2020年08月08日

NO...5753

団地の建物はどれも、すっぽり包まれた建築現場。10年に一度の大改修は6月から始まりました。事務所前の広場には現地事務所が建ち、仮駐車場もできてたくさんの車が通って来ます。
見ているとそれは丁寧な仕事をしています。鉄筋の建物は水が入ると寿命を短くすると言われますが、まず建物内を通っている排水関係は毎年チェックをするようです。今回のは外部から雨水などが染み込まないよう実に細かな点検をし、見ているわたしのような素人も納得する補修をしています。
テレビのチャンネル12を使って、今、何をしているか、今日は洗濯物をベランダに干せますよ、など親切な案内もしてくれます。そして同じ案内はマンションの一階にも案内板があります。
現場の会社から各戸に配布のプリントもあり、これはビンク色の紙で見落としがないように心配りがされています。
明日からはいよいよ北側の窓関係をするようで、ついに戸を開けて寝るなどということが無理になってきました。まあ仕方ありません。それに南も建物全体を水で洗うようですから、こちらも開けることは無理。もっぱらエアコン頼みの生活が、12月まで続きます。
この団地は自治管理ですが、理事長がこういうことに詳しい人だとか。まったく適任者がいるものです。
posted by akino at 00:22| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12月まで・・長いようですが、こうして観察してると案外短いかもですね。なんでも前向きに観察する心が大切ですね。
Posted by oss102 at 2020年08月08日 10:04
Ossさん
なんでも人のやっていることは面白いです。
まあ、とにかく細かくあれこれやっていますよ。
Posted by あきの at 2020年08月08日 11:06
おはようございます。

きのうは浜空神社の慰霊祭に行ってきました。
この神社には、横浜海軍航空隊の戦没者が祀られています。

http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn//hondo-hamaku.htm

これを知ったのはつい最近です。
私たちの住む神奈川県は、明治以降の史跡が多いことに改めて気づかされます。開国、大戦、米軍占領の占領下など。
灯台下暗しとはこのことか、とハンセイしきりです。
Posted by ハル at 2020年08月08日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。