2017年05月19日

NO...4570

今日の関東は曇りだと天気予報は言い、そして天気図にはないが思いがけない雨が降ると。
さて午後の散歩は難しい。そう思っていつもより、1時間早く出かけました。外に出ると、もうポツリポツリと降り出しています。見上げると雨雲。さて困った。途中で本降りになると面倒です。
犬の散歩は傘なしですから、降れば必ず濡れるーーとなります。
迷いましたが、とにかく行くことに。今日の行き先は野菜を買うーーこれが目的地。
南に向かって歩くので青空が見えている方へと進みます。しかし着ているコートに地図がだんだんとできます。さてーーだいぶ迷ったのですが、引き返さずに前進。
結局帰宅した時、少し濡れただけで済みました。しばらくして部屋から空を見上げると、ちょっと青空が見える曇り空になっていました。
生きていく中で、わたしは何回もこれと同じような岐路に立つことがあります。そんなとき、いつも前へ進むを選択する性格なので、失敗も多いです。
posted by akino at 02:05| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も同じタイプです
少し待っていれば上がりそうな雨でも辛抱できなくて軒下で沢山待っている人を横目に自転車を飛ばして帰ってきます
乗る予定の電車より早い電車に乗ってしまいます^^
それが良かったのか悪いのか・人生で大きく損なのか得なのか・・わからないまま今に至っています^^
Posted by hanairomimi at 2017年05月19日 08:44
人生の岐路、行くか戻るか?右か左かはたまた真ん中か?
私もどちらかというと戻るのは嫌いで失敗かもしれないと思いながらも突き進みする方です。
熟慮出来ないたちです。
まっ良いか!こんなモンだよなぁ〜!仕方がないさ!そのどれかでここまで来てしまいました。
Posted by Unico531 at 2017年05月19日 10:10
私も、皆様に似ています。
あれこれ迷う時もまず踏み出し、違う道があったかもと後悔する時もあります。
でも自分で決めたのだからと、ここまで歩いて来ました。
Posted by 野菊 at 2017年05月19日 13:45
そうですね。どれが岐路だったのか。結婚・家の購入・小樽への転居・マンションへの転居。
自分で選んだのはこんなところ。
まぁ、今が幸せと思えるからこれでいいのでしょ。
Posted by oss102 at 2017年05月19日 13:56
意味は少し違うかもしれませんが、今日のブログを読ませてもらいながら、
私の頭に浮かんだのは ロバートフロストの詩、選ばれざる道 でした。
Posted by at 2017年05月19日 14:41
みなさん
今日はまたこの書き出しにさせてください。
下の詩はたぶんsさんが紹介してくださったと思います。
こんな詩を読めること、良い友を持ったからと感謝です。
それにしても「類は友を呼ぶ」なんだかみんな前に進むと書かれていて、ニコニコしてしまいました。

〔ロバート・フロスト〕の『選ばなかった道』という詩

夕焼けに染まった森の中で、道が二手に分かれていた
残念ながら、両方の道を選ぶことはできない
私はどちらを選ぶか長く考え、片方の道に目をやった
その道は、多くの人が通り、整備されていた道だった

それから、もう一方の道に目をやった
そっちは誰も通らない道で、草が生い茂っている
私にはそっちの道のほうが、とても魅力的に見え、その道を歩き始めた
わたしは自分の歩む道は、自分が作らなければならないと思ったから

あの日、私は自分自身の道を選ばなければならなかった
あっちの道はまたの機会にしよう、と思ったが、二度とこの場所に戻ってこないことを、私は知っていた』


Posted by あきの at 2017年05月19日 16:51
すみません。名前を書くの忘れた まりでした。
Posted by まり at 2017年05月19日 16:52
まりさん
ありがとうございます。
おかげで内容のことものにさせていただきました。
Posted by あきの at 2017年05月19日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。