2021年01月25日

NO...5924

ここのところ出口治明という人に、ぞっこんです。今の日本で、これだけ人を引っ張れるのは立命館アジア太平洋大学学長「出口治明」だけではないかと思えるような人です。先日この人の本を2冊買って読んで、ますますその感を強くしました。
それで今朝はyou tubeで1時間半も話を聞いて、すごい人と感じ、氏の推薦した3冊も読む気になりました。@リチャード・ドキンス「自己的な遺伝子」A角田光代「源氏物語」B出口治明著「哲学と宗教全史」
前にもここに書いたことがありますが、氏の経歴は京大出身、日本生命入社、社長と意見の食い違いがあり、60歳近くで退社、自分で生命保険「ライフネット生命」を立ち上げました。70歳近くなった時、後進に道を譲り大学学長になったのです。大学は外国人3000人、日本人3000人外国人と日本人がセットになってそれぞれが寮の一部屋で暮らすというユニークな大学。
氏は、もっとも大切なことは「考える力」だと言い、さらに人生で大切なのは「人・本・旅」だとも言っています。

posted by akino at 00:52| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか、いつも意欲的なあきのさん。
人・本・旅の中で、私は本だけです。
本と言っても、レベルが違いますが。^^
Posted by oss102 at 2021年01月25日 10:49
今から17年くらい前のことだったでしょうか・・。2・3ヶ月前に飛行機の切符を予約買いすると格安(誕生日割引き?)ということがありました。今でも??、私はそれを初めて買っていました。3月東京の娘のところに2日ほど泊まり羽田から大分に飛ぶという時になって娘の友人二人が「送ります」とやってきました。お父さんから借りてきたという立派な車で実際見たことがなかった東京都庁やお台場の辺りの素晴らしい景色を見せてもらってびっくりしながら羽田へ。私の彼らへのお礼は羽田空港での少し奮発したランチだけでした。羽田から九州大分へ。なぜ大分かというと戦争で満州へ行かされながら戦争のことは一言も語らず死んだ父だったので見たいものがあったのです。そこで思いがけなくAPU立命館アジア太平洋大学も見ることができました。子供の頃から、「とっぱしり(突っ走り)のマリ」と母から言われていた所以は大人になっても変わらなかったんです・・・。私は自分の父が亡くなった後、母に母の最初の結婚「兄の父」が戦争でルソン島沖の船で沈められた海へ一緒に行って花束を手向けようと誘ったのですがそれは母が了解せず叶えられませんでした。
アジア太平洋大学の出口治明さんの大学学長の学生達を前にした最後の退官講演をテレビでメモを取りながら見ました。素晴らしい方だと思いました。
Posted by まり at 2021年01月25日 10:56
 有難う御座います

早速、検索しました。1時間半の場所は見つかりませんでしたが、64分間の動画で「歴史に学ぶ“テクノベート時代を生き抜く力”」(2018年7月7日開催/国立京都国際会館)を発見しました。午後から勉強したいと考えています。

◎この場所のアドレスは《viva》をクリックすれば自動的に開きます

あきのさんの御覧になられた動画の題名がわかれば、そちらでも勉強したいと思います…
Posted by viva at 2021年01月25日 11:12
Ossさん
お互い、こんな歳になったのですから、
好きなものを好きなように読む。これです。
わたしはたまたまこんなところに首をつっこんだだけ。

まりさん
そんな素晴らしい思い出が〜。よかったですね。
出口治明氏はまだ退官していません。
you tubeで講演がたくさん見られますから
楽しんでください。

Vivaさん
「出口治明」と検索して、スクロールしていくと、たくさん講演会のが載っています。今朝、リネツで中島さんにお会いしました。
Posted by あきの at 2021年01月25日 12:25
 出口治明先生の動画で勉強をすこししてきました。

 緊張感をもってくり返しメモ書きしながら聞きました。(テキストもありますが)

 最後での質問に対して:「コミュニケーションコストは同質の方が高い」
 と、プロパガンダでない『革命』(マクロン著)からの「言葉の定義」とに 共感を覚えました・・・

 さらに、先生の動画から勉強を進めたいと思いました。

Posted by viva at 2021年01月25日 17:30
Vivaさん
やる気満々ですねえ。
中島さんが「Vivaさんはちかごろ難しいことばかり勉強している」と言われていましたよ」
Posted by あきの at 2021年01月25日 17:46

へー そうですか・・・

どうも幼少の頃から、(結果的に見ると)そんな傾向でした。
どうも、あきのさんも同じ傾向だったのでは…と、思います。

中嶋さんも素晴らしい他には存在しない唯一の方だと思います。

Posted by viva at 2021年01月26日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。