2016年04月30日

No,,,4177

スイスで「アイスレジェンド2016」をやり、日本からは高橋大輔さんと浅田真央さんが出演しました。久しぶりの高橋さんは、番組中のインタビューで「引退後、何をして良い分からなくなってNYへ行った」と。そして「自分にはスケートがあると思い直した」とも言いました。「目立ちたい」と素直な気持ちを言葉にしました。若いときに人気のあった日々、それは簡単に忘れられるものではないはず。これは真央さんにも言え、だから2年の休暇ののちに現役に戻ったのでしょう。
しかし、体力の衰えは非情です。どこかでそれに気づき耐えていくしかないのです。
普通人にも退職があり、子どもが離れて行く時期を経験し、晩年が来ます。
そんな問題を2人が時間を縮めて見せてくれました。普通人は、これが長いスパンでジワジワとやってくる。どんなに心の準備をしても落日は落日。誰もが味わう寂しさーーそんなことをテレビを観ながら考えました。
posted by akino at 05:03| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

NO...4176

マンションから、雨が止んだかどうかをチェックするのはなかなか難しい。ベランダに出て手を差し出してチェックしたり、道を歩く人が傘をさしているかどうかで判断します。
朝からずっと雨の昨日は、犬を連れ出すのにレインコートを着せなければなりませんでした。わたしがこれを手に持つのを見ただけでイーナは逃げます。歩きにくいから着たくないと言ってるのですが、無理にでも着せないと帰ってからびしょ濡れになった毛を拭くのが大変。
最後は観念して着ます。ついでにわたしもレインコートを着、帽子をかぶって傘は持たないで出かけました。公園の中の草に水が付いているので、舗装された部分だけを歩くように綱を引っ張りますから、いつもの散歩より力が要ります。それでもイーナは嬉しそうなので、連れ出さないわけには行きません。
posted by akino at 05:05| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

NO,,,4175

わたしは目の先に片付けなければならないことがあると、落ち着かなくなります。少しでも早く仕事を終わらせてスッキリしたい性格なのです。
引越しのときもダンボールが家の中から消えないと落ち着かないので、大忙しでダンボールを3日で片付けました。
今日はこれと同じようにスッキリした気分です。わけは、古い家の決済でお金が口座へ入ったので、これを支払わなければならないところへそれぞれ送金するよう銀行へ行って、せっぺせっぺと送金用紙に書き込んで送りました。子どもたちにも分け、残りを定期預金にして「おれおれ詐欺」に引っかからない工夫もしたつもりです。
夕方、古い家の方へ散歩しました。フェンスが壊され、窓ガラスも撤去されて解体が始まっていました。

posted by akino at 05:22| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

NO...4174

Eテレ「100分で名著」の司馬遼太郎を観ていて、この人の考え方の厚みを知りました。こうなると、もっとこの人について知りたくなります。そこで船だまりにある地区センターの図書室へ行って本を借りてこようと思いました。ここで「風塵抄」いうエッセーを見つました。題名を風塵としたのは、作者のこんな考え方によります。
『風塵の中にあっての恒心について書こうとしている。恒とは、いうまでもなく、つね、あるいはかわらぬもの、ということで、恒心とはすなおで不動のものという意味である。ひとびとに恒心がなければ、、社会は崩れる』
江戸の末期を書き、明治を考えた作者が昭和については書かなかったーーそれは昭和は最初から軍部の台頭によって間違った方向へ歴史を向け、戦争を勃発させ、敗戦という痛々しい決着を見せたーーそのことに因ると思います。
  
