2017年08月09日

NO...4652

わたしは、普段一歩先の動作をいつも準備する癖があります。今朝も散歩の帰りにエレペーターに乗るとイーナの首輪を外し、バッグから鍵を取り出して手に持ちました。
降りようとした時です。鍵が手からすべり落ち、運の悪いことに、エレベターとフロアの間にある2センチほどの隙間へ「チャリ〜ン」。
すぐに下降ボタンを押し各階ごとにチェックしますが、一階の下にも隙間は続いていました。
慌ててもどうにもなりませんが慌てました。6階のNさん(前の家からの友)に助けを求めると、磁石に紐をつけて垂らす方法をとりましたが、周りが全部鉄なので下まで行かずにあちこちにくっついてしまい無理。
管理人さんにも連絡。一方わたしの隣の家にお願いしてNさんがその家のベランダを乗り越えて鍵を開けてくれ、家に入ることはできました。
9時を待ってエレベーターの会社へ連絡すると、昼ごろ来てくれ、地下を開けて拾ってくれました。やれやれ〜。こりごり〜。
posted by akino at 03:32| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大ごとになりましたね。お疲れさま。
昨日の続きになりますが、せっかち私も同じようなことをやっていますが今だ反省せず。
帰りのバスの中でカギを出しポケットに入れています。玄関の前に立ったらすぐ開けたいのです。
ゆったりした人はこんなことしないでしょう。
玄関に着いてからカギを出すので失敗もしません。

Posted by みのりん at 2017年08月09日 06:37
私も同じ失敗をしました。昼間だったのですぐにエレベーター会社に電話して拾ってもらいました。その間1時間弱マンションの下の飲食店でコーヒー飲みながら待ちました。
まさかと思った隙間をスッと通り落ちたのでした。一瞬間の出来事です。
Posted by Unico531 at 2017年08月09日 08:48
あきのさん 大変でしたね。でも、鍵が又戻り、良かったです。
私は15分ほどの自転車通勤をしていました時、家の鍵を握って(せっかちです!)運転していました。毛糸の手袋を履いていましたので感覚が鈍り(?)、家に到着したらありません。
北風の夜道を、泣きそうになりながら戻り捜しましたら、神社の前の外灯の下で、派手なキーホルダーを付けた我が家のカギを見つけました。その時は、何時もは通り過ぎる神社に思わず手を合わせました(笑)。それ以来、ポケットか鞄に入れるようにしています。
Posted by 野菊 at 2017年08月09日 10:36
ワァ、それはタイヘンダァ・・私もいつのあのエレベーターの隙間をみて、落としたら大変と思っています。ホールのドアの時にキーを使うので、そのまま手に持って部屋まで行きますから。
手の感覚が鈍くなっているのか、市場で小銭を右手だけ(左手には買った荷物)で払おうとすると
小銭を落としたり、バスでバス券を買おうと、準備して持っていると、100円が見えなくなったり・・沢山の失敗があります。
無事に部屋に入れてよかったですね。
Posted by oss102 at 2017年08月09日 13:22
みのりんさん
今朝もよくよくみたのですが、偶然というのは、わざわざそこへはまっていくのだからーーおかしいなものです。

Unicoさん
同じことを〜そうですか。地下の真っ直ぐに落ちたところにはなくて、跳ねて、奥の方にありました。

野菊さん
いつも注意して意識しているのに、失敗する時はすっと抜けている感じです。野菊さんの鍵も簡単に見つかってよかったです。

Ossさん
言われてみれば、手先が鈍っていることがたしかに原因と言えそうです。まあ同じことは2度とやらないでしょう。
それにしても今日のこっちの暑さは強烈です。電気代をケチる気になりません。
Posted by あきの at 2017年08月09日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。