2019年11月30日

NO...5500

久しぶりに犬友が昼に我が家に集まりました。お弁当を買ってきて、それにわたしの昨夜つくったトマトスープでランチ。あとは特製パンや、特別甘柿、えびせんやせんべいなどで、あれこれペチャクチャ。
最後は老いによる体の話がどうしても出ます。みんな若かったのに、犬もいなくなった今、ついに70代を歩くようになりました。
その続きとしてお墓の話も出ました。
みんなが帰ってから、昨夜のカンブリヤ宮殿の録画を観ると、なんと犬友との話の続きのようなお墓の番組、築地本願寺の墓も新しい時代に向けての寺改革をするという話でした。元銀行員だった人を中心に誰もが来たくなる魅力ある寺を目指していると言います。
世の中は動いているーーを感じました。そしてそれにつれて、価値観も人々の考えもどんどん変化します。変わることを嘆いていても仕方ありません。要は今を楽しくしっかり生きることが明日へ繋がるーーそんなことを思いました。
posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

NO...5499

窓の外はねずみ色一色。もう何日も雨また雨。そぼ降る雨の中を太極拳のある日だったのでセントラルへ行きました。
先生は替わりましたが、生徒は昔のメンバーがかなり残っていて、声をかけてきます。
「久しぶりですね」と。
4年もやらないでいる間に、弱ったと感じるのは「足」。片足立ちの多い太極拳は、まあふらつくこと、ふらつくこと。でも平気なのは、同じようにふらつく年寄りが大勢いるから。古巣は体に馴染んで居心地よく、リネツ再開が来年3月にあっても、このままこっちにいようかなと思わせるほどです。
シニアカー、今日は燃料電池が持つかなと、こわごわ乗って行きました。1回充電すると4日は持ちます。でももう1日大丈夫かもしれないと5回目を試したのです。途中で止まってしまうのを恐れましたが、何とか持ちました。よかった!
1回の充電で走る距離が現在は23キロ、真冬はどうなるか? 夏は33キロも走るのに。
posted by akino at 00:01| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

NO...5498

友と、超おもしろ話をしました。
「新興宗教を起こすには度胸が要るけれど簡単だと。まず、いつもつき合っている人ではない人の相談事にのる。この時、いい加減な答えを自信ありげに出して、自信ありげに言い切る」
これを何回か続けると、どんな人が教祖になっても50バーセントは予言が当たると聞いたことがあります。
「つぎに相談にのる時の部屋は御簾をさげる。教祖役は御簾から絶対に顔を出さない。補助役はさも、教祖を敬っている顔をする。これで舞台装置は完成」
世の中に新宗教が50%当たれば認められるそうで、心配事のある人は訪ねてくるようになると。
ここまで来ればガッポ、ガッポ金を稼げるようになる(?)
なんといい加減な話で午後を潰してしまったかと思われそうですが、この話に発展した元の話は、近ごろ世の中に行事があり、人々がそれを認める過程の話から脱線したのです。
話のネタは、ずっとずっと前に観た「たけし」の映画のどこかが頭に残っていたもの(たけしの役柄は教祖の補助役)の再現でした。
posted by akino at 00:06| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

NO...5497

いつもブログにコメントをくださるVivaさんが、メールで新聞・投書欄の切り抜きをくださいました。書かれていたのは次のような内容です。
小田原にお住いのご夫婦が厳島神社に旅した時の話です。宮島で会社へのみやげに「もみじ饅頭」一箱を買って送ってもらうよう頼んだと。
帰宅して、翌日の出社に饅頭をみやげにしたいので、宅配便の着くのを待っていると、もみじ饅頭店の店主から電話があり、不手際で別な人宛に送ってしまったと平身低頭。
「明日、会社へのみやげに持参しようと考えていたのですが〜」そう話しました。
びっくりしたのは、その日の夕方のこと。玄関のベルが鳴り、出ると、そこにもみじ饅頭店の店主が立っていたのです。「新幹線でお届けにきました」と。
たった一箱のもみじ饅頭のために広島から小田原まで新幹線で届けてくれたのです。この話を会社の人たちにすると「こんなにうまい饅頭は初めてだ」とそれぞれが感激しながら味ったとーーそう書いてありました。
posted by akino at 00:14| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

