2017年04月02日

NO...4521

犬友の食事会は2人欠席で4人でした。それでいつものように、めいめいが好きなものを注文するのをやめて、品数を幾皿か注文し、取り分ける方法にしました。
するとテーブルの上が賑やかで、まるでパーティーの食卓のようになりました。
例によって話はあっちに飛んだりこっちに飛んだりでしたが、わたしが今朝テレビで観た2025年には認知症の人が1200万人になるという話をすると、みんな興味津々、その話が発展して、医療費をどのくらい国が負担しているかの話になりました。
ガンになると、国の負担は年間数百万円になるそうです。改めて国は年配の人口が団塊の世代という山を越えてしまわないと大変だと話は深刻なほうへ向いていきます。おかしいのは、自分は病気をしないという前提、他人事として話すこと。つまり病むのは自分以外の人と思いながら喋っているのです。ちょうど交通事故を起こすのは自分以外の人と思うから、年配になっても平気で運転しているのに似ています。
posted by akino at 05:12| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のは耳が痛いかな・・イヤ目か^^
平気で?運転している私です。
ガンに罹る人を非難はできません。
認知症も同じ。
道路を歩いていても、今は交通事故には合わないだろうと楽しく歩いています。
医療費のことは国に考えてもらいましょう。
まぁ、話のネタとしては頭の体操になりますね。
Posted by oss102 at 2017年04月02日 10:47
高齢者の話題は先の見通しが暗い話が多いです。でも大抵対岸の火事と思って話しています。いざ飛び火から延焼になって初めて大騒ぎになります。
しかし若い頃はこんなに長生きできるとは思ってもいませんでした。生きているだけで社会の、若い人達のお荷物になるとは全然気がつきませんでした。
どうしたら良いのでしょうね。
Posted by unico31 at 2017年04月02日 10:48
まったく同感です。こちらでも自分のことと思わないで話をしています。みな同じですね。
私もこんなに長生きするとは思っていませんでした。
だから、自分ではいつでもいいかな〜と思っているのですが、その時が来たら、欲が出てくるかもしれませんね。認知症になる前にいきたいです。
Posted by さくら at 2017年04月02日 12:58
Ossさん
人から見てもまだまだ大丈夫そうですよ。
わたしなど他人事としてしゃべっているので「それ見たことか」なんて実際になったら言われそうです。

Unicoさん
まだまだ対岸の火事と思っていられる年齢ですよ。もっとも犬友もいよいよ70代に突入してきました。わたしだけがダントツの年齢です。

さくらさん
わたしのようになるべく医者にかからないでいると、死期が近づくと「食欲がなくなって、水も飲まなくなってくると言います。そしたら自分でも心の支度ができると考えているのですが〜。
Posted by あきの at 2017年04月02日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。