2020年08月10日

NO...5755

昨夜は夜半になっても昼間の暑さが残りました。こうなるとエアコンに頼るしかありません。でも人工的な空気調整は、眠ろうとすると、風の当たり具合が自然のような流れになりません。寝返りばかり打って眠そびれました。それでも風が出て来ないかと2時過ぎにベランダへ出てみましたが、昼間の暑さがそのまま残っている感じでした。
そして今朝は一転。北から風が吹いています。戸を全部開け放ちました。自然の風がなんともありがたく、肌になじみます。
野鳥公園の一角にタカサゴユリが見事に集団を作って咲き出しました。タカサゴユリはテッポウユリのちょっと細身の花を咲かせます。まるで号令でもかけられたように同じ方向を向いて咲いています。
わたしは初めてこのユリの名前をリーのママさんから教わった時、ちょっと感激しました。ユリは球根でなければ増えないとばかり思っていたのに、種で増える野生の品種だと知ったのです。
このユリで庭を埋め尽くそうと考えたわたしは、種ができると根気よく、くまなく家の周りに蒔きましたが、考え通りにはなりませんでした。相手も「われは好きなところでなければ咲きゃせんぞ」と見得を切っているかのようでした。
posted by akino at 00:00| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お盆で百合の季節ですね。花は気に入ったところでしか咲きませんね。人間なら我慢して少しは咲くのにねぇ。
Posted by oss102 at 2020年08月10日 09:07
Ossさん
今朝もこのユリを見てきました。
みんなが足を止める咲き方をしています。
きょうはこれからプールです。
Posted by あきの at 2020年08月10日 09:50
たてば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花とかいう美人を表現する言葉がありますが、ゆりのどの品種の匂いも私に頭痛を起こさせます。夏休みに一家で過ごす夏の家の裏の松山に鬼百合が群生していました。特に香りが強くて風向きによって漂ってくるので頼んで刈り取ってもらっていましたが毎年咲き誇り刈り取るの繰り返しでした。
姿は凛としていて立派なのですけれども…ね。
カサブランカの香りも同様で苦手です。
一生香りの中に身を埋めていたいと思う花の香りもあるしハーブの様にいろいろ良い作用を及ぼす植物もあるのに残念です。
Posted by Unico531 at 2020年08月10日 12:13
Unicoさん
たしかにユリは好き嫌いのある匂いです。バラは大概好きなようですが〜。
Posted by あきの at 2020年08月10日 13:58
タカサゴユリとテッポウユリは似ており、解らないので違いをしらべました。
この季節なのでタカサゴユリですね。

オニユリ、コオニユリ、ササユリ、カノコユリ、ヤマユリなど百合も様々です。
私は百合が好きです。
良かったら「アウルネット」で検索してみてください。
百合など、こだわりの写真を友人がアップしています。
Posted by みのりん at 2020年08月10日 17:11
みのりんさん
アウルネットに行って、ユリを見てきました。
北海道の野菜もあつかっているところですか。
Posted by あきの at 2020年08月10日 18:54
いいえ野菜は関係ありません。
北海道の野鳥や花の写真などを撮っています。
野鳥の写真で、フォト575も詠んでいます。
Posted by みのりん at 2020年08月10日 20:22
今、検索したらいろいろ出るのですね。これではわからないはずです。
アウルネット 真駒内で出ます。フクロウ,
ペガサスなどが出てきます。花のところで登場のKさんは私です。
Posted by みのりん at 2020年08月10日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。