2018年04月10日

xNO...4897 二人作りしわが山斎は 11-5

    5
  帰京したとき、芳乃を吉祥寺のちょっと高級なレストランに誘った。こんなことは初めてなので、芳乃はクリーム色のブラウスに着がえおしゃれをしている。
「ここは高いでしょう。もったいないわねえ、でもいっか、たまには……」
 主婦感覚を言葉にしながらご機嫌だった。
 フォークやナイフのにぶい輝きと重さを楽しむように食事を終えた芳乃は、残っているスパークリングワインを手にしてゆっくりグラスを回し少しずつ口に含む。
「実はあらためて話したいことがあってなあ……」
「こんなところに連れて来てくれたもの。当然そんな事だとは思っています。何なの。どんなこと……」
 グラスを見つめたまま聞き返す。
 京三は間をじっくりと置いてから、話し出した。
「ちょっと困ったことが起きてな」
「何、何よ。どんなことでも驚かないわよ」
「うん、実はオレを好きだと言っている女の子がいる」
「なあんだ、そんなこと。いいじゃない。心ウキウキでしょ」
「そんなじゃないんだ」
「どうしたの。あなたらしくないわね。はっきり言ってよ」
「深い関係になっている」
「………」
「どうにもならない」
「――」
 芳乃の息は一瞬止まり、体をフリーズさせた。
 それから声をたてて泣きだす。京三はまわりを気にして困惑してしまう。
 芳乃は席を立って、足早に表へ行ったきりもどって来なかった。
 しばらくして、京三も外へ出る。どうしたものかと迷いながら、井の頭公園の暗がりをさまよい歩いた。このまま逃げるわけにもいかない。そう考えて、夜更けに家に帰った。
 ソファーの上に足を投げ出し惚けたようになっていた芳乃は、京三を見るなり立ちあがって、つかつかと近寄ったと思うと、京三の頬を平手打ちにした。きつかった。飛んだ眼鏡を拾いながら、京三は、ことの重大さを始めて感じ、畏れを持った。
 芳乃は、泣き腫らした目を他人のようにして、
「わたしは絶対に赦さないから、絶対に赦さないから……」と繰り返してから、布団を抱えて隣りの部屋へ行ったきり出てこなかった。

(あのころのオレは、少し時間をもらえば、家に帰れる自信が残っていたように思う。帰れなくなったのは、芳乃の嫉妬に閉口したからである)
 一か月に一度帰宅すると、芳乃は待っていたように愚痴を連発する。うるさいから、いい加減に相槌を打っていると、ヒステリー状態になった。
「こんなことぐらいで、文句を言うな。男だったら一度や二度は誰にだってあることだ」
 威圧的になってみたが、相手は負けていなかった。こんな理不尽なことはないと言いたてる。
「わたしは一にも二にも、あなたが良かれと思うことに、ついてきました。あなたの夢がわたしの夢だと思っていたから。それなのに、わたしが一番嫌がることをするなんて、ひどいじゃないですか……」
「…………」
「あなただって、家庭をきちんと守るべきです。そうしなかったら、みんなバラバラになるわ。たいがいの夫婦は二人で仲良く歳とっていくのに、今ごろになって……。ひどいわ。このままでは、ほんとうに家庭がこわれますよ」と詰め寄る。
「そんなふうに理詰めで言うな。逃げ場がなくなる」
「簡単じゃないの。相手の人と別れさえすれば済むだけのことです」
 
 芳乃は娘に話した。オレは子どもにだけは知られたくなかった。だが知ってしまった加奈は女性だけに母親の味方をして口うるさくいろいろと言った。言っただけではない。会社の由紀子へ電話をして仙台まで出かけ、父と別れてくれと口出しをする始末。問題は複雑に絡み出した。
 そのころから、オレは東京の家へはまったく帰らなくなった。
posted by akino at 00:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

