2017年03月20日

NO...4508

1994年に刊行された本「愛をめぐる逆さの常識」栢木利美著に書かれているのは、たった20年ほど前のことなのに、女性の意識が大いに変わっていることにびっくさせられます。
著者はアメリカ人と結婚している人。日本の女性をどう思うかとアメリカの男性にインタビューする場面があって、そこには@キャリアより家族が大事、夫のため、子どものためが優先。A自己主張ばかりせず相手のことも考え、いつも控えめ。Bいつも微笑んでいて自己主張などしない。C料理もインスタントは使わない。D一見おとなしそうだけれど芯が強い。
などが並んでいました。改めて日本の女性もどんどん変化していることを感じます。
例えば住宅選びは、「郊外の一軒家で庭があり花を育て、夫や子どもと微笑ましい生活」などがイメージにありましたが、現在は「都心のマンションに住んで、妻もキャーリアある仕事をしたい」などと変わってきています。
さて、私たちの年齢を「50年若返らせてやるよ」と神さんに言われたら、どんな生き方をしたいですか?
posted by akino at 04:07| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前杜の広場での会話。嫁さんの看護師さんが、子育て時間より仕事のほうが楽・・と言ったと。

私も今の世の中なら、やはり仕事をして家庭も持ちたいかな・・どんな仕事?う〜ん、あれやこれや??|д゚)
Posted by oss102 at 2017年03月20日 11:42
Ossさん
ほんと、今はいろいろ変わってきていますね。
でもお金のことを横によけて何をしたいかを考えたら、いろいろ出てくるかもしれません。
やれなかったことを想像するのもいいなあと、思いませんか?
Posted by あきの at 2017年03月20日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。