2018年04月23日

NO...4910

春の山菜、タラの芽、コゴミ、山うど、その他を見本市に出品するほど綺麗に並べたのを頂戴し、もう一方に、野島の春の海から、あさりの大粒をたっぷりと頂きました。
それで三男が来るので、昼は春爛漫の食卓をと張り切っていると、そこへ筍と市民農園の自家製野菜をYさんが散歩ついでにと届けてくれたのです。
これ以上の贅沢な春のお昼ご飯はありません。ぜひご一緒にと誘い、ゆっくりして行ってもらうことに〜。
待っていた料理人は道が混んで大変だったと、昼を少し過ぎて到着。さっそく天婦羅に取り掛かり、私たち女2人は食卓に出てくる揚げたてを塩でいただき、三男は揚げながらいただくというスタイルでたちまち「春」がお腹に収まりました。
今日は三男の料理の腕を見直しました。実に美味しい天婦羅を作ってくれたのです。
posted by akino at 02:36| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと羨ましい!
昨日は同じく長男一家が昼前にやってきましたが、水槽を取りにやってきただけなので、暑い、暑いと騒ぎながらあちこち探し回り、なんで物がこんなに多いんだと怒り、怒濤のように去って行きました。この子の物も捨てるなと言われてまだ置いてあるんですけどね。天ぷらを作ってくれるどころか、赤ん坊を短時間抱っこし、子供たち3人をかろうじて捕まえてハグしたのが唯一の収穫w。

↓の曾野綾子さんの意見に全面的に賛成。野党は日本をつぶしたいのですかねえ。実はブログの記事も書いたのですが辛口すぎて没にしましたw。
Posted by さなえ at 2018年04月23日 05:08
まぁ、生唾ゴクリ!! そんな料理人どうやって育てのか・・・イイナイイナ
Posted by oss102 at 2018年04月23日 10:30
三男さんの奥様のブログで息子さんはお料理上手と知っていましたが、それはあきのさんが教えたのですか?
天ぷらはもう長年家で揚げていません。油はねが怖いので天ぷらは外食に決めています。お家で揚げ立てを供して貰えるなんてなんとも羨ましいことです。しかも友人も一緒の食事いいなぁ!

◎さなえさん
「モース」の続きをペイテレビで先行して見てしまいました。
サーズデイ警部も快癒、モースも復帰しますから安心してください。「主任警部モース」の時からのファンです。スピンオフの「オックスフォード事件簿」も面白いです。いつもブログを楽しく読ませて頂いてます。
Posted by Unico531 at 2018年04月23日 10:59
さなえさん
三男の奥さんは結婚10年を越えましたが、料理はほとんど亭主任せです。三男は料理が好きなのだと思います。どこかに行って食べるとどうやってこの味を出すのかと自分で研究、料理本などは見たことがないようです。

わたしもこういう記事はやめておこうと思ってしまうほうですが、今回の朝日の問題などわたしはやらせで、その後週間新潮にネタを知らせたなんて、やらせのような気さえするのです。

Ossさん
我が家はほっとけ教育なので、親の知らないところであれこれやっているのです。わたしも料理いつも作ってくれるなんていいなあと思います。

Unicoさん
わたしも天婦羅は自分で揚げません。今回は山の野菜をもらったので、こういうことになりました。
本当に特別おいしかったです。

Posted by あきの at 2018年04月23日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。