2018年08月30日

NO,,,5039

グラミン銀行はノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス氏がバングラデシュで立ち上げたファイナンス機関。
わたしがテレビで見た時は、バングラデッシュの農村部の女性たちが、自分たちで仕事を組織して立ち上げる資金に「グラミン銀行」を使うよう氏から教わっていました。
その日本版を立ち上げようと明治学院大大学院の菅正宏教授が動いています。
一般社団法人「グラミン日本準備機構」は同教授が理事長を務め「働く意欲があっても生活が苦しい人々に、起業や就労の機会を提供したい」と。
この生活困窮者に無担保で少額を融資する銀行は、経済格差が問題となる米国にも広がっているそうです。銀行は、素人が5人1組で小さく始める仕事に援助する。今までとはまったく違う発想の銀行だけれど、返済率は9割を超えて好成績だとか。
posted by akino at 03:32| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、私もTVで見て知りました。真面目に働こうとしている人達には力強い後押しですね。返済率の良いのも嬉しいことです。真っ当な人達ですから返済もキチンとなされるのでしょう。
Posted by Unico531 at 2018年08月30日 09:15
ちょっとの資金があれば・・という話をききますね。そういう援助は、真面目に事業を始めようとする人には本当に有り難い。
沢山いるでしょうね、そういう人は。
Posted by oss102 at 2018年08月30日 10:58
Unicoさん
さて、日本ではどんな感じになるのでしょうか?
たのしみに見守りたいです。

Ossさん
ほんと、見守りたいですね。でもうまくいかないときは、気持がささくれ立ってくる心配でもあります。
Posted by あきの at 2018年08月30日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。