2017年08月03日

NO...4646

タカサゴユリの個々は、どうやって、情報を得ているのでしょうか。不思議です。
とにかく昨日から一斉に咲き出したのです。団地の中も、グリーンベルトも、公園も「イッセーの目」で咲きだしたのです。(ただし団地の中の3本だけは、咲きかけですが、イマイチ)
この百合は球根ではなく種で増えます。そして、まるで自由人の見本のように、好きなところへ行って咲く。そこが居住に意味がないと考えると、さっさと居を移してしまう。
憶えていてくださる方もおられるでしょうが、わたしが前の家の庭をこの百合でいっぱいにしたいと、夢を描いたことがありました。
その年と翌年は、仇のように種を集めては庭に蒔きました。すると相手は、そんな手には乗らないよとばかりに、さっさと自由を求めて旅立ってしまったのです。白くて清楚でほっそりとスリム。この魅力的な花を、わたしは今も恋しています。
posted by akino at 03:21| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白いユリの姿形は端麗で美しいと思います。が、私はあの香りがダメなのです。何故か頭痛を引き起こすのです。残念ながら香りの届かない遠くで眺めているだけです。水仙もダメなのですから悲しいです。
あきのさんの想い花ですか、良いですね。
Posted by Unico531 at 2017年08月03日 08:49
白くて清楚でほっそりスリムな白百合。
そうです。そんなイメージで娘に百合と名づけました。
若いころはイメージぴったりの娘でした。
が、今やブクブク.。o○ (゜o゜)

「あなたは白百合ではなく、鉄砲ユリか鬼百合」
若いころ冗談で私は娘に言っていました。
高砂百合は別名鉄砲ユリとか、好きな所へ行って咲く自由人と今日初めて知りました。
まさに娘そのものです。
高砂百合、私も好きになりました。
Posted by みのりん at 2017年08月03日 09:06
そうですか。種を撒いたところには咲かないで、なにかのセンサーで移動して歩くことによって種の保存がなされているんでしょうね。
それもロマンチクですね。
Posted by oss102 at 2017年08月03日 12:57
我が家も昔咲いていましたが、今は無くなってしまいました。
何処へ、旅立ってしまったのでしょう?
でも、自由に飛んでゆくなんて、なんだかロマンティックにも思えます。
(^^♪
Posted by 野菊 at 2017年08月03日 14:23
Unicoさん
そう言えば、わたしはタカサゴユリの匂いを嗅いでいません。
きっとそんなに強くないのでは〜?

みのりんさん
いい文章ですね。読んでとても嬉しくなりました。

Ossさん
とにかく勝手なところで咲きます。面白い花です。咲いているときは野草なんてとても思えません。

野菊さん
まあ勝手気ままに咲いてます。この花がしぼむまでは散歩が楽しいです。
Posted by あきの at 2017年08月03日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。