2016年01月23日

NO...4078

「きわめびと」という番組を偶然観ました。
献立を考えるのが苦手という主婦が登場しています。わたしも来客は好きですが、いつも献立に頭を悩ませます。
たまたま料理を好きになれば解決する〜と考え始めていたところなので、メモを取ります。
教える先生はいいことを言います。
「 料理することに、追いかけられているから、料理するのが嫌いになる。前向きになって考えるように」と。
それには「冷蔵庫にプラスチックのトレイを入れて、ここに次の日の材料を入れていく」
それから「5法の表」というのを作る話をしました。
縦に、@炒める A煮る B焼く C揚げる D生〜などと並べ、横に「鶏肉・豚肉・牛肉・魚などと主菜の材料を書き込むのだそうです。
やってみるつもりですが、さて、わたしは この一歩を踏み出せるかな?
posted by akino at 15:16| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレだけで献立上手になれるのでしょうか?自分の好きな物を作るだけならば料理は好きですが系統立てて献立を考えるのは苦手です。
話は違いますがgaccoへ初めてアクセスして江戸の文化を学び始めています。面白いです!ご紹介ありがとうございました。
Posted by Unico531 at 2016年01月23日 15:58
Unicoさん
田中教授は、教え方がものすごくうまいですね。とにかくまったく新しい感じで学ぶことができると感激しています。
話し方の声の強弱もよく考えている気がします。こんな講座があるのに、逃してはもったいないとさえ思っています。
料理はこのやり方が好きでないとやっぱりうまくはいかないと思います。
Posted by at 2016年01月23日 18:57
家族がいたころはご飯を食べさせることに追っかけられていました・
その頃を思うと懐かしいです。

Posted by hanairomimi at 2016年01月23日 19:57
お客様の時は表を作ってみますが、毎日は適当。冷蔵庫と相談で作りますよ。料理は嫌いではない、長い間主婦してるからできることかもしれませんね。
Posted by りーのママ at 2016年01月24日 09:57
夫と二人分の食事作りは、冷蔵庫の残り物で考え、息子夫婦が来る時は、ちょっと頑張ります。
TVの料理番組で紹介されたものを作ることもありますが、ほとんどが口に合わず(笑)、自己流の味付けに落ち着きます。
Posted by 野菊 at 2016年01月24日 10:13
安くて良い物を買いながらだいたい3日先までくらいの大雑把な献立が頭の中に浮かんできます。その通りにならなくても構わない。リーのママさんの言われるように料理は嫌いではない。自己流です。冷蔵庫・冷凍庫の賞味期限を確かめながら献立は変わって行きます。
あきのさんは献立に頭を悩ませると・・時々書いてらっしゃいますが・・?私には全くそんなふうには感じられません。私が伺った時も、お嫁さんに作ってあげたお弁当の写真を見ても、あきのさんはいつも美味しいものを食べている〜!♪!と思っていますから・・!!
ただ・・お魚が苦手というのがネックでしょうか・・?冷蔵庫にプラスチックのトレイを入れて・・??邪魔になりませんか?
Posted by まり at 2016年01月24日 11:15
mimiさん
mimiさんの羨ましいのは魚料理が上手なところです。うらやましい。

リーのママさん
ほんと、料理が苦にならない様子をいつも見させてもらっているので羨ましいです。

野菊さん
わたしもまったく同じ。ごどもがくると思うと張り切るからうまくいきません。常に美味しいものを作っていると苦にならないのにね。

まりさん
まりさんとリーのママさんは料理が上手ですよ。ことにまりさんは訳もなくホイホイと作ってしまう。しかも大量を。いいなあ。
Posted by あきの at 2016年01月24日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。