2020年12月18日

NO...5886

Vivaさんは、いつも産経新聞の切り抜きをメール添付で送ってくださいます。昨日イーナのことを書いたのですが、その続きのような話「朝晴れエッセー•サクラ16歳」という猫の話です。
『最後は自宅で看取るかと獣医から聞かれてた。』16歳の飼い猫、獣医もさじを投げたサクラを、入院していた獣医から家に連れて帰る。夫は食べたがっていたマグロを食わせてやろうと刺身を買ってきます。「食べられないよきっと」そう言いながら差し出すと、何も食べなかったサクラが喉を鳴らして食べたと。
わたしの家でも息子が店に行っては、あれこれイーナの食べそうなものを買ってきて、皿に入れ、居間に並べましたがカンガルーの干し肉をほんの少し食べただけでした。
サクラはマグロの次に牛肉と書いてあったのを見て、ナマ肉に気づかなかったことを口惜しく思います。牛肉なら食べたような気がします。残念。
毎日点滴に40日通いました。息子が車に乗せようとすると、紐を後ろに引っ張って行くのを嫌がりました。でも息子夫婦は諦めきれずに獣医のところへ通ったのです。最後はひきつけを1日3回も起こし、わたしはその苦しさをあまりにも可哀想過ぎると言い、遂に獣医に来てもらって注射であの世へ。みんなで大泣きをしている中を永眠しました。(イーナの死は前にも書いた)
posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サクラはマグロの次に牛肉と書いてあったのを見て・・??サクラは猫の名ですよね。
おおもとの文章の内容は、よくわかります。
私の人生を通りすぎて行ったいとしいものたちを懐かしく思い出してはアリガトウの気持ちでいます。
Posted by oss102 at 2020年12月18日 10:00
Ossさん
猫のサクラは、マグロの次に牛肉を食べたらしいですよ。
獣医も見放したサクラはこれによって生きて、今も元気だそうです。
Posted by あきの at 2020年12月18日 13:33
Ossさん
 《朝晴れエッセー》サクラ16歳は此方で御覧できます。
 http://www6.plala.or.jp/mwmw/tb/20201215_sakura16sai.jpg

 同時にお知らせしました、次の二つも含めて「今日のは三つともジーンとくるようなのですね。
《さくら16歳》をブログに使ってみたいと思います」と、あきのさんにお喜びいただけました…

《朝晴れエッセー》じーじーのおさがり・・・
http://www6.plala.or.jp/mwmw/tb/20201216_jijino-osagari.jpg


《朝晴れエッセー》涙の思い出・・・
http://www6.plala.or.jp/mwmw/tb/20201217_namidano-omoide.jpg



Posted by viva at 2020年12月18日 13:37
私も愛犬が息を引き取るまでじっと見ていたのでその時を思うとその時の悲しみが甦ってきます。
テネシーに留学中の娘の電話口での呼びかけが聞こえたかの様に微かに身じろぎし私と娘の呼びかけの中、息を止めました。
両親との別れとは全然異なる甘さの混じった透き通った悲しみでした。
Posted by Unico531 at 2020年12月18日 13:50
vivaさん 3つのエッセーをありがとうございました。3番目のは読売のですか?読んだことがありました。
みんなよく伝わる文章ですね。
Posted by oss102 at 2020年12月18日 16:33
Ossさん

 お読み頂き ありがとうございました。《朝晴れエッセー》産経新聞第一面に掲載されていますので、読売新聞では別の方がお書きになったのでしょう。こういう会話って和みますね…

Posted by viva at 2020年12月20日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。