2017年04月18日

NO...4539

老人の交通事故が毎日のようにニュースになります。年取ったら運転免許証を返納すればと、わたしなどは思いますが、体が不具合になった時こそ、都合良く乗りたいという人もいるでしょう。そんな人に対応する新車が開発されました。(Ossさんがブログで紹介したのを、お借りします)
自動車が物体感知をして自動停止するーーどんなものか。38歳の男性が試乗しました。
「自動ブレーキを作動させましたから、ブレーキを絶対に踏まないでください」同乗した社員は自信をもって言います。
発車ーー。出発した車は、やがて信号待ちに。前の車が迫ってきます。それでも男性は我慢しました。ーーガチャッ。追突。???。どうして?
訳は「雨が降って暗い日だったので前の車を検知できませんでした」と。
気の毒に男性は過失運転致傷容疑で書類送検。車会社の社員も業務上過失傷害で書類送検。人の不幸を笑うのは不遜だと分かっていても、わたしは大笑してしまいました。
posted by akino at 00:10| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、こんな車を運転しません。
こちらでもあるようですが、これは弁護士が飛んできて、裁判にいくでしょうね。
もっとちゃんとテストして欲しいです。
Posted by さくら at 2017年04月18日 01:46
交通が不便なところの住人には自動車は大切な足ですからなかなか免許返上はできないのでしょうね。それに自分はまだ大丈夫と言う自負で手放せない。
線路の上を走っているわけでも無いのに簡単にこんな自動車が都会の中を走るのは無理では無いかと思います。
田舎の道でスピード出さずに走るのなら良いかもしれません。
私も不謹慎ですが笑ってしまいました。
Posted by Unico531 at 2017年04月18日 08:57
私はお札参りに行って帰りにナビの言うとおり山に入って谷底に落ちかけて車は傷つきよくぞ無事に帰りついたと・・それ以来車は娘に渡しました。
ナビもそうですが機械に絶対はないと思いますね。
車を離しても不便は感じなくなりました
命あってこそ・・他人に迷惑を掛けないことですね
Posted by hanairomimi at 2017年04月18日 09:52
以前から見れば、近い慣れた土地しか走りません。ですから本音は、まだ大丈夫と思ってます。
年寄の事故が多いのは、その分年寄が増えたからとも思ってます。
でも、貰い事故でも避け方がトロかったと、うるさいだろうなと誕生日には返上する予定。

田舎では必需品、最初は欠陥があってもドンドン
よくなっていきますよ。過去の例をみてもね。
Posted by oss102 at 2017年04月18日 11:09
さくらさん
まったく歳はとりたくないです。次々といろいろ不都合が出てきます。その中で生きていくのだから長生きしたいとは思いません。

Unicoさん
人にはいろいな言い分があるけれど、せめてスーパーやコンビニのガラスを突き破らないでほしいですね。保証も保険とは言っても大変でしょうから。

Mimiさん
やはり都会の年配者は車がなくてもなんとかなりますが、田舎の人たちにとっては必需品かもしれません。でも昔はなくてやっていました。

Ossさん
年寄りの事故は、年寄りが増えたから目立つのかもしれません。たしかに技術は失敗があってよくなっていくのでしょう。
でも原発は失敗したら、損失が大きすぎますね。
Posted by あきの at 2017年04月18日 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。