NO...5496

「一汁一菜垣根が奏づ虎落笛」中村草田男という人の句です。虎落笛(もがりぶえ)という寒々とした音を聞く機会が近ごろわたしの周りで多いことに気づきます。
(ついでに、この人には「降る雪や明治は遠くなりにけり」という句もあり)
最初に聞いたのは「リネツ」でした。お風呂と脱衣所の間のガラス戸でこの音が〜。きちっと締めていない時に起こる音でした。
それと、わたしのアパートでも聞くことがあります。外に強風が吹き荒れる日など、この音がするので、立って行って締めなおすとピタッと止まります。
この寒々とした音をモダンなところで聞く落差を面白いと感じて、強い風の日に、わざと戸をキチッと締めるより気持ちもどして楽しむ時もあります。聞いただけで寒々と感じるこの「虎落笛」を、近代的なところで聞いていると知ったら中村草田男氏もびっくりでしょう。
ちなみに、外気温が0度でも室内は18度からは下がらない建物に越してきて、本当によかったと冬になると思います。
posted by akino at 04:54| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

NO...5495

一時期「about」という言葉を世の中の人はよく使いました。近ごろはさっぱり姿を見かけない言葉です。
わたしの性格は「about」がぴったり。まず家計簿は今までつけたことなし。したがって計画性はゼロ。気分次第で行動するし、支出もします。これでよく4人もの子育てをしたものと我ながら呆れます。
お金を買うときは慎重かというと、日頃は慎重ですが、ときにダダっと無駄遣いをします。
だからあちこち旅をしました。どこからお金が出たのかなと考えると「安倍さんのさくらを見る会」と同様、資料破棄しているために、見当がつきません。とにかく行った先は20カ国以上にはなるでしょう。
こんな計画性のなさ。でも確実に言えることは「人生が面白かったなあ」です。後はゴキブリのようにころっと家の中で死んで、後腐れをなくしたいーーというのが今の願い。ちょっと不遜ですかね。
posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

NO...5494

先日、ここに書いた友が教えている教室の「水彩画展」が長浜ホールにありました。
そこにイーナを描いてくださったのが展示されていて、みんな一斉にイーナがいるとびっくりし「よく似ている」と感心することしきり。わたしは涙がこぼれそうになりました。
わたしの家は長浜ホールから5分ほどなので、絵画鑑賞ついでに散歩仲間で我が家へ集まりましょうと提案し、来ていただきました。
毎朝、散歩途中の15分ほどを、いつも同じベンチに腰掛けていろいろな話を楽しんでいましたが、寒くなったので、来春まで休みにしたのです。
久しぶりにメンバーが集まり、みんなのびのびとおしゃべりをしていると、時間はあっという間に経ってしまいました。
posted by akino at 01:11| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

NO...5493

雨、こういう日は一日中在宅、ゆっくりします。そうしながら、現役で働く人たちは雨などと言っていられない。そんなことを考えると、毎日遊んでいて、1ヶ月経つと国からの振り込みを頂戴する。なんと幸せなことよと思います。
わたしは小三まで祖母と暮らしていましたが、祖母は長男である伯父の家に行って、遠慮しながらお金の無心をしていました。きっと月々もらうのより余分に何か要ることがあったのでしょう。
伯父は歯医者でした。昼休みの客のいない診察室で患者を治療する椅子にかけて「何々にお金がいる」と説明していたようです。隣りに遊んでいるわたしは、なんだか祖母の遠慮勝ちな物言いが気の毒と思いながら聞いていました。
卑屈にならないで大威張りでもらえる年金は、改めて考えると「恵まれている老後」ということになります。
posted by akino at 00:03| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