NO...4896 二人作りしわが山斎は 11-4

     4
 由紀子との事の起こりは忘年会の時であった。くじ引きで決まった席について何気なく隣を見た。襟がひろめに開いた水色のブラウスに、ネックレスの金色が細く光り、首の白さがこぼれるような美女がいる。信じられないことだが、ふと地底から突きあげるような衝動にかられた。
 ――触れてみたい。
 そんな自分に辟易しながら平静を装って声をかける。話してみると気取りがなく、なかなかたのしい。照れるような気持ちを押し隠すために、大げさにおしぼりをひろげて顔をぬぐった。同じ営業部にいるのに、どうして今まで気づかなかったのかと不思議に思う。
 会が終わったとき、同じ方向に帰るという由紀子にコーヒーでもどうかと誘うと、「いいですわねえ」とピンク色に染まった顔を親しげにした。
 そのとき家庭のことで悩んでいると、相談を受けたのである。
 夫と娘、それに義母の四人家族だと前置きしてから、
「夫は週末をほとんど女の人のところで過ごすんです。義母は放っておけば男の浮気なんて、目が覚めるから騒ぐなと言うんですが、わたしには耐えられません……。それに、子どもは五年生になるので、うすうす勘づいています。週末になると夫が帰宅するまでは地獄のよう。どうしたらよいでしょうか。考えると気が狂いそうになります」
 額にかかる長い髪を、細い指でかきあげながら嘆く由紀子を見ていると、何とか慰めてやりたくなった。
 この晩をきっかけに由紀子と、ちょくちょく飲みに行くようになる。

 ある晩のこと、牛タン料理の店で食事をしているとき、オレtが腹痛を起こした。トイレに行ってもおさまらないので、タクシーで帰宅しようと外に出た。由紀子は表通りまで走ってタクシーをつかまえてくれる。乗ろうとすると、心配だからついていきますと言う。一人で帰れるからと断ったつもりだが、乗り込んで来た。
 そんなことがあってから、由紀子は、単身赴任は殺風景でしょうと、ちょくちょく京三のマンションに来て料理をつくってくれるようになる。外で飲むより落ち着くのでオレもそんな時間が持てるのを楽しみにした。それに外で誰かに見られて噂になるのを恐れたのは事実である。
「部長さんのところは居心地がいいわ。だってお父さんの傍にいる気がするんですもの」
 幼い時に父を亡くした話をしながら、由紀子はゆったりとソファーにやわらかな体を預けた。
 そのしぐさを眺めているオレはいつの間にか異なる次元に迷い込んでしまう。

 ーー雨月物語――白と黒ばかりで色がない世界。

 靄っている空気はひろがりを見せ、つかみどころのない場所へと足を滑らせた。靄に見え隠れする京マチ子が、あやしげな薄手の布をまとって舞いながらすべるように動く。白濁したなかを、妖体を求めて狂いだす森雅之。追って追って、追ってようやく捕まえたと思うと、絹の感触はするりと、ようやくつかんだ手のひらを滑り落ちていく。離してなるものか。オレは激しく求めながら追いかける。靄は立ちこめ、何もみえない――と、とつぜん白い顔が大写しになり、すぐに遠のいてしまった。待てえ、待てえ――気がつくとオレの腕の中には、はじけるような物体が荒い息をしていた。抱きしめる。何もかもすべすべ、すべすべ……。軟体動物は法則のない動きをみせて、くねくね、くねくね……。
 ついに魔殿の内側にはいってしまう。風が吹いて後ろの戸がギィーと音をたてて閉まった。あわてて戸の傍へ行き、引っ張るが、戸はビクともしなくなっていた。
 絶え絶えに息をしている由紀子に、京三は口走る。
「由紀子、もう離さない、離せない」
「……」
「……」
「家に帰るのは、いやっ」
 由紀子の鼻にかかる声で現実に戻った京三は、かろうじて世間の常識を残していた。
「けじめだけは大事にしなければ……」
 言ってはみたものの、もはや言葉に迫力はなかった。
 平穏無事のサラリーマン生活に起こったできごとは、たちまちのうちに竜巻となり、京三を席捲していくことになる。

 ときどきの外泊に、由紀子の夫は何も言わないらしい。由紀子に言わせると相手は離婚したがっているのだから、幸いぐらいに思っているはずだと。
 家に帰らない母親を、帰宅したとき娘は冷たい目で見る。義母もいい加減な両親に、かわいい孫は任せられないと言い始めた。そして自分が責任を持って育てるからと言い張るようになる。娘もお婆ちゃんと暮らしたいと希望した。由紀子の家庭は崩壊する。
 ついに離婚して、荷物をまとめ京三のマンションに引っ越して来た。
「これは……困る。どこかへ部屋を借りてやるから……」
 困惑したが、
「前もって言えば、きっとそう言うに決まっていると思ったわ。だから無言実行……」
 由紀子は京三が許すと判断しての行動らしい。
 結局、荷物は運び込まれた。
 こうなっては、京三も考えざるを得ない。あと少しで定年を迎える。こんなに複雑な事情が絡みあってくると、世間的な風評を気にするより、自分の人生に素直になってみよう。芳乃に話せば案外、どうせ単身赴任中だけのこと、多少のことはいいわよ。と理解してくれるにちがいない――虫のいい考え方をした。
posted by akino at 00:28| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

