2021年02月13日

NO...5943

来週火曜日に「哲学カフェ」を、間を開けながら定員5人でやると連絡が入りました。
去年の出だしは好調、いきなり16人・16人・18人と増えていたのに、コロナ。休みになってしまいました。近ごろも数回、定員を減らしてやった後、休みです。
それで、興味ある人は、以下を3回声に出して読んでみてください。
『哲学するとじっくり考える力が身につく』
哲学を学ぶとは、歴史的な哲学者たちの考えを通して、その問題を自分なりに解き明かしていくことを指します。
「これが答えだ!」と思っても、『なぜ、自分はそう考えるのか』『本当に正しいのか』と自分の考えを疑い、さらに熟考して行くことも哲学の一環です。つまり、哲学を学ぶと、じっくりと考える力が身につきます。
哲学は、必ず解答が決まっているわけではありません。倫理や道徳など、解答がない分野も哲学として研究されています。また、数百年前は素晴らしい解答だと絶賛されたことも、時代を経るにつれて、反論される場合もあります。
哲学をすると、人類が長年悩み続けているような難問に取り組むため、思考力の強化も期待できます。
どうです。何か得られましたか。これはPCからの引用です。
今日、こんなことしか書けないのは、わたしの近くで人が亡くなったからです。このことは落ち着いたら書きます。


posted by akino at 01:55| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギリシャ時代から哲学は重視されていました。ヨーロッパでは神学と哲学は思想・学問の核で大学で文学を学ぶ上では欠かせず授業で勉強しました。考えても考えても明確な答えが出ず、授業が終わると頭の中は難しいモヤモヤで一杯、でも直ぐにモヤは消えて忘れ去られて行きました。
Posted by Unico531 at 2021年02月13日 09:26
哲学という言葉を使うと、身構えてしまう人が多いですが・・どう考えてどう生きるか・・それぞれの考え方ですよね。長い歴史の中でも生きてゆく論理などは人生の指針ともなります。
Posted by oss102 at 2021年02月13日 09:33
Unicoさん
たしかに考えの基礎かもしれません。
「下手な考え休むに似たり」というのもありますが〜。

Ossさん
哲学の言わないまでも、考え方一つで人生の方向が決まるなんていうのもありますね。
Posted by あきの at 2021年02月13日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。