posted by akino at 05:35| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

nO...4173

Eテレ水曜日の夜で「発酵学」が始まり今週で3回目ですが、2回目は「納豆」でした。わたしは納豆の力を大事にしていて、なるべく食べる努力をしています。
何しろ薬で言ったら、万能薬ほどの魅力を持つ食品ですから。ここで乾燥納豆の作り方を教えました。分量納豆1バック、上新粉20g、これを混ぜてチンで6分半ーーこれだけです。念のため検索すると片栗粉でも良いと書いてあります。
さっそく実行。納豆8パック、それに片栗粉を入れましたがネバネバが邪魔して混ざりません。仕方なく片栗粉を下に敷いて箸で伸ばしました。外に干すとついでにビタミンDも摂れると書いてあるので、陽の差すのを待って干すことにしましたが、鳥が来ると困るので自分が気をつけていられる間だけ外に出しました。
夕方、触ってみるとイマイチです。そこで気の短いわたしは、チンで5分。何とか出来上がって1粒の大きさは小豆ほどに縮まりました。(チンの後は家中納豆の臭いがすごくなります)
posted by akino at 05:11| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

NO,,,4172

日曜日は、団地自治会の総会でした。今年の役員になったわたしは何か手伝うことがあるかと30分早く行ったのですが、もうすっかり準備ができていました。
副会長K氏は、老齢の日々を町内の仕事に情熱を燃やしているようで「ほとんどの日、集会所に出勤している感じよ。だから奥さんはきっと楽よね」こっそり教えてくれた人がいました。会長と副会長は毎年同じ人が役を手放さないと言い、お陰で要領よく会議が進みます。
子どものことに力を入れていることが分かり、なかなか良いなと思いました。行事は夏祭りやクリスマス会などです。
わたしはヨタヨタおばあさんが役員になっていると同情されないよう、意識して動作をキビキビ。終わった後のイスの片付けも率先してやりました。「年寄りの冷や水」笑っちゃいますね。
posted by akino at 05:03| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

NO...4171

本屋大賞をとっている和田竜著「村上海賊の娘」は上下各500ページほどの力作。こんな本をどんな文士が書くのかと知りたくなって調べると、1969年大阪生まれの若い人で、早稲田の政経学部出身。この人が何と80冊近い文献を参考に組み立てた大作です。
村上海賊は戦乱の世の中で瀬戸内海を縦横無尽に牛耳るほどの力を持った軍団。そのことを、今まで聞いたこともない古い珍しい資料を酷使して書きまくっている才能はとにかくすごい。
ところがわたしは、この本を「上」を読み終えた段階で苦痛になっています。ストーリーに浸っていると、参考資料の出どころの説明が文中に頻繁に顔を出すので、落ち着いて読めないのです。やっとやっと「上」を読み終えたのですが、「下」を最後まで読む根気はあるかどうか? 途中斜め読みになってしまう恐れありです。本の返却日は5月7日。
posted by akino at 05:06| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

NO...4170

人と待ち合わせするために川崎で乗り換えて2つ目の駅へ。
早く着き過ぎたので駅横にあるドトール珈琲店へ入りました。ここで表に向かって座り、街行く人を観察。雰囲気は下町、年齢もいろいろ。若いカップルは手をつないで幸せそうが2組。ところが、それがママになると、自転車やベビーカーに子どもを乗せ、生活に頑張っているというか草臥れているというか。おばあさんは車のついた買い物カゴにつかまってやっとやっと歩いています。
珈琲店の人がお盆にミニカップを5個のせて表へ出ました。道行く人に「いかがですか」と声を掛けますが、みんな避けるように通ります。飲んだのはサラリーマン風年寄り。次は若いカップルそれぞれもらったのに、相手のカップのも交換して飲んでいました。
その後、店員は表に出してある朝食宣伝の垂れ幕を下ろし、特別なバーガー・ミラノ風か何かの宣伝に変えました。
ここで店を出ると、待ち合わせの相棒は来ていました。慎重な人なので、だいぶ駅に立って待ったようでした。待ち合わせた相手ですか? はい、男の人です。さて誰でしょう。うふふ。
posted by akino at 03:35| Comment(10) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