NO...5492

わたしは一人の作家の本を何冊か続けて読みたくなる癖があります。今回は外山滋比古氏。
「知的文章術」ここに南極観測船「ふじ」に乗り込んでいる夫にあてて、若妻から打った年賀電報「ア ナ タ」について(この3文字だけ)書いてあります。これは以前どこかで読んだことがありますが、改めてこの3文字の中身を感じました。つまり万感の思いが詰まっている3文字は、これ以上の表現がないほどすごいと言っています。
氏はつづけてこうも言います。言葉の表現は心であって技巧ではない。ただし胸の思いをより良く伝えるためには、技巧があったほうが良い。でも、この順序を間違えないことであると。そして文章の上達を願うのなら、心を練る必要があるとも。
わたしもこの拙いブログを書きつづけて5500回、未だに飽きずに書いているのは、その辺りの魅力にとりつかれているせいだと、自分のことをあらためて思います。
posted by akino at 00:01| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

NO,,,5491

テレビを見ていると雪の情報もあり、今冬一番の寒さと言います。反射的に頭に浮かんだのは、おでん。おでんが食べたい。そこで冷蔵庫にある食材を考えます。がんもどき、ちくわはあります。後はじゃがいも、なんとかおでんになりそうです。大根はないのでちょっと毛色の違うおでんに。トマトを入れましょう。そうそう残っているロールキャベツ、こんにゃくなども入れます。
卵は別に茹でて皮を剥くのが面倒だから、最初に入れて途中で引きあげ皮を剥く。じゃがいもは最後まで皮付きのまま。
さて、途中でだしの素を入れ、醤油を入れ、何回も味見をしながら足したり変えたり。トマトが意外と良い出汁に。どんなおでんになるのかな。
まあ、食べるのはわたしだから、わたしが自分に文句を言ったところで大したことなし。
ーー煮えてきました、煮えてきました。なんだか美味しそう。相撲を見ながらコタツで「いただきまーす」。
posted by akino at 00:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

NO...5490

20日ほど前のこと。「気軽な哲学カフェ」のお知らせが郵便受けに入っていました。11月19日(火)富岡東地域ケアフラザとあります。今回のテーマは「生きる楽しみ」。コーヒーを飲みながら気軽に語りましょうと。
即座に行こうと決めましたが、それだけでなく人まで誘いました。そして出席したら積極的にこの会を発展させようと心に決めたのです。やり方次第で面白い会になるのでは〜。こんな種類の企画は初めてだから大事にしたいと考えました。
今日、行きました。主催者は長テープルを4つ合わせその周りに椅子を並べて待っていました。「2、3人は来るかなあ〜」くらいに思っていたようです。ところが用意した椅子が足りないほど来ました。わたしは今日の出席者がポシャってしまわないよう、最初から発言して、でしゃばりました。
まあ、思うようにはいきませんでしたが、発言も多く、先へつなげそうな気配で終わりました。
ケアプラザで、「ごっちゃん弁当」を作っているけれどどうかと勧められたので、500円でいただきました。味噌汁からデザートまでついたなかなかのお弁当でした。
posted by akino at 00:01| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

NO,,,5489

月曜日はスポーツクラブが休み。買い物に行こうと考えます。テーブルの上の柿が後一個だけ。柿大好き人間のわたしは柿だけは切らしたくない。買ってこなければ〜。
「他のものはあるし、今日こそはそう重くならないだろう。今日は売り場の観察をするつもりで行こう」と出かけました。
ところが結果は、そうはいきませんでした。どうしてかと帰宅して買い物の中身をならべ検証。りんご1袋、柿1袋、レンコン1袋、冷凍食品3種類これらが重くなった原因。いやいや、これに100円ストアの皿5枚が〜。
こういう重いものを持って歩く時は、全体の距離を考えないで、とにかく一足、また一足を前に進めていけばいつかは駅に着くと考えます。あとはエレベーターで。4駅目で下車。自転車の置き場まで、また一足一足と歩いてやれやれ。
自転車に乗せるーーここまでくればしめたもの。無事家に着きましたぁ〜。ああ、膝が痛い。
posted by akino at 00:03| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

