2017年05月20日

NO...4571

「北アルプス国際芸術祭」は、松本を通り越して10キロほど行った大町市で行われます。ここのディレクターは北川フラム氏です。先週東京から北川氏関係の人たちがバス一台でここに行って来ました。そのバスに娘も乗せてもらいました。(娘は来月また一泊二日で出かけるようです)
帰宅してアルプスがすぐ近くで湖もあり素晴らしいところだと感激して話しました。そして町の主婦たちがエプロン姿で食べ物を作って売っているようです。
わたしへのお土産は蕗味噌のおにぎりでした。
「とにかくお母さんの好きそうなものばかり売っていたよ」
こんな話を聞くと、わたしは鼻高々。べつに自分のものでもないのに、わが故郷の話は自分が褒められたように感じるのです。
松本から大町へ向かっていくと常念岳がガンガン迫ってきます。その大きさがたまらない景色となります。
posted by akino at 00:51| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松本、大町・なんどか信州旅行に行ったことを思い出しました。
自慢できる故郷を持つ人は幸せですね。
いつも思うのですが1時間もあれば故郷なのに、今は行く機会もなくしています。
小学校・近所の商店街、父と行った銭湯・どうなっているかしら・・。
Posted by hanairomimi at 2017年05月20日 09:18
九州に育った人は、岐阜に育った人は、みんなあきのさんのような愛着を故郷にもつのでしょうか。
違いますよね。やはりあきのさん個人の問題かな。松本は全国的にみても文化度のたかいまちですから、それを吸収して育ったあきのさんだからこそなんでしょうね。
Posted by oss102 at 2017年05月20日 10:58
Mimiさん
なんだか気がつくといつも故郷こいしや、ほーやれほーーになってしまいます。

Ossさん
まったくいつも故郷贔屓で申し訳ありません。
先日宗谷岬から、樺太が見える画面を見ました。
Posted by あきの at 2017年05月20日 16:20
信州は好きなところのひとつです。
私も、故郷を褒められると嬉しくなります。
今は、日本にいます。ブログのを覗いてみてください。
Posted by さくら at 2017年05月20日 21:17
さくらさん
おかえりなさい。(^O^)
Posted by あきの at 2017年05月21日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。