NO...4169

ボク、イーナだよ。
「イーナ、花を満喫している? 」そう聞かれても「ちょっと違うんだなあ。ボクはワンコのオシッコの匂い嗅ぎが何よりの楽しみなんだ。だからあっちの草むら、こっちの電柱、そして石の角の匂い嗅ぎだよ」
バアちゃんは友だちいっぱいいるのに、ボクは友だちを想像するだけ。だってね。公園でいろいろな犬に会うけれど、飼い主にさっさと紐を引っ張られて行ってしまうから、一緒に遊ぶなんてないよ。仕方ないからバアちゃんが友だち代わりさ。でもパソコンやってる時は,ボク我慢しているよ。終わってテレビを見だした時がチャンス。そばに行って前足でバアちゃんのところをカイカイって引っ掻くんだよ。「うん、何? 抱っこ? 」って言いながら抱っこしてくれる。そして必ずボクの毛に櫛を入れるんだ。気持ちいいよ。
バアちゃんはパソコンたくさんやるから、頭の良い人かと思っていたけれど、どうやらスパィダーソリティァっていうゲームばっかりらしいよ。それじゃ頭はよくならないよ。ね。
posted by akino at 05:06| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

No...4168

ブログに写真を載せない主義のわたしは、まわりの春爛漫をどのように描こうかと迷います。ソメイヨシノとヤマザクラが終わった後に、桜に負けない豪華な春を演出し始めたのはツツジの色と種類と量。赤だけでも10種類はあるでしょう。それにピンク、白などがそれぞれを主張するのですから賑やかです。
サッカー場は手入れの行き届いた緑を広〜く見せ、その向こうに八重桜。団地の中のダッグウッド(ハナミズキ)も背の高さを自慢するように白とピンクを上向きに咲かせています。
ケヤキの芽吹きが日に日に目立ち、柳はずっと前から開いていたよ言わんばかりに緑を濃くしています。
わたしのベランダのモッコウバラも満開、マーガレットもゼラニュームも競うように咲いています。
やはり春は生命力が溢れる季節。それに負けないようにと歩幅を広くしながら早足に散歩するわたしです。
posted by akino at 05:12| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

NO...4167

楊逸(ヤン・イー)さんが来日したときは、日本語が全然わからなかったそうです。それが芥川賞をとるほどの作品を物にしたのですから、ぜひ読みたいと思っていました。「時が滲む朝」です。
父は新中国建設後まもなく北京大学に入った優秀な学生だったが「資本家や地主だからと行って悪い人だと決めつけるのは弁証法に矛盾する」たったこれだれの言葉で下放され、苦難の道を歩くことになります。息子の浩遠も秦漢大学の優秀な学生だったのに、天安門事件のころ、理想に燃えて学生運動をしたために退学させられるーー国を良くしようとした結果はその後の人生を辛いものにしたのです。
作者は、中国で育っているために、そのころの国の中がどんなだったかを内部から描いて「そうだったのか」と新ためて感じる作品でした。
posted by akino at 05:05| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

NO...4166

熊本の地震がついに大小合わせて580回を超えました。信じられない自然の脅威です。
普通の地震なら、数回で終わり「怖かった、だけど終わった」そんな感じになるのに、これでは終わりがどこにあるのかが分かりません。実際に現地で避難したり家が壊れたりした人たちはどんな気持ちかと、私たちも辛いです。
赤ちゃんが救出された時は、足をカヤカヤと動かすのがテレビに映って思わず「よかった」と胸をなでおろしました。その後、橋は壊れ、道路もあちこちズタズタ、お城も神社もいとも簡単に潰れてしまう。そして山崩れもあり、家は最初の地震で何とか持ちこたえたのに数回揺れるうちに無残に潰れる。人々は昨日まで「Home」をつくって、平穏な暮らしをしていたのです。これからの復興を考えると、気が気ではないですが、日本中が助けたいと物資をどんどん運び込むーー政府もよくやるなあと思うし、民間の好意も身にしみます。混乱で必要な人たちにいまひとつ届かないもどかしさはあっても、私は日本と日本人の力を見て涙ぐみたくなります。
posted by akino at 05:20| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

