2021年01月06日

NO...5905

70歳まで関係していた教室の成瀬さんから電話があり、あまりの突然に言葉をなくすほどびっくりしました。
「この6月15日で100歳になります」と。講座をやめて20年近く経っています。「あの時勉強したおかげで自分史も出版できました」そう言われて、感激の二乗。
「憶えていてくださったんですか」相手の声は続きます。「もうあの時の人たちはみんな亡くなりました」
「成瀬さん謡をなさっていらしたので、声が体の真ん中から出て、身体中を丈夫にしていたのですよ。見事なものです。薬などは何も飲みませんか」「血圧の薬だけです。自転車にも乗っています」「ええっ」またまたビックリ。性格はいつも穏やかな方でした。
そう言えば、毎日自転車とジョッギングの合計を記録していた長谷川さんは、わたしの知っているだけで、地球4周りしていました。そして自分へのご褒美に船で地球を一回り、自分史を出版されました。野菜作り名人だった守さん、鈴木さん、周尾さん、小島さん、宮井さん、瀬谷の講座の方々。その他に旭区・保土ヶ谷区にも行きましたから、5日の午後は懐かしい方々のお顔がどんどん出て来て、わたしの部屋は思い出のお顔で賑やかでした。


posted by akino at 00:35| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分史を残したい人は恥じない生き方ができて来ているのでしょうね。または懸命に生きて来たとか誇るものを持って来た人なのでしょうね。
語ればどうしても手前味噌になってしまう私の生き方。私の生きた証は娘の存在と孫娘だけ。何も書き記すものは無です。

それにしても行動が制限されていると思い出ばかりが蘇ってきます。
Posted by Unico531 at 2021年01月06日 08:34
凄い方ですね。そうして感動しているあきのさんの発声も、やはり体の芯からの発声なのだと思いました。大変聞きやすい発声ですものね。
あきのさんの自分史は、このブログでしょうか?
Posted by oss102 at 2021年01月06日 09:52
Unicoさん
自分史を作りたい人は、戦争に行った人たちでした。
農家の次男など、外国に行くことなどなかった時代です。
思いがけない体験を書き残したいと思ったのです。

Ossさん
わしの自分史? ァハハです。
この人は自転車に乗っているのですから凄いと思います。
Posted by あきの at 2021年01月06日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。