NO...5488

外山滋比古著「思考の整理学」は読みやすい本です。
読みだすとこんなに面白いことが書いてありした。
『勉強したい、と思う。するとまず学校へ行くことを考える。ーー中略。学校は教える人と本を用意して待つている。
ーー中略。学校の生徒は、先生と教科書に引っ張られて勉強する。いわばグライダーのようなものだ。
グライダーと飛行機は遠くからみていると似ている。空を飛ぶのも同じようなものだ。ただ悲しいかな。グライダーは自力で飛ぶことはできない』
なるほど、勉強するなら自力で飛ぶ飛行機を目指さなければならない。ところが、今の学校の勉強はグライダー作りをしているし、先生もグライダーを素直な良い学生だと評価することが多いそうです。
それで思い出しました。次男が学生の時に「期末試験になると家庭教師をつけないと試験をクリアーできない学生がいるよ」と。これ、東京大学の話です。
posted by akino at 00:25| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

NO...5487

友と図書を借りに行っての帰り道、団地のベンチに掛けて紅葉を楽しんでいると、「S藤さんの家に来たけれどベルを押しても出てこないので困っている」と中年の女性。留守ではと言うわたしに、いないはずはないと。
聞けば本牧から来たとのこと。「電話しようにも携帯はもって来たけれど、電話番号がない」とも。
遠くから来たのに会えないのは気の毒だと思い、急いで帰宅、団地の役員名簿など調べましたが見つかりません。土曜日なので管理人さんも休み。心当たりに電話をしてもみんな電話番号は知らないとのこと。
困ったなあと思いながら、紙とペン、それにビニール袋を2枚持って(柿が土産だと言っていたので、それを入れてドアに吊るすため)再度その人の待つベンチへ。
その時、考えました。どうやらお隣さんの窓が開いているので、そこを糸口に見つけよう。でもそれ前に念のためS藤さんのベルを押しました。それからお隣さんのベルを押して、訪ねてきた人の話をすると、すぐにS藤さんへ電話をしてくれました。すると、S藤家の奥さんがすぐに飛び出してきて、かなり親しそうな再会。見届けたわたしはそっと立ち去りました。
posted by akino at 01:10| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

NO...5486

近ごろ、何だか体のバランスが崩れ易いことが気になっていました。その原因は何か、今朝の6時前の健康番組を聞いていて、分かりました。
サルコペニアです。
『人が生活していくのに必要な「筋肉」の衰えは、なかなかチェックする機会がない。しかし 加齢とともに減少してしまうから、テストをすること。
テストの方法は「椅子に座り、両足を床につける。そして前かがみになり、ふくらはぎの一番太いところを、親指と人さし指で囲む。これが「指輪っかテスト』
わたしの場合、この輪っかは、左足はまだ輪っかで囲みきれないけれど、右は簡単に囲めました。つまり右足のよろよろする原因がはっきりしました。
だから、今朝のスポーツクラブでは、プールに直行せず器具のある一階に行ってイカツイ器具に座りサルコペニア改善訓練をしました。これをやったからといって、そうそうに老いを退治できることはありません。せめてもの抵抗です。
posted by akino at 00:16| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

NO...5485

定年後に、羨ましいような過ごし方をしている人を探すのは難しいようです。ことに男性は、現役時代を引きづりながらの老後になっている人が多いと感じます。(現役時代の会社の人との会合・ゴルフ・食事会など)
ところがわたしの知人に、切り替えを鮮やかにやってのけた方が2人います。(1人は過日ここに紹介した写真家)
「現役時代のお仕事は何だったのですか? 」聞きたくなるほどのチェンジぶり。
S氏夫妻が、久しぶりに軽井沢から戻って夕飯をいっしょにと言われ伺うと、壁にある絵のほとんどが新しい作品に架け替えられています。そして画室には描きかけの絵があり、画面から紅葉が溢れるほど。
「いつから絵を〜」そう聞くわたしに「定年になってから、始めたんですよ」と。それが今ではお弟子さんを持ち、年数回の展覧会を軽井沢と横浜でされるまでになっているーー見事なものです。
posted by akino at 00:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

