2017年05月03日

NO...4554

ベランダのモッコウバラが盛りです。日に向いて咲きたいらしく裏側から見ている感じ。で、昨日はついに無理やり居間の方を向いてもらい、豪華に黄色が見えるようになりました。
その横にはゼラニュームが直径10センチ近くの花をつけて3鉢あります。
正直に打ち明けると、モッコウバラは公園の1枝を失敬してきて挿し木で育てたもの。ゼラニュームもあっちこちから集めたものばかり。
昔「花泥棒はOK」と聞いたことがあるので、良心は痛まずに行動できています。
散歩友のTさんが亡くなったのは4月30日。もう2年になります。この友は散歩に出るときは必ずビニール袋を持っていました。好きな花を見ると、目立たない陰の1枝を我がものとしましたーーこれが飛び抜けて上手で、庭は多種類の花で埋まっていました。師匠がいなくなった現在、その技はしっかりわが身に。ですが、いかにも狭いベランダなので欲をかくわけにはいきません。
posted by akino at 04:53| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いくら花ドロでも根こそぎでは許せませんが、モッコウバラのように繁った一枝・繁茂するかげの草花ならいいですね。
私も、丈夫で繁茂する半野生の草を頂戴したいと
思っているのですが、個人の庭からは、あるじが庭に出ているときでないと出来ないし、公園では人がいる時では気が引けるし・・イイナとの早朝さんぽならOKですね。^^
Posted by oss102 at 2017年05月03日 09:53
追伸 私のブログへの質問の答えの追加です。
育てる植物にもよりますが、トマトやゼラニュームなら、石灰が必要です。今は入れてすぐにOKのもありますが、普通の苦土石灰ですと、3日くらいは、あるいはもっと間を置く必要があります。
苦土石灰は、土中の水分に触れると、熱を出すのです。根がいたみます。
Posted by oss102 at 2017年05月03日 19:09
Ossさん
ありがとうございます。苦土石灰は前もって入れました。
でもベランダではあまり期待できないでしょう。
それでも緑が身近かにあるのは何となく落ち着きます。
たしかに人がいないときは、余所の庭からはもらえないですね。
Posted by あきの at 2017年05月03日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。