2020年08月02日

NO...5747

『16ストリング小ハープリアピアノ純木新しい鹿耳初心者ポータブルピアノリラピアノマットカラースポットギフトアクセサリー弦ピアノ」ハープはマホガニーでできています。マホガニーは硬くて緻密な木材で、その調子を維持し、弦に影響を与えないようにすることができます。楽器の音は暖かくて面白いです。耐久性に優れた16本のスチール弦を装備したハープは、指で弾くとまろやかで明るい音色になります。演奏が簡単:ハープは演奏が簡単で、子供、大人、初心者に最適です』
amazonの説明には、上のように書いてありましたが、何しろまだ見たことが一度もない代物。楽器名は「Lyre Harp」こんな遊び道具を買う気になったのはコロナのせいです。
amazonの注文には、8/31〜9/10日の間に来ると書いてありましたから、どんな遠い国から来るのだろうかと楽しみにしていると、なんと1ヶ月も早く今日届きました。心ときめかせて荷を解きました。写真通りの製品が出てきました。大きさは縦40センチ、横27センチで、深い青色に16本の弦。
そして、ここからが問題発生。小さな布と引く爪のようなもの2個とピアノ調律の人が使うようなストリングの音を合わせる道具、あとは簡単な英語の説明文のみ。他に何も入ってないのではどう扱ってよいかわかりません。ヒントになる言葉が欲しくてあれこれ検索し、2、3の楽器店へ電話をしてみましたが、どこもまったくわからないとのこと。
さて困った。悩み始めました。助け舟は出そうにないので、頼りは自分の知恵のみ。まあオモチャのようなものと考えれば、気が楽。頭を切り替えて、ポロンポロンとドレミファに音を並べ始めました。やっているうちに何か弾けそうな感じです。新しいことは、たしかに暇つぶしに役立ちそうです。
posted by akino at 02:56| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分ややこしい名前の楽器ですね。
Amazonで検索してみようとしましたが名前が覚え切れません。2オクターブの音域ですね?それだったらかなり曲が弾けますから楽しめそうです。Safariで検索したらアイリッシュハープの様ですね。
面白そうです。
Posted by Unico531 at 2020年08月02日 08:34
Unicoさん
これに興味をもたれるのは、多分Unicoさんと思っていました。当たり〜゛てす。(^O^)
わたしではオモチャ程度で終わりそうです。(⌒-⌒; )
Posted by あきの at 2020年08月02日 09:26
そういうものを楽しめる心がすばらしい。お宅にはAIのわんこや、室内ハンモックや、一般の家庭にはないものがあり、それがあきのさんの心の豊かさかな・と畏敬です。
Posted by oss102 at 2020年08月02日 09:32
Ossさん
こういうの「変わっている」って言うんですよ。でも死ぬまで自分が楽しいことだけをやって心に思い残すことなし、でやっていこうと。まあ最後の段階です。
Posted by あきの at 2020年08月02日 09:57
(笑)あきのさん、お見通しのとおりです。
Posted by Unico531 at 2020年08月02日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。