NO...5484

昼のニュースで、はやぶさ2が、ついにりゅうぐうを飛び立って帰還の途についたとありました。
さっそく記者会見画面を検索。一連の観測結果は予想以上の成果を持って帰還できるようです。
はやぶさ2は、昨年6月27日にりゅうぐうに到着し、1年5カ月も滞在して、2度も着陸・資料採取(タッチダウン)に成功したほか、小型探査ロボットの投下、衝突装置(インパクター)による人工クレーターの作成など数々の世界初となる成果を挙げています。クレーターを作る時の慎重な方法(着地に失敗しないよう、まわりの石の大きさの一つ一つまで調べた)など観ていてこちらまで手に汗を握りました。
津田さんは会見で「こんなに難しい環境だというのは想定外だったが、想定をはるかに超えた成果も得られた。大変うれしい」と語り、「素晴らしい、憎らしい、感激、そして今はりゅうぐうを離れる寂しさを感じている」と語りました。
りゅうぐうとのお別れ観測日を5日間もとって、惜しむようです。
posted by akino at 00:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

NO,,,5483

「セントラルスポーツ」へ通うのに今週からシニアカーを使っています。できたらシニアカーを使いたくなかった理由は、充電するのに、エレペーターで自分の部屋まで持ち上げなければならないから。エレペーターの入り口を通る時、横幅のゆとりがそれぞれ10センチしかありません。でも慎重にやればなんとかなるーーこう結論付けて、これで通うことにしました。
行き出してみると、一回が往復4.6qですから、週一の充電で間に合いそうです。それに公園の進入禁止の柵を通り抜けるのも、慎重にやれば大丈夫。
上の2つのことをクリアーすると、後は腰掛けていれば目的地まで行くーーこれは自家用車と同じです。ただし時速6キロですから片道30分近くはかかりますが〜。
もう1つ乗るのをためらったのは、限りなく年寄りに見えること。文字どうりシニアのカーですからね。
充分年取っているのに「若く見えますねえ」なんて言われニンマリしている自分に「そんなお世辞を喜ぶな」と、諦めさせました。
posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

NO...5482

モノレールで4つ目の駅に、モダンな建物に大型スーパー、地元の野菜を売る店・地元で獲れる魚屋などが開店。なかなか賑わいを見せています。
ここの特徴は、退職した夫がいっしょに買い物に行っているように思えることです。「噂の大型スーパーができたのなら、ぜひ一緒に見に行こう」そう考えてのお供なのでしょう。
86歳のばあちゃんは観察します。「どれどれどんな会話を楽しみながらの買い物かな」。
あれあれ、ちょっと違うなぁ〜。奥さんが命令調の会話です。それはそうでしょう。長年、買い物は自分の守備範囲なのですから「いかに安く上手な買い物を」頭はここを離れないはず。
ところがです。レジの列に並んだ手押車(ここの手押車はカゴが2個置けるよう横向き)の中は、みんなしっかり予算オーバーしているようなてんこ盛り。
やはり、売る方は商売が上手いなぁ〜。雰囲気で節約経済を忘れさせるように仕組むのだから〜。
わたしですか? 帰りの自転車は空き箱をもらって後ろにくくりつけ、前のカゴにも荷物。これ独りで食べる? となりました。

posted by akino at 01:35| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

NO...5481

土曜ドラマ「少年寅次郎」全5回の4回までを観ました。原作が山田洋次監督だけあって、物語の作り方の厚みが違います。大切な部分の作品作りに出る小道具が実に見事だと納得しながら観ています。
例えば、舞台は下町の団子屋ですが、その店の前に女の人が生まれたばかりの赤ちゃんを置いていきます。これが山田監督の名作品「寅さん」の少年時代になります。
おかみさんが良い人だったことで救われます。やがて自分の長男は病気で亡くなるーー寅次郎とさくらが兄妹として育っていく。寅次郎はここの旦那がよその女の人に産ませた子なのです。
それを寅ちゃんも女将さんも知ることになります。
おかみさんがしっかり者でしかもやさしい。どこかで見た女優ですが、思い出せません。散々考えた末に、松本(主に安曇野)を舞台にしたNHK連続テレビ小説「おひさま」に出演した井上真帆さんだと思い出しました。
posted by akino at 00:39| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする