2017年04月07日

NO...4526

新しく始まった朝ドラ「ひよっこ」で、主人公が通う高校の撮影は松本深志高校で行なわれたと聞いて嬉しくなりました。(郷土バカの、わたし)
ドラマの時代設定は1964年オリンピックの前辺りから〜。父親は、農閑期に北茨城から東京へ出稼ぎに行き、霞が関の現場で働いています。留守宅は祖父と母親と3人の子たち。家族は出稼ぎの父を心配し、父は家族を思いやるーー素朴で温かな家庭がそこにあります。今朝は、久しぶりに帰郷する父親をバスの停留所で待つ子どもたち3人がいました。
わたしの村も、盆や暮になると製糸工場へ行っている娘たちが帰省しました。キミちゃんは停留場へ行って朝から待つのです。わたしはそれに付き合って、地面に丸を描きケンケンパなどをして遊びました。
姉がオンボロバスから降りて来ると、キミちゃんはうれしそうに姉にまつわりつきながら家へ帰ります。すると、わたしもつまらなくなって家へ。家ではいつものように祖母が蔵の前にある2坪ほどのトマト畑の手入れをしていました。
posted by akino at 06:56| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ、それは楽しみな番組になりましたね。
わたしもよくそんな本を朗読します。
作者は忘れましたが、エビフライと持って父親が帰ってくる。姉に何度もなおされても「エンビフライ」といってしまう。
そこで笑ってもらえます。^^
Posted by oss102 at 2017年04月07日 08:58
Ossさん
わたしの好きなデーマですから、今回は楽しみです。昭和40年代の10年をドラマ化しているようです。
Posted by あきの at 2017年04月07日 14:58
今度高校が移ったらよく見ます。
あきのさんの昔の話、ドラマより感動しましたよ。
私が上京したのは、オリンピックの前の年です。
建設関係の会社で働いていたのです。懐かしいですね。
Posted by さくら at 2017年04月08日 01:06
さくらさん
あのころ上京されたのですか。わたしは昭和32年に結婚して上京しました。新宿の西口など屋台のワウな店が並んでいたころです。
Posted by あきの at 2017年04月08日 05:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。