2017年03月16日

NO,,,4504

わたしの嫌いな言葉。「ゴゴラジ」「シブゴジ」こんな言葉。なんだか分かりますか? これはNHKの使っている言葉です。どうして嫌いかと聞かれても理由はありません。何もこんな縮めかたをすることはないーーただそれだけ、嫌いなんです。
つぎに嫌いな言葉、「・・・今日この頃です」手紙など、最後をこの言葉で結ぶこと。これも理由はありません。せめて言うなら考えないで使うのではなく、自分の言葉で文章の最後を閉めて欲しいと思うだけです。
「カワイイ」ほんとにカワイイものでないのに、素敵なものはみんなこの言葉で括ること。この言葉は日本語を貧しくしていると考えます。
そう言えば、近ごろ女言葉というのはあまり気にならなくなりましたから、減っている気がします。「〜わよ」「〜ですのよ」など女を売り物にしている言葉づかいは好きではありません。ついでに言わせてもらうなら、グラスなどを持つ時に小指を跳ねるようにすることも嫌いです。
posted by akino at 00:43| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棘のように腹の立つ言葉は関係性とか方向性です。関係や方向で良いところをわざわざ性ってつけてぼやかして、なんじゃいなって。

それとお辞儀。肘を張る客室乗務員特有のお辞儀を朝ドラの昔の店員たちが揃ってやっているのを見て、止めてって言いたくなりました。あれは韓国式で日本式は肘を張らないのにねえ。

こんなことに腹を立てる私も意地悪婆さんでなんじゃいなですけどね。
Posted by さなえ at 2017年03月16日 11:05
私の聞きたくない言葉は食べ物を口に入れてすぐに「ウ〜ん」次にやたらと連発する「甘〜〜い」「柔らかい」「ジューシィ」。そしてトドメの嫌な「ぷぅっりぷり!」これはこちらの地方局のタレントがエビ・カニや生牡蠣やお刺身を食べる時に耳にします。食いしん坊なので食べ物関係の言葉が気になります。
お御馳走さまも可笑しい…
あゝそれから「差別化」という言葉もなんだか間違って使われているのではという場面が多いのではないかと思います。
言葉は生き物ですから変化してゆくのでしょうね。
Posted by Unico531 at 2017年03月16日 11:51
グラスを持つ時の小指、気取るのは嫌ですね。(笑)
なんでも「カワイイ〜♪」にも、違和感を覚え「どこが?」と、聞き返したくなります。
Posted by 野菊 at 2017年03月16日 11:55
何を云ってもババさまの歯ぎしり・・時代は言葉も変遷していきます。体がムズムズするような言葉にも、慣れて行かなくちゃ・・と思いながら
心のなかで言い換えてるババさまですニャ。
Posted by oss102 at 2017年03月16日 13:03
さなえさん
たしかに、朝ドラのお辞儀、なるほど。まったく。共感。
方向性も関係性もあるある、インタビューの最後に「このことはあなたにとってどういう意味だったでしょうか」みたいなのも気に入らない部類。

Unicoさん
食べる時の感想、味とはまったく別に演出するーーあれ、気にくわないですねえ。そして同じ言い方しかできない。わたしは本を読んでないことが言葉を少なくしてしまうと思うのですが。アナウンサーは読んでいる人と読んでいない人の違いははっきりでます。

野菊さん
まったく、まったく。ことに男が女になっている芸能人はそれを強調します。女の研究をしているなあと、思ってしまうことありませんか?

Ossさん
ババさまの歯ぎしりですニャ。シブゴジなんていうの
聞いたことないですか。夕方の五時からの放送のことです。
Posted by あきの at 2017年03月16日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。