2020年12月14日

NO...5881

「新・映像の世紀」で「狂気の集団・ナチス」を土曜夜、観ました。
観ながら、麻原彰晃を思い出しました。規模は違うものの教祖を中心に優秀な人材が集まって、事を成していったところが似ています。
ヒトラーの主義主張は、集まった若くて優秀な人材によって実現化されていきました。麻原彰晃のところにも、若い有能な人材が集まって恐ろしい事を実行に移していったのです。
ヒットラーの優秀な人材は次のようでした。
@ 国防軍を超える300万の突撃隊を率いた突撃隊幕僚長エルンスト・レーム。
A 全ドイツのメディアを支配し、プロパガンダ国家を作り上げた宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルス。
B ドイツ空軍による無差別爆撃でヨーロッパを蹂躙し、狂気を世界へ解き放った国家元帥ヘルマン・ゲーリング。
C イギリスと和平を結ぶために、軍用機を操縦して敵国へ単身乗り込んだナチス総統代理ルドルフ・ヘス。
D 純血主義に基づく冷酷無比の計画によってホロコーストを実行した親衛隊長官ハインリヒ・ヒムラー。
ヒトラーの学歴は大した事がありません。しかし回りのエリートたちが指揮し、国民をその気にさせていったのです。
麻原彰晃も熊本の盲学校しか出ていません。ところが才能あふれるエリートたち。井上・遠藤・村山などによって事が為されていきました。
世の中に忽然と新型コロナが現れ、日に日に猛威を振るっているように、突如信じられない「心のコロナ病」が出てきて、同じような恐ろしい行動をとったように思えてなりませんでした。
posted by akino at 00:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。