2021年01月22日

NO...5921

20日は娘の夫・Luisの誕生日だったので、去年、わたしが作ったケーキの写真をメールで贈りました。
娘たちは、毎年暮れから2ヶ月ほど日本に帰るのですが、今年はコロナで帰れません。それで去年の誕生日につくったケーキの写真をメールで送ったのです。
そしたら、下のようなメールが来てしまい、わたしは読んで顔が真っ赤。だって同じケーキを2度も食べさせてしまったのですから。
Akie-san,
Domo arigato gosaimasu!
The cake is beautiful, especially the strawberries! Yummy!
Thank you for the lovely gift, and I hope you remain in good health. See you in the summer!
Luis
今日はようやくトランプがホワイトハウスからいなくなってやれやれ。ほんとに、メチャクチャな大統領でした。バイデンは老齢ですが、アメリカの大統領にふさわしく感じます。カーターが大統領になった時はアメリカにいたので、友の家のパーティーにピーナッツが出たことを覚えています。その時も好感を持って迎えられました。
posted by akino at 00:55| Comment(10) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
憎きコロナ!目に見えないヴィルスによって人生を狂わせられた人々は多いですね。狂わせられたとはいかなくても個人の幸せや喜びを奪われた人、計画が実行出来ず悔しい思いをしている人、被害はもう数え切れません。
あきのさんも1人の静かな年末年始、でも文明の利器で離れた場所でもケーキの写真でおめでとうが出来ましたね。同じケーキだって美味しければ2度だって3度だって良いじゃないですか!ルイスさんは嬉しかったでしょうね。
Posted by Unico531 at 2021年01月22日 02:43
Unicoさん
ありがとうございます。
今は2週間に一度来ていた三男も少しの間来ない方がいいよと言ってあります。
Posted by あきの at 2021年01月22日 07:53
おはようございます。今もコロナをテレビで扱っています・今は何ともないけど考えると苦しくなりますね。
Posted by 伊奈寿子 at 2021年01月22日 08:32
同じケーキを2度食べて、ルイスさんは若がえったのじゃないですか。^^
Posted by oss102 at 2021年01月22日 10:45
伊奈壽子さん
長野県は昨日25人ほど。まだ安心ですね。こちらは日々大変なっている感じです。

Ossさん
面白いコメ。いっぽんとられましたーッ。(⌒-⌒; )
Posted by あきの at 2021年01月22日 11:21
一昨日夕方5時半、ボランテイアで向かい合っている大学の助教授アシスタントが初めて大学傍にある夫の事務所を訪ねてきました。私も時間に合わせて事務所に出向いてどうぞと招き入れました。彼が事務所に入って初めて発した言葉は「comfortable !」でした。テーブルの上から長く垂らしたシールドを挟んで彼は私たちと約1時間たくさん話して帰りました。
 Luisさんたちと・・夏に会えたらいいですね。翌日・昨日は私の誕生日。東京の娘から何か欲しいものがあったら何でも・・送りたいと・・。私は「もう欲しいものは何にもない !!!みんなが元気でいてくれることだけが願いです」と。本当に・・何も要らない!!! 
4ヶ月前、一緒に出かけた展示会で夫にコレ良い!!!こんな綺麗な模様のジャケットはない!!!買ったら!!!と言われて即買いした一品モノの手作りジャケットも、その後一度も着ていくところもなくタンスに入ったまま。いつになったら着てどこかに行けるようになるか???
本当に、もう欲しいと思うものはない・・。ないのです。4歳の孫娘が誕生日のケーキを絵に描いておめでとう!と言っているムービーが送られて来ました。70路突入。
あきのさん、みなさん、お互い元気でいましょうね・・!!!
Posted by まり at 2021年01月22日 11:33
まりさん
Happy Birthday!
まだ70歳? 若くていいですねえ。
うらやましい!!


Posted by あきの at 2021年01月22日 13:33
あきのさん、明日からはコメントを控えますので「追伸」させてください。前出の彼Fさんが私と一週間に一度向き合うようになって2年。フランス人、カナダの大学に行き卒業してそこから岩手に来ました。28歳。若くてハンサム。事務所で迎えた私の夫は、若い時から少し縮んで身長186cmくらいになったか?Fさんは夫と向き合い「大きいですね・・私と同じくらい・・」と。私たちが結婚した頃、彼は洋服のサイズに苦労していました。Fさんが「洋服はどこで買いますか?」と。夫が「ユニクロです」というとFさんは「私もです!!」と一気に打ち解けました。それからどこのパン屋が美味しい・・とか、そのお気に入りのパン屋で「食パン六斤下さいと言って店員さんに”ありません”と言われました」とか。よく聞いてみると彼が言いたかったのは一斤の食パンを6枚に切って下さいのこと。それで彼には物を数える時の助数詞・序数詞の理解が まだできていないのだとわかりました。
私はお昼前の書き込みで「何も欲しいものがない。何も要らない」と書きました。安全に人が行き来できる・・安心して住める・・心を割って理解し合える・・形ないもので考えれば欲しいものはいっぱいあるのですが・・形ある「物」に関しては欲しいものは今は本当に無いのです。昨日のことです。夫が「2・3日したらルームサイクルが届くから・・」と!!!
え〜〜!? 何?それ・・というと「氷や雪で散歩もままならない。運動不足だからテレビを見ながら自転車漕ぎでもするか・・と思ってね・・」だって・・。私は本当に物は要らない・・のに・・。どうするの・・???この狭い居間で・・!!!
Posted by まり at 2021年01月22日 14:54
再再伸  6斤の(長い)食パン一つ(一本) 面白いでしょ!?
Posted by まり at 2021年01月22日 15:11
まりさん
???全く外国生活ってたいへん。
でもだから楽しいっていうのもアリですね。
Posted by あきの at 2021年01月22日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。