2018年04月15日

NO,,,4902 二人作りしわが山斎)は 11-10

    10
 
 京三は先に来ていた。
 久しぶりに見る芳乃は、ごたごたのころの夜叉のような顔とは異なり、見違えるほど明るい表情をしていると感じる。
 着席した芳乃は、
 「ついに戦い済んで日が暮れてーーになるわね」すっきりした言い方をした。
 「まあ、でもお父さんが、家に帰りたいと思うなら、今なら取り消すこともできますよ。そんなことはあり得ないと思うけれどーーね」
 笑顔で冗談めいた言葉まで添える。
 京三はたとえ冗談にせよ、こんなひと言が聞けるとは思ってもみなかった。定年を前にして過ちを犯し、そのことでさんざん苦しめた。その芳乃の口から、こんなに明るい言葉が出るなんて。
 愛憎とは不思議なもの。理屈で語れるものではない。二人で家庭を作り、そこを人生の唯一の場として育んできた。どんなことがあっても崩れはしないと思っていたのに、崩れた。
 芳乃にとって、それは大ショックだった。人生の大切な一角が音を立てて崩れてみると、何を信じれば良いかわからなくなった。
 あらゆる抵抗をしても守ろうとした。しかしまるで京三の頭の中の機械は悪魔によって総入れ替えされてしまったようになる。外観は今までの夫だから、その総入れ替えを認めることが難しかった。
 そんな経過をたどって今がある。淡々とした言い方ができるのは、京三に対して、「愛憎」がまったくなくなったからだろうか。

 時間になったので予約している「武蔵野公証役場」に赴く。もと裁判官だった人は、あまりにもあっさりした芳乃の財産要求に、二度「奥さん、これだけでいいのですか」と聞いてくれた。
 「はい、夫がそう言っていますから、それで結構です」
 簡単にお互いサインをしてそれぞれ書類を受け取って全ては終わった。

 帰りがけ、京三は気分が軽くなって、
「あなたの好きなものでも食べながら話をしようか」
 そう提案し、芳乃もあっさりと賛成し、近ごろベトナム料理の店が開店したようだから、そこへ行ってみたいと、先に立って歩き出す。
 
 スープが運ばれると、ちょっと変った味だと京三が言い、
「こんなオリエンタルの味って、日本人にあうわね」
 芳乃がスプーンをつづけて口に運ぶ。
「オレははじめてだが、これはあっさりしていてなかなかいい」
 と合わせた。
 おたがい古傷に触れることはせずに、子どもや孫たちの話をしてたのしんだ。
 別れ際、改札口で、芳乃は「サヨウナラ」と手を差し出す。京三がその手に力を入れないよう気をつけながら重ねると、芳乃はしっかりと握ってほほえんだ。
「元気でね」
 階段を登る京三が見えなくなると、芳乃は人形の手芸材料を見ようと足取りを軽くした。
posted by akino at 01:27| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涙がジワッと滲みました。別れ際の手を差し出した芳乃さんと京三さんの力の差に女性の強さと健気さを感じました。

いよいよ明日で最終回ですね。
Posted by Unico531 at 2018年04月15日 10:01
Unicoさん
丁寧に読んでいただき、書き手としては、冥利に尽きます。
今、ハンモックを注文し終えたところ。この間検索したら、やたらとうるさく出ていて、ついに買うことに。またブログに書きます。
Posted by あきの at 2018年04月15日 10:18
↑20年前のミシンの調子が悪くイライラしていたところにミシンの安売りの知らせ、「シンガーミシンの大幅値引き」でつい買ってしまいました。届く間際に古いミシンを動かしたらナント!動きました。皮肉なものです。でも買ってしまったのですし返品は面倒だし、新ミシンは色々な機能が付いているので「まぁ良いか」になりました。
Posted by Unico531 at 2018年04月15日 13:27
大人の別れですね。
芳乃は若いころよりもっとステキな顔をしていたのでしょう。

書く仲間に壮絶な人生の方がおります。
80歳の今も大変な状態です。
どんな方だろうと思いましたが、とてもステキな笑顔の方でした。
苦難を乗り越えてきたからこそあの笑顔があるのだと思いました。
Posted by みのりん at 2018年04月15日 13:41
Unicoさん
電話がようやく前と同じに使えるように5月からなります。
「喋り放題」にです。ミシンですか。もう何にも縫わなくなりました。わたしのここの棟の友は刺繍をしてどこかの店に出していると言っています。やり始めれば面白いかもしれません。

みのりんさん
人生は幸せ路線がいいでしょうけれど、苦労も人間を作りますね。明日でこの話は終わります。
Posted by あきの at 2018年04月15日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。