NO...4165

Eテレが「SWITCHインタビュー達人達」で2週にわたって、山中伸弥教授と渡辺謙氏の対談を放映しました。
最初は山中教授の京大の仕事場へ。
2人とも辞めたいと思ったことがあったと告白。教授は35,6歳のころ、仕事に詰まって、母親にその話をすると「父さんが夢枕に立って、辞めないように伸弥に伝えてと言っていたよ」と。それを聞いたお陰で現在があるそうです。
渡辺氏は31歳の時に白血病を発病、そして数年のちに再発、これらを乗り越えて40歳でアメリカへ。苦労たるや大変なものだったと頷けます。ましてや英語というハンディがあるーーそんな中で、どこへ行っても自分で料理、おにぎりを持って仕事場へ行っていると。
最後はブロードウェイへ渡辺氏の「王様と私」を観に行く教授。2人はこの期間に、すつかり打ち解けた友になったように見受けられました。
posted by akino at 05:15| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

No...4164

お墓に行った帰りに食べたのは天丼。天ぷらを仏壇に供えても、最後はわたしが食べることになるーーだから「供える」を飛ばして食べたのです。合理的でしょ。(^O^)
「tenpra tendon tenya」と店内に書いてあり、どうやら本店は浅草のようです。狭い店に人が多く入っています。
隣に来た夫人、ブツブツ言いながらカウンターに敷物付きで犬を置きました。思わず「かわいいですねえ」と声をかけます。
「今日は暖かくて気分が良いから連れ出してやったの」耳が遠くなったかと自分を疑いながら、もう一度きなおしました。身丈10センチほど、洋服と帽子をかぶっています。
驚きました。何と父上がフィレンツェで持っていて、それがアメリカに渡り、今は日本のおばちゃん家に来て30年も経つという年代物らしいのです。夜寝る時も一緒だそうですが、ぬいぐるみだとは本人が思っていない証拠に、わたしが手を伸ばして帽子に触ると、フンといった感じになってかぶせ直しました。
posted by akino at 05:05| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

NO...4163

来週の木曜日に古い家の引渡しが行われます。
それで、父の植えた木に花が咲いているので、それを採って、明日はお墓参りに行こうと思い、今日の午後の散歩は元の家へ行きました。
表の階段やガレージの落ち葉を掃いていると、50年以上も暮らした家は体に馴染んでいることが分かります。家の中も庭もいつもと変わらない感じ。イーナも自分用の出入り口を憶えいて、裏をまわって横から入りました。
郵便受けに入れられた広告類もビニール袋に入れ、来週の火曜日のゴミの日に出しに行きます。
最後に、庭の土を少しビニール袋に入れて持ち帰り植木鉢に入れました。肥料が効いていて良い土です。後はギボウシの若葉が柔らかいので少し採って「ギボウシの食べ方」で検索すると、たくさん出ていました。さしあたり今夜は冷凍の魚介類の袋を解凍し、ギボウシを入れ豆板醤味の炒めご飯にしてみます。
posted by akino at 05:20| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

NO,,,4162

今日はコタツを片付けました。部屋がすっきりしたのは、どうしてもコタツがあると布団が出、敷物が出るなどして部屋がぐしゃぐしゃしている感じだからです。冬のうちは気にもなりませんでしたが、桜も散った今は、部屋がきちんとしていないと気持ち悪く感じます。
午前中、これらを取り払ったので、すっきりしました。
こうなると掃除機もかけたくなり、拭き掃除もしたくなります。そして冬中使ったものを洗濯するのも気持ちの良いものです。
桜も葉が勢い良く出始めています。マンションのすぐ横にある長い道路の両側のツツジが咲き始めました。これが満開になると、桜の美しさに負けないほどです。
着ているものも、薄物になりました。やっぱり季節の移りは、生活にメリハリをつけてくれます。
posted by akino at 05:27| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

