2021年01月10日

NO...5909

今日は「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」を聴きました。
世界90以上の国と地域へ放送されている演奏会会場が、2021年はコロナで無観客。でも例年のように会場には溢れるほどの花が飾られていて、それが新しい年明けのコンサートであることを印象付けています。指揮者は、1993年の初登場以来、通算6回目となるイタリアの巨匠リッカルド・ムーティ氏。
小沢征爾氏が指揮したのは2002年、ついこの間のように感じていましたが、そんなに年月が経っているのだと改めて思いました。
終わったときは、申し込んであった世界中の人々の写真が会場とつながり、割れんばかりの拍手。前にある空席の会場を埋めました。
わたしがウィーンへ旅したのは大昔になります。この会場の近くで買った帽子も今は草臥れて旅行かパンの中に眠っています。あのときにわざわざ電車とバスを乗り継いで「ウイーンの森」へ行ってきました。笑えたのは、その道が松本の美ヶ原へ行く道と、変わらない佇まいだったからです。
posted by akino at 00:05| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニューイヤーコンサートは毎年1月1日の夜聴いてます。
楽友協会の「黄金の間」が空席とはなんと勿体ない!憎きコロナ禍です。
音楽にのせて踊るバレエのシーンが好きです。
ラデッキーマーチを聴くと「ああ!お正月だなぁ」と思います。
Posted by Unico531 at 2021年01月10日 01:57
Unicoさん
今年の踊る女性たちの衣装は豪華でしたね。
しかも庭に出ていましたから、よく踊れるなあと見ました。
Posted by あきの at 2021年01月10日 03:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。