NO...4895 二人作りしわが山斎は11-3

      3
 食事を済ませると、茶のみ茶碗を手に居間に戻り、また牡丹を眺める。
 テーブルに眼鏡が二つあるのは、遠近両用は落ち着かないので、在宅の時は用途別にしているためである。
 そう言えば、宇佐美と呑んだ時、彼と眼鏡の話をしたことを思い出す。
「近ごろは本を読むのも億劫になって困ったものだよ」
 と言うから、
「高校時代には二、〇だと威張っていたぞ」
 冷やかすと、そんな時もあったなあと懐かしがった。
「つい最近、眼鏡をつくりなおしたのだがね、縁なしにすると若く見られますよ、そう店員がすすめるので、中身まで若くなるような眼鏡はないかねと言ってやったら、それわぁーと、顔を赤くしていたよ」
 煮魚に箸をつけ身をほぐし口に持っていってから、
「どうだ。若返っただろう。これで恋のひとつもできるというものだ」
 身を乗り出すように、顔を突き出しおどけてみせた。
「宇佐美、実はオレ、その恋をしている――」
 拍子で思わず口を滑らせた。
「ーーーー」
 相手はまさかという顔をする。
「ほんとだ」
 真顔になった。
「こいつめ、うまいことしているなあ〜。でもなあ、深みにはまるなよ。深みにはまって苦労しているやつをオレは知っている」
 手を伸ばして、盃を満たしてくれながら宇佐美はしんみりとした。
「女ができるのは、みんな理解するさ。だが家庭を壊すと、世間的な信用を落とすからな。ほどほどにしておけ。お前には、あんなに甲斐性のある芳乃女史がいるんだからな」
 心配してくれる友に感謝しながら、
「その通りだ。まあ百戦錬磨、仕事で鍛えられている。このくらいのことは、だいじょうぶだ」
 虚勢をはったつもりはない。自信があった。
posted by akino at 00:05| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

NO...4894 二人作りしわが山斎は11-2

    2
 はじめて芳乃の実家へ行ったとき、庭に牡丹が咲いている奥座敷に通された。古い大きな牡丹の株に大輪の花が咲いて貫禄があった。まわりを若葉の生垣にかこまれていたから、余計に鮮やかに感じたのだろう。そのときから、この花が好きになった。だから井の頭公園近くに家を建てたとき、真っ先に玄関脇に牡丹の木を植えようと提案して芳乃を喜ばせた。
 あの木に花は咲いたろうか。

「妹として二人作りしわが山斎(しま)は木高く繁くなりにけるかも」
 牡丹を植えた後に、水をやりながら芳乃が歌うような声を出して、
「万葉集の歌なんか、急に、思い出しちゃった。国文の国谷先生の十八番だったわよね」
「妹として……か」
「そう、妹として」
 芳乃は溌剌としていた。
 2人目の子が生まれたころ会社の福利厚生で持家制度というのができた。京三は自分の家を持ちたいと言いだし、日曜日に近所を散歩するときは、どのスタイルの家が好きか、とおたがいを主張した。三十代で家をもつのは、収入も少ないときでたいへんだったが、芳乃は買い物を工夫し、倹約をして頑張ってくれた。
 引っ越した夜、二階の物干しから二人で星空を眺めたとき、
「自分たちの家が持てたなんて夢のようね」
 そう言って顔を空に向けたまま、芳乃はオレの腕に手をからめた。そんなことを昨日のことのように憶えている。
 芳乃は高校時代のクラスメートだった。何となくウマがあって、大学を卒業して半年目に結婚した。二人の間には一郎と加那という二人の子がいるが、それぞれ世帯を持っている。一郎はドイツ人の妻と共にフランクフルトで開業医をし、加那は繊維会社勤務の夫と大阪で暮らしている。孫は一郎のところに一人、加那に二人いる。芳乃とは連絡が密なようだが、オレのところにはさっぱりである。
 近ごろになって、歳のせいか子どもに無性に会いたくなるときがある。だが、由紀子の前で口にできることではない。
 単身赴任をきっかけに、ひょんなことから同じ職場の由紀子と関係をもつようになり、家庭を捨てるという潔い決断をした。
 あれから十六年、未だ、どこか仮宿のようで、人生の忘れ物をしたような、もの足りなさを感じている京三である。
 