NO,,,4161

家から2キロほどのところにある船溜りに「OK」というスーパーがオープンしました。以前ここは東急ストアでしたが閉店。その店は壊されて新しい建物が現れたのです。真ん中に湖、カモメやカモが浮かんで広々とした気持ちのよい場所です。
昨日のプールでは開店話で持ちきり。安い店ということで期待がどんどん膨らみました。
「びっくりするくらい安いことで有名なのよ。おにぎりが50円と広告が入ったわよ」
「ええっ、50円? 」
わたしも散歩のたびに立ち上がっていくビルを見ながら、OKの開店を心待ちにしていた一人です。
開店日には何としても行って、この手に戦利品を。。。
話を聞いて、意気ますます盛り上がるばかり。ついに戦闘態勢突入。いざシニアカーで出発。
行くと、混んでる混んでる。。。あまりの混みようにたちまち戦闘気分減退。
おにぎりは買い忘れ、買わないでいいものばかり買って帰り、まずは一敗。
posted by akino at 05:32| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

NO,,,4160

友が「今日、検査の結果が出るから〜」と言っていました。もう何回もいろいろな検査をしているのです。その度に「何でもありません」と言われる。本人は耳がジンジンする、心臓がドキドキする、なのに医者は大丈夫と言うーーそれが不満なのです。
そして、今日こそはいろいろな検査結果を聞いてきたはずだと、夕方電話をしてみました。明るい声です。「医者がいろいろ話にのってくれ、糖尿病の薬、血圧の薬、睡眠導入剤などをもらってきた」と。
それを聞き終えて、わたしは、ようやく前向きになってきたなと判断。
「今夜から9時に寝ること。睡眠導入剤を飲むからできるはずだよ。そして朝は6時に起きるーー必ず散歩する。これを実行すること」(今までは夜中の2時に寝て、朝は10時ごろ起きていたようです)
「11時に寝るわ」
「ダメ、そんなじゃ自分に甘い。必ず9時、そして本を読む。本は催眠剤の役目をするからね。朝は6時だよ」こう強く念を押して電話を切りました。さて本人のやる気は〜。
posted by akino at 05:14| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

NO,,4159

テレビの宣伝なんて〜絶対に引っかからないぞ。いつもこう思っているのに〜。
久しぶりに、うまうまと引っかかりました。「欲しい」が抑えきれなくなって発注しました。届いたものは「ワッフル・ボール・メーカー」。
今朝、初めて使いました。適当にスパゲティーの余り、チーズ、卵、豆乳、粉、玉ねぎチップを入れかき混ぜて、ワッフルメーカーの中へ3分。ハイ・出来上がり〜。
ワッフルだけでなく何でも入れて3分すれば焦げ目のついた食べ物の器が出来上がります。これに、いろいろのせて食べるのです。ホットケーキミックスを使えば、本格ワッフルにもなります。
これに似たのを以前買いました。それは何でも煎餅になる〜でしたが、今は戸棚の奥。
見たい人は、「ワッフル・ボール・メーカー」を検索してください。
posted by akino at 05:18| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

NO,,,4158

日曜日、大学生の孫のピアノ発表会に五反田文化センターへ。
時間きっちりに行ったので、ボロンボロンから見始めました。小さい子は発表会用のドレスでわかいく腕よりこちらで楽しみます。
舞台の前面に花の鉢が透明ビニールに包まれたまま28鉢並べてあり、終わったときは1鉢ずつの持ち帰りとなりました。
全体は3部で構成され、2部がオモシロ連弾。孫は「どんぐりの運命」というベートーベンとどんぐりころころを一緒にした面白い曲を弾きました。2曲は何とも不思議な調和でびっくり。後はシューマンの「飛翔」という力強いタッチの曲をかなり自由な雰囲気で弾きました。
終わって長男とママと孫とわたしの4人で食事、これがまた特別にたのしかったのは、わたしがジョークで攻めると、それが通じる孫に成長していたからです。
posted by akino at 05:33| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする