2021年01月29日

NO,,,5928

100年前に起こったスペイン風邪は、今と同じように世界中を席巻し、死者5000万人とも1億人とも言われています。そのときも日本人は感染症と闘いましたが、江戸時代や明治時代にも同じことがあったのです。
テレビ・英雄たちの選択「日本人の衛生意識の向上に尽力した3人の先覚者」について観たので、忘れないうちに書き留めます。
@は江戸時代、大阪に緒方洪庵が開いていた塾があり、ここで学んだ有名人は多々います。緒方洪庵先生は医学について多くを教えています。そして天然痘について革命を起こしました。江戸末期、天然痘が流行った時、庶民はみんな怖れ、まじないなどをしています。緒方洪庵はジェンナーが考えた種痘を植え付けようとしますが、みんな怖がってなかなかやりません。しかし、種痘をすると天然痘にかからないとだんだん分かってきました。
Aはコレラや赤痢などの撲滅の陣頭指揮をとった長与専斎。緒方洪庵の弟子。この人は岩倉使節団で欧米へ行き、帰って内務省に(明治8年には内務省に衛生局が設置された)に勤めました。
B3番目は後藤新平。明治28年、日清戦争から帰還する兵隊たちの検疫を海岸に施設を建て、徹底してやりました。
このように、昔もこうした問題が起こりこれに立ち向かった先人がいるのです。
posted by akino at 01:24| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。長野県も結構コロナ患者が出てますが当地は今のところ発表されてません。が油断は禁物それなりに注意してます。過去の病魔にも戦い続けていた人たちの事を知ることが出来ました。今も表に出て来るのは見苦しい話ばかりですがきっと陰では真剣に取り組んで下さっている人たちが沢山居てコロナの消滅が近いことを願ってます。おわり
Posted by 伊奈寿子 at 2021年01月29日 08:23
日本でもそうした歴史がありますね。
疫病・天災・戦争と幾多の戦いがあり、それでも絶滅種にならないで来ました。その度に貢献する偉人も産まれました。そうした人たちがあって、今の私たちがいるんですね。
Posted by oss102 at 2021年01月29日 08:49
その番組は見ようと思っていたのですが見逃しました。
再放送で見ようと思っています。

昨日やっと退院しました。
2ヶ月間上げ膳据え膳で清潔で見晴らしの良い部屋で自由にしていたので退院したくなくなっていました。
Posted by Unico531 at 2021年01月29日 09:08
伊奈壽子さん
長野県は少ないようで、幸いですね。でも見えない敵は本当に困り者です。

Ossさん
まったくいつまでたっても新種というのが、飛び出してくる困り者です。わたしは鶏など見つかるとその近所はみんな殺されるのもかわいそうだと思ってしまいます。

Unicoさん
退院おめでとうございます。また自分で何もかもすることになりますが、頑張ってくださいね。何といっても、体を動かすことが健康に繋がりますから〜。
Posted by あきの at 2021年01月29日 12:22
Unicoさん、退院おめでとうございます。毎日のようにコメントをお寄せになり、すでに退院されているものとばかり思っており、失礼しました。
また、この欄でのご発言を楽しみにしています。
Posted by 恒の字 at 2021年01月31日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。