「パパ、雨が来なければ良いわね。何だか天気予報は、夕方から雨と言ったわよ」
 パパと呼ぶのは、いっしょに住みだしたころ、歳が十五も離れているせいで甘えた言い方をした。それがそのままつづいて、今は子ども代わりの犬のパパというつもりらしいが、パパと呼ばれることで、家庭らしさを感じている。
「雨か。そいつは困った。傘でもさしてやらなければ……」
 牡丹はつぼみ二輪のうち一輪が開きかけている。せっかくの花がこのまま朽ちては、いかにも惜しい。対策をうたねばと、物置の戸を開けて古いビニール傘をさがす。
 傘を取り出したとき、味噌汁の匂いが流れてきたので家に入り、居間から再度庭を眺める。ことしはオレンジ色がつよいような気がする。去年はピンク色がもっと濃かったから、肥料の関係だろうか。去年黒土を大量に入れたのが効を奏したのだと結論づけて、もういちど満足げに眺めた。
 ダイニングに行くと、朝食のテーブルに置かれたどんぶりのぬか漬けがとびきり良い色で食欲をそそる。朝から食欲があるうちは、オレも元気でいられるなと箸をとり、茄子の紫を一切れ口にした。
posted by akino at 00:02| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

NO...4893 小説・二人作りしわが山斎は 11-1

(この作品は週刊読書人、白川正芳氏によって取り上げられました。)

         二人作りしわが山斎(しま)は

          1
 朝刊をざっと読み終えた京三は、眼鏡をはずして「また度が進んだようだ」と目頭を押さえながら、卓上にある別の眼鏡に掛け替えて、ゆっくりと庭に目をやった。
 おっ、ついに咲いたか……笑壺に入る。
「由紀子、牡丹が咲いたぞ」
 台所に向って声を大きくした。
「ええっ、どうしたのですか……」
 顔をのぞかせた由紀子は、長めの髪にローズ色のエプロンドレスがよく似合っている。
「牡丹が咲いたよ」
「そうですかぁ、あらチロちゃんおはよう。ごきげんね」
 笑みをこぼしながら話しかけるが、それと察した犬はもう京三の傍から起き上がり、尾をふって由紀子に近づいている。
「お腹空いたの。もうちょっと待ってね。みんなといっしょにご飯よ。いい子ちゃんね」
「どうだ、見てごらん。いい色じゃないか」
「あら、ホント」
 犬の方を向いたまま空返事をする。
「なに、チロちゃんだっこなの。甘えんぼねえ」
 小型犬は、造作なく抱き上げられたが、京三がテーブルに手をついて座椅子の背を握り立ち上がろうとすると、今度は床に下りたがった。そして京三を見上げたと思うと、もう廊下へかけて行く。
 ガラス戸の前で待つのは、京三が庭に出るのを知っているからだ。戸をあけると犬はすばやく庭に下りた。
「チロちゃん、芝生にオシッコはだめよ…。あら、きれいねえ」
 言葉の終わりをオクターブ高くしたのは、牡丹を見たからである。
「植え替えたせいか、今年は花が小さいな。でも生きていてくれたよ。ありがたいことだ」
 花が咲いたというほんのちょっとしたことが、これほど大袈裟に思えるのは、変化の少ない生活だからとも言える。
 作務衣の裾が露にぬれるのを気にしながら花壇に入り、牡丹の花に顔を近づけた。
 馥郁……ありきたりな表現しかできないのは不満だが、やはり牡丹は百花の王、西洋の花などとは断然違う。 
 眺めるうちに、ふと、芳乃の実家の中庭で見た牡丹を思い出し、胸の奥にかすかな痛みを感じた。
posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

