2021年01月21日

NO....5920

自分史の会社の宣伝「自分史タグボート」というパンフレットが本の間から出てきました。平成2年6月のもので、こんなことが書いてあります。
『苦と楽は一つの行動の中にいつも相半ばしてやってくるように思えて仕方がない。かりに今、何かをしようと思い立つ。三分ぐらいの苦労はありそうだなーーと感じながらやってみる。三分の楽しみは得られるようである。
次は、七分ぐらいの苦労が伴いそうな大変なことに挑戦してみる。やりだすとたちまち、苦しい、やめようと弱気になる。しかし、そこを頑張り通すと予想以上の喜びを手にすることができる。
自分史に取り組もうとする人々は、八分の大変さに敢えて突き進む覚悟が要る。文を書くのに縁がなかった人生を過ごしてきた人は最初に戸惑う。どこから書くのか、何を書くのかと。
成功の秘訣は一歩一歩自分の歩巾を決めて歩き出すことである。途中まで書いていて、ふと、気づくといつの間にか自分の中に質的変化が起こっている。
コツをつかんでしまえば不思議なほどスムーズにいく。
「楽と苦とどちらが多かったですか」
出版に漕ぎ着けた人に伺ってみると、返って来る答えは「大変だったけれど、本当に充実した時間が持てた。何より良かったのは書く習慣がついて、ものを書く楽しみを知った」と。
posted by akino at 00:52| Comment(14) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。昨日からきれいな青空で今朝は」東も西も近くの高い山の稜線が美しいこと.今近くまでゴミ出しに行って鉄棒にぶら下がって来ました。自分の体重を支え切れる腕力の維持が大事だと知り鉄棒の近くを通るとぶら下がりたくなります。2、3回ブランコ出来ますが握力が欲しいです。書くこと好きですが長続きしないのが欠点です。おわり
Posted by 伊奈寿子 at 2021年01月21日 08:19
自分史を出して、知り合いに配る人がいますよね。よほど親しい人でないと、なんの興味も持てないです。でも祖父母が残したものは、大人になってから興味深く読みました。
なにより自分の軌跡は自分が一番真剣に書き、読み、嬉しい1冊になることでしょう。
Posted by oss102 at 2021年01月21日 09:23
自分史を書くのに苦労があるとは思っていませんでした。ありのままの自分の生きてきた道を書くのにどうしてと?と思います。自分の隠したい部分をどう表せば良いのかと考えるから難しいのでは無いでしょうか。
Ossさんと同じ他人の自分史は何だか美化されていて興味がありません。自分の満足を得る為に書くのですね。
Posted by Unico531 at 2021年01月21日 09:30
伊奈壽子さん
なるほど、わたしはもう鉄棒にぶら下がれないと思います。何しろ体重が〜。(⌒-⌒; )

Ossさん
おっしゃる通り。積ん読、見ん読などと言われています。読むのは身内、友達で自分のことも書かれている人などです。そんな中で、書きたいと考えていた人たちは「戦争に行った人たちでした」

Unicoさん
自分の考え方を自由に書けるUnicoさんなら、そう思われるでしょう。でも書くことがやっとやっとと言う人たちがいるのです。そんな人たちが自分の体験を残したいと思ったのは、戦争のことでした。なお、男は自慢史を書くのが好きなことも確かです。
Posted by あきの at 2021年01月21日 10:17
実は父が自分の剣道道場の仲間の文を集めて季刊誌を発行していました。
父も自分史らしきものを少しづつ連載していました。常々、他人の自分史のように飾らず真実を書く言っていましたが、確かに嘘偽りは無いのですが娘の私から見れば結構手前味噌の解釈をして書き表していました。それを読んで妹と継母と私達は笑っていました。父が亡くなり未完に終わりました(笑)。
でも私達のとっては素晴らしい父でした。
Posted by Unico531 at 2021年01月21日 10:50
野生児だった私は、遊びや冒険においては「○○しよう〜〜!!!」と先を切って言ってきたのに、小学校でも中学校でも・・そして大人になって何か会議においても(どうぞ指名されませんように・・何か意見を求められませんように・・)と心の中で思いながら小さくなっていました。夫と結婚し、離れずにそばにいてくれた友人たちや・・私にとって本当に幸いだった あきのさんとそのお仲間の方達の輪の中に入れていただいたこと によって・・・今では何かそんな場面では素直な自分の意見を言えるようになりました。
ですから、あきのさんは 私にとって、先生・・(誰かが言ってました・・・)親分・・そう そう・・それです!!!  心から感謝しています。
Posted by まり at 2021年01月21日 11:46
《viva》をクリックしてください ⇔ あきのさんの_平成元年6月号《ミズ文庫創刊の挨拶》_を見られるようにしました。
Posted by viva at 2021年01月21日 11:50
Unicoさん
一応訂正させていただきました。
お父様はお子さんたちにとっても、良い方でしが、たぶんお友達にとっても得難い方であったと思われます。

まりさん
今のマリさんからは考えられない。
今のマリさんはもっと生きることに積極的です。
長く人生を生きて、勉強をされた結果だと思います。見事。

Vivaさん
ありがとうございます。こんなことを一所懸命にやったことがあったなと、懐かしいです。
Posted by あきの at 2021年01月21日 13:35
V i V a 様 ありがとうございます。
あきのさんは、先生でしたのですね 私 文章は
苦手!子供の頃から手をあげることも ドキドキで
大人になっても まりさんのように意見を言えない

なのに あきの女史さんのブログに魅せられて
ここの場に入っていること  私も凄いことです
ありがとう♪
Posted by hiko at 2021年01月21日 13:47
hikoさん
何をおっしゃいます、わたしはただの88歳バアさんです。
ここにお顔を見せてくださることが嬉しいです。
Posted by あきの at 2021年01月21日 16:12
あきのさんとの出会いが書くことの始まりでした。お陰様で楽しく書いています。
私は感覚的な書き方ばかりをしてきたと、最近気づきました。
今は感覚にαをプラスして書くようにしています。
これが私の自分史になるかもしれません。
Posted by みのりん at 2021年01月21日 16:51
みのりんさん
あの頃はお互い若かったですねえ。
あの若さが懐かしい歳になりました。
Posted by あきの at 2021年01月21日 17:28
今日の晩御飯は立派なお寿司。なので余裕・・。この時間、またあきのさんのブログを訪ねました。vivaさんが載せてくださった平成元年のミズ文庫創刊のあきのさんのご挨拶文・・感動しました。この頃、私はあきのさんを全く知りませんでした。PCを買ったのはいつ頃だったろうか・・?20年前??今でも使いこなせていない何台目かの今のPC・・。でも・・ワケのわからない時に、それとなくあきのさんを紹介してくださった方に 深く深くお礼を申し上げなければいけません。
viva さんにも深く感謝。創刊号の挨拶文を載せてくださってありがとうございました。
Posted by まり at 2021年01月21日 18:30
まりさん
Vivaさんが図書館で、わたしのいろいろを探してくださったのです。わたしもVivaさんに感謝です。
そしてまりさんと出会えたことにも感謝。
Posted by あきの at 2021年01月21日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。