2021年01月31日

NO...5930

大分前の話です。北欧に旅した時、消費税25%と聞いてびっくりしました。でも私たちは外国人なので、帰る時に空港で消費税分は返還してもらえました。
「消費税10%について出口治明「歴史を活かす力」から、考えてみたいと思います。まず税金とは何か? 例えば家庭から出るゴミを収集しても金儲けにはならないように、儲からずに誰もやりたがらない仕事にお金を出し合って負担しよう。これが税金です。
そして税金の中でも、もっとも大きな割合を占めているのが医療と年金。日本は世界から見ると、小負担・中給付で、負担と給付がアンバランス。これを今まで埋めてきたのが国の借金(国債と地方債)。国債など発行額が約1100兆円。ここに来てコロナでさらに借金が増えています。
現在の日本の税金内訳は個人の中身で考えてみると、⚫︎所得税・消費税・社会保険料などの負担は個人がもらう月給の4割(月・50万の人なら20万税金にとられている)北欧は同じく所得50万とすると、税金が30万手元に残るのは20万円だけ。
日本はこの現実を考えないようにしてきました。そしてついに消費税10%になったのです。こう考えてみると、これでもまだ足りません。
これからの日本の選択肢は2つしかありません。
@は消費税15%程度に、社会保障現状維持。
Aもう1つは北欧諸国のように消費税25%、教育や医療を無償に。
団塊の世代が老人に突入した今、深刻な問題です。
posted by akino at 00:16| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。今日のお話は私にもよく分かります。最近はどんどん国からお金が出るんですが不思議でした。大きな災害も立て続けに有り立ち直りも私の思うのには早いなあ〜皆よく頑張っているなーと無責任な考えしかできません。井の中の蛙で欲を言わなければ満足ですが世界の事も知る必要がありますね。おわり
Posted by 伊奈寿子 at 2021年01月31日 09:09
いつも思うことですが、悪いことをする人がいなければ、警察もいらない。刑務所もいらない。
国の争いがなければ、防衛費用もいらない。
もったいないなぁと。
でもそんな夢は夢ですね。人口が減って年寄ばかり、私たちはよい時代を過ごしました。
ちょっと前でもちょっと後でも、大変でしたと思います。
Posted by oss102 at 2021年01月31日 10:13
伊奈寿子さん
コロナのことでも政府にとっては痛し,痒し。
経済も考えなければと思うから、コロナの締め付けばかりも無理だしと思うしね。

Ossさん
わたしの父たちの時はもっと良かったです。
貸付信託を100万、5年預けたら150万円になったのですよ。
Posted by あきの at 2021年01月31日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。