野菜を買うーーこれが目的地。
南に向かって歩くので青空が見えている方へと進みます。しかし着ているコートに地図がだんだんとできます。さてーーだいぶ迷ったのですが、引き返さずに前進。
結局帰宅した時、少し濡れただけで済みました。しばらくして部屋から空を見上げると、ちょっと青空が見える曇り空になっていました。
生きていく中で、わたしは何回もこれと同じような岐路に立つことがあります。そんなとき、いつも前へ進むを選択する性格なので、失敗も多いです。
posted by akino at 02:05| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

no...4569

以前、ここに紹介させていただいた草野章二氏が亡くなられました。
わたしは時々氏の意見が聞きたくて「今度は何を書かれているかな」と、ずっと追い続けていました。
ことに東京都の新知事については、ようやく世間が気づき出した問題(モノゴトを決められない知事)を早くから指摘しておられました。
最後に書かれたのは「妻(家内)の疑問」です。(29年2月25日付)
その後、しばらく間が空いているのでどうされたかと思っていたところに、親友の若山教授が「5月10日朝、亡くなられました」と書き込まれたのです。
わたしが氏のエッセーが好きだったのは、何々に属するというのではなく、あくまで、ご自分の考えをまとめて書かれることでした。それがかなり専門的な感じでしっかりした内容を持ち教えられることが多かったです。
最後に書かれたのも、豊洲問題です。「しょうちゃんの繰り言」と検索してみてください。
氏は長崎生まれ、長崎新聞社から「ミネルヴァのふくろう」を出版されています。
あらためて、草野章二氏のご冥福をお祈り申し上げます。
posted by akino at 00:36| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

NO...4568

マンションには居間の前と、わたしの部屋の前にベランダがあることは書きました。入居して2回目の春、ついにわたしは部屋の障子を外して整理ダンスの後ろへ隠し、部屋をベランダと一体化した感じに〜。そしてベッドをずらして、その前にこたつを置くとガラス戸すぐに植物が続く感じがします。ようやく借り物の家ではない空間ができました。トマト・じゃがいも・しそなどと名も知らない花など11個の鉢と吊るすカゴ5個がすぐ横で風に揺れます。
命あるものは、何と言っても日々に変化します。花芽がついたとか、挿し木が伸び出したとか、そんなのを見るとたまらなく心安らぐのです。
今日は午前中、古い葉をむしったり、混んでるところを剪定したりと、ゼラニュームに手をかけました。最後に肥料と水を〜。充実した疲れとはこんな時のことかなと思いました。
posted by akino at 04:47| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする