2020年12月29日

NO...5897

リリー・フランキーの「東京タワー・オカンとボクと時々オトン」450ページの本をようやく読み終えました。読み始めにこの本のことを書きましたが、今日はわたしがとって置きたい言葉を書き抜きます。
(リリーの母親の遺品の中から出てきた言葉)
   母親というものは無欲なものです
   我が子がどんなに偉くなるよりも
   どんなにお金持ちになるよりも
   毎日元気でいてくれる事を
   心の底から願います 
   どんなに高価な贈り物より
   我が子のやさしいひとことで
   十分過ぎるほど倖せになれる
   母親というものは
   実に本当に無欲なものです
   だから母親を泣かすのは
   この世で一番いけない事なのです
この本はフランキーが母親との間にあった事を素直にストーリーにしています。だから読んだ人の胸を打つのだと思います。
posted by akino at 00:04| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
胸を打つ言葉です,全部。
マディソン郡の橋の中の言葉「母親は子供を愛している、子供も母親を愛している。でも残念ながら母親の子供を愛する気持ちの方が子供が母親を愛する気持ちよりずっと深いのよ。それで良いのね」正確ではないかもしれませんが…本当に子供が独立している現在シミジミとそう感じています。
Posted by Unico531 at 2020年12月29日 08:17
Unicoさん
マディソン郡の橋にそんなところがありましたっけ。
いかに大雑把に観ていることかを感じます。
Posted by あきの at 2020年12月29日 09:09
母親としての心情はそうですね。そして子供たちは、親になって、親の心がわかってくる。
めぐりめぐりの一生ですね。
今、辻仁成の「84才の母さんがぼくに教えてくれた大事なこと」という本を読んでます。
この人の本は初めてです。
Posted by oss102 at 2020年12月29日 10:21
辻仁成、読み終わってなんと書かれるか楽しみです。
Posted by あきの at 2020年12月29日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。