NO...4892

「嫌われる勇気」(心理学者・アドラーについて)哲学者・岸見一郎氏と古賀史健氏が対話している本です。
ここで面白いことを言ってます。「すべての悩みは対人関係」だと。友人・夫・子・舅・姑・嫁・言われてみればたしかにそうです。こんなこだわりから脱却するだけで気持ちが自由になるはずと思いませんか。小題だけを書き抜いても言ってることがわかってくる感じがします。そこで小題をいくつか選んで下記に。
【お前の顔を気にしているのはお前だけ・「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない・劣等感は主観的な思い込み・自慢する人は劣等感を感じている・人生は他者との競争ではない・対人関係の悩みを一気に解消する方法・人生とは連続する刹那である】
要は自分の考え方一つで「生き方は変えられるよ」と言っているように感じました。そして「過去」ばかりにとらわれないで「先の生き方」に知恵を持って当たれと道案内をしています。
posted by akino at 00:02| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

NO...4891

午後の散歩、サクラのトンネルを潜るようなサッカー場の横で、60代の女性と会いました。サクラが引き合わせてくれたようで、偶然、話が「おらおらでひとりいぐも」に及び、趣味は書くことだと。どんなものを書いているのですかと問うわたしに新聞投稿を楽しんでいる話をしてくれました。自分が投稿したものが新聞に載ると得も言われぬ喜びを感じるので、ついつい夢中になると言います。書くという共通の趣味で盛り上がった楽しいひと時でした。
翌々日のこと「ここでお会いしたから、また通られるのでは〜」と1時間以上も待っていたと喜んでくれました。そして今日は3度目、後ろから声を掛けられました。新聞の切り抜きを持ってきたから読んでくれと言います。新聞投稿の記事には女性の細やかさと安らぎが感じられ、とても良い文章でした。Mさんと電話番号を交換しました。
posted by akino at 01:26| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

NO...4890

曽野綾子さんの「幸福のお返し」というコラムを読みました。
日本は世界一の水準を保つ日常性に恵まれていると言い、国家としての経営に成功していると。【ーー納得です。】
そして多くの高齢者が穏やかに老後を生かさせてもらっている。でも、その老後世代にもやるべき義務があるのではないか。【ーーうーむ、なるほど。】
人は自分が幸福になることを求めてよいが、多くの欲を「かき込む」と、後でお伽噺の戒めのように大きなツケが回ってくる。【゜ーー心しなければ。】
きれいに自分の生活の後始末をして死ぬ。そして次世代のためにできることはないかと考える姿勢が大切。【ーーわたしも85歳になるのでこれは考えています。】
曽野さんは健康診断もしない、大概のことはほったらかしているうちに治ると思っているところがわたしと似ていました。
posted by akino at 00:03| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

NO...4889

朝のニュースから。
アムステルダム駅ホールに備え付けられたピアノ。上方からのカメラは、グランドピアノを写し、ピアノを置いてある場所のタイルをサークル形に目立たせています。つまりピアノを置くことを考えて床の準備をしたようで、なんと粋な企画をする国でしょうか。
ピアノの弾き手は、ここを通る人たち。誰でも自由に弾くことができます。夕方帰宅しようと通る人、旅行者、ウクライナから来た女性の歌声に合わせた伴奏をする若者はピアノの前で会ったばかりでした。
わたしは1度流産しました。そのときの悲しかったこと、落ち込んだ自分の気持ちを引きあげたいと上の子をおんぶしながらピアノを習いました。だからソナチネ・乙女の祈り・別れの曲など弾けたのに、今はすっかり忘れました。その子が生きていたら5人の子持ちのはず。わたしは弟を亡くして一人ぼっちなので、子たちに兄弟を大勢にしてやりたいと考えていました。
posted by akino at 03:28| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

NO...4888

V氏がご案内くださった生涯現役かなざわ会主催の「門口泰宣・ダジャレは文化である」を聞きに地区センターへ。
門口氏は一日中ダジャレのヒントを考えていのるのではと思うほど豊かな内容でした。とにかく身の回りにあるもの・起こるニュースや事件を全て材料として使っているのです。まあ熱心なこと、それが笑いを誘いました。
⚫️豪雨に排水の陣 ⚫️渡る世間は重荷ばかり ⚫️家賃が安くて官舎感激
こんな感じの言葉遊びの他に、替え歌というのがあり、人気歌手の歌を面白く替え歌にするので、笑いは女性の声が殊に大きく会場に響きました。
わたしは外国人のつかうようなウイットに富んだものかと思いましたがちょっと違いました。チャーチルは、これが大変うまかったようです。
イーナが気になり、終わると一番先に出口へ駆けたので、V氏にはお会いできませんでした。期待したxxさんガッカリさせましたねえ。)^o^(
posted by akino at 00:08| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする