2015年11月30日

NO…4024

今朝は、昨日、前の家のご主人がのこぎり持参で、古い家の木を切ってくれたので片付けに行きました。伐った木を束ねて下のガレージに置いて、火曜日のゴミの日に出しに来ようと思っていると、そこへ犬友が来て「出して置くから」と言ってくれました。
午後は4年前ストーブをつけてくれた人が、引き取りに来てくれました。他所の家で使ってくれるらしいのです。「このストーブを夏に申し込んだ人なのでよく覚えていますよ。みんな秋になって申し込むのに面白い人だなあ」と思ったと。
わたしはビジネスで、会う人にビジネスだけで終わらせないよう、一歩踏み込むーーを心がけています。こうすると人は好意を持つようになり、短い間でも「人」の部分が見え始めます。胸襟を開くようになります。こうなる方が、難しい仕事もうまく進む気がします。もちろん失敗もありますが。
今日来てくれたストーブ屋さんも、売ってしまった製品を引き取りに来てくれ「もう一度会っておきたかった」と言ってくれました。仕事をしてもらった日は冷たい梅雨の日でしたから「うどん」の熱々を出したのだと思います。
「サタケの施工事例記録」これを検索するとストーブ屋さんとのやりとりが出ます。
posted by akino at 02:23| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

NO…4023

フィギャースケートNHK男子シングルで羽生結弦くんが優勝。わたしはよく知りませんが、総合点300点を超える人は今までに出ていないと言います。
採点の発表があった瞬間、普段冷静な羽生くんが、震えるほどに嬉しさを表現しました。隣に座っているコーチの喜びようも尋常ではありません。テレビ桟敷も吊られて大興奮しました。
この人は始めるときに、いつも十字を切るなど、常に自分に対して厳しく、いい気になるところが何にもありません。
その人が自分を抑えきれないほどに興奮したのだから、これは凄いことと分かりました。実際、観ていて、わたしのような素人にも、華麗さとそれを支える技術力がどれだけ大変なものかが分かりました。
インタビューで、練習は本当に苦しかった。だけど目標に向かって一歩も引かない努力をして来たと言っていました。
posted by akino at 00:04| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

NO…4022

古い家の残してある家具を処分するために見積もりの人が来ました。それで約束の時間前に行って、居間の日が当たっているところに座って庭を見たり、家の中を見回したりと、ひさしぶりにゆっくりしました。
50,年の家族史が思い出されます。キャッキャッと飛び回っていた子供たち、雪が降って庭にかまくらをつくった日がありました。犬が死んだのを、みんなで大泣きしながら庭に埋めた日がありました。
32歳で千葉県の公団住宅から越してきたときは、上の子が小学校前、次の子が2歳でした。そのあとの子たちは、ここで生まれています。
昭和41年に建てた家を家族が増えるに従って、 庭に 17坪建て増し、アメリカから帰ってガレージとその上に5坪の台所を作りました。家はそのほかに何回も手を入れ、住みやすいようにしていましたが、「夏暑く、冬寒い家」はずっと同じで、冬はことに寒くて大変でした。
今年は、引っ越したお蔭で、テレビがすっかり寒くなった日本列島のニュースを流しても、室温20度ある部屋のコタツで観ています。
posted by akino at 00:39| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

NO…4021

酒粕と味噌をあわせ、そこに酒をいれてのばし、ここに鶏肉の胸肉を細長く切って漬け込んだものを作っておくと便利です。
フライパンで焼き、刺身を切る要領で切ると、あっさりしていて、おいしい一品になります。
同じく鶏のひき肉に、ニンニクのすりおろしとパン粉、卵をいれて練り、これをフライパンで焼きます。焦げ目のついた簡単ハンバーグにかけるのは醤油と七味、あっさりしていておいしいです。
昨日「ためしてガッテン」で「酒ガス」のことをやりました。酒ガスを40度くらい(チンで数秒)温めたものを酒で伸ばす。ここにいろいろ漬けるのです。
40度くらいが発酵する温度、だから室温に置かなければいけないということを知りました。なるほどと「合点」。
でも、鶏肉などは、その日のうちに使うのでなければ、やはり冷蔵庫だと思います。
posted by akino at 01:19| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

NO…4020

今、わたしが何より好きなニュースで、惚れぼれ感激するのは「日本の技術」についてです。
今朝もプールの中でストレッチをしながら、昨日、カナダの荷物を運ぶためのH2ロケットが、無事打ち上がった話から、 先日テスト飛行をした日本の中型機について「自衛隊の飛行機と並走しているのを見たときは涙が出そうだった」話に発展、これがゼロ戦の機体軽量化技術を使っている話になりました。こういう話はストレッチがおろそかになって困りますが〜。
そして午後、トルコのボスポラス海峡を跨いで開通した地下鉄の建設苦労話をBSで観ました。
地下鉄作りは、ボスポラス海峡の複雑な潮の流れをPCで読む資料作りから始めて、巨大な四角い鉄のユニットを海に落とし、それをつないで成功させたのです。(あれ、この話、前に書いた気がする)
この仕事の難しさは、大変なもの、でもトルコの技術者達と共同で建設していきました。テロや爆撃という殺し合いの話がある中での「良い話」ですから身が入ります。
下町の町工場では若い人たちが立ち上がって何とか、仕事をつないでいこうとしています。
書きたいことがいつぱいあってとても書ききれません。



posted by akino at 03:55| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

NO…4019

「瀬戸内寂聴密着500日」と言う番組を観ました。
まず画面から感じる寂聴さんの印象は、
➀よく笑う。
➁歩くときは早足。
➂肉を食べるのが大好き。
➃賑やかなのが好き。
D行動力がある。
➅51歳で剃髪したが「文学のため」と本人は言う。(わたしも、求道とはほど遠い人と思う)
➆とにかく書くことが好き。
➇闘病については、すごい精神力の持ち主。
以上から、寂聴さんを極めて優秀な商売人と見ました。会社経営をしたら、小説家以上の成功を収めたことでしょう。
まだこれからも書こうとしているのですから、常人には考えられない能力の持ち主です。
常はTシャツにパンツ姿で、これがなかなかよいのです。突飛な模様だったり、花模様だったりするのですが、とてもカワイイ年寄りで、印象に残りました。
posted by akino at 00:40| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

NO…4018

今朝の散歩時、たまたまポケットに財布が入っていたので、セブンイレブンで新聞を買いました。
この新聞からブログのネタを探そうという目で見ると、見つかりました。
金城幸政著「やんちゃな神様と付き合う法」の宣伝文句の中の幾つかです。
⚪️自分らしく生きたければ親と自分に一線を引く親切をする。
⚪️ダメな夫に「ありがとう」「さすが〜」を連発すると変わりだす。
⚪️感情を抑えつけると病気になる。
⚪️もったいない〜いつの間にか誰かの価値観で生きていませんか。
と、書いてあります。この中でわたしが、参考にしたいのは3番目の病気云々。
こうして何かの拍子にひょっと目に止まった言葉が自分の人生に大いに役立つことがあります。
新聞をとっていないので、たまに買うと下の広告を新鮮に感じました。
posted by akino at 00:12| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

NO…4017

日曜日、遠出をしようと決めて家を出て、八景島まで行きました。
駐車場の横から入ると、「かき小屋」ができて、かきを焼くコンロも見えます。
昼を過ぎていましたが、 中には大勢の家族連れがこんろを囲んでいるようです。そこを通って橋を渡ると、園内を回る連結された小型の汽車とバスのあいのこのようなのが、綺麗な花模様をつけて走っています。子供達の乗り物にはそれぞれ長蛇の列ができていました。
クリスマスらしい飾りは見えていませんが、行く前にPCで検索すると、水族館やドロフィン館などには飾りがあるようです。
シニアカーが邪魔になるといけないと考え、人のいないローズ園のほうへと足を伸ばし、海の空気を胸いっぱいに吸い込んで帰りました。さすがのイーナも今日の遠出に疲れたのか、今はわたしの横でよく眠っています。以上「連休だからどこかへ行こう」を人並みにやってみたの巻でした。
posted by akino at 05:17| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

NO…4016

土日に開く「市民図書」は小学校の地域交流室にあり本が図書館のようにたくさんないので、却って見やすかったです。
そこで南和子さんの「老いを生きる暮らしの知恵」をまず選びました。この人は家政学と言うような分野の人で懐かしく、帰宅してさっそく読み始めたのですが、本を書いている時点で76歳、腰を2度痛めるなどして苦労している話が多く、すっかり老いていてがっかりしました。でも考えてみると、わたしばかりが年取ったのではないから無理もありません。
「単調な生活に耐える」
「週に一度はイベント、1日は完全に何もない日に」
「グチを言わずに弱音を吐く」
「年取ってからの大切な言葉【ありがとう】」
などというのが並んで、なるほどと思いながら読み終えました。
「毎日、単調な生活を繰り返せること、そのことが幸せなのである。昨日できたことが今日はできなくなる。それは仕方ない諦めて現実を素直に受け入れよう」
こんな言葉が並ぶと、あの威勢のよかった人にしてこれだから、まあしかたないかと、老いを寂しく思いました。
posted by akino at 00:37| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

NO…4015

ボク、イーナだよ。
ボクの1日を紹介すると、朝6時に目が覚めてバアちゃんの上に飛び乗って起こす。それからすぐに散歩。日によってはかなり長い散歩もするけれど、だいたい公園一周。帰ってエサの時間。
それからバアちゃんはテレビをつけて、ご飯を食べながら、ニュースと「あさが来た」を観る。
8時半過ぎると、火曜日から土曜日までジムに行くよ。そのときは連れて行ってもらえないので我慢してお留守番だよ。11時近くに帰ってくるとボクはよろこんで玄関で飛びつくんだ。
それから、バアちゃんは昼食。午後は録画したのを観たりゲームをやったりしているよ。ボクは「バアちゃん、遊ぼうよ〜」と側に行って手を突いて知らせる。
「なに、1人であそんどいで〜」ととりあってくれないんだ。薄情だよ。
2時半になると散歩。このときは遠くまで行くのでバアちゃんはシニアカーだよ。大概はついでに買い物をする。ボクは草や落ち葉の中を飛んだりしたいけれどリードが邪魔なんだ。
帰宅して2回目のエサの時間。長い散歩の後は落ち着いて寝ることができるよ。
でもね、退屈病になりそうだよ。だって、ずっと外にいたいんだもん。


posted by akino at 01:39| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

NO…4014

青空文庫の良いところは、ちょっと古い作家の本なら良い作品が揃っていること。そして今はあまり見ることのない日本語にもお目にかかれます。
昨夜は福澤諭吉著「学問のすゝめ」を読みました。
これは明治4年に書かれています。江戸が明治になって、間もなく書いたものですが「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」「万人はみな同じ位にして、生まれながら貴賎上下の差別なく云々〜」とありますから人々は目を白黒させたことでしょう。これからは、学問をすることが人に差をつけて行くと言っています。
いままでは参勤交代の列が通るときはみんな道の両側で座って通り過ぎるまで頭を下げていました。それが侍も百姓もみんな同じだよと説いているから、驚くはずです。
NHKの「花燃ゆ」も、この時代の移り変わりを、吉田松陰の妹を通して描いていますし、「あさが来た」も同時代の両替屋を舞台に商業の移り変わりを見せて興味津々です。
わたしが、最も知りたく思っているのは、歴史の大きなうねりが来た時に庶民はどのように動いたか〜です。





posted by akino at 00:10| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

NO…4013

新しいところに越すと、まだまだ知らないことばかり。
図書館のことも、遠くまで行っていたのに、なんと団地のすぐ隣の中学校に「市民図書」があることが分かりました。毎週土曜日14:00〜16:00と日曜日10:00〜12:00に開きます。
配布のプリントには「市民図書だより」として新しい本の案内も載っていて読みたい本がたくさんありそうです。
前に住んでいた時も学校の図書を利用したことがありました。この時は家から遠かったのですが、今度は近いので気軽に行けます。
それから前の家では回覧板が、頻繁に回って来て、その度に隣へ回すのが意外と億劫でした。自分の家の石の階段を降りて隣りの階段を登らなければならなかったので。団地はこの点一階エレベーターの掲示板に催しのことなど案内が貼ってあり、重要でないと思われるものについてのみ、月一程度にまとめて回覧されるだけなので、助かります。
郵便受けに毎日入るのは、マンションの不動産広告が多く、間取りと値段を必要もないのに見て楽しみます。

posted by akino at 02:25| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

NO…4012

「ずっとPOLAよ。それしか使ったことがないわ」
「そうなんですか? わたしは馬油、これを髪にも顔にも使っちゃいます」
こんなやりとりをしたのは、いつもジムでわたしとロッカーの近いTさん。
ここまで年取ってしまっては、何をつけても同じことーーなどとなげやりなわたしと、未だに美しさにこだわっている人の違い。えらいなあとは思いますが〜。
テレビに年寄りが映ると、いくつかなと気になります。画面下に83歳とか90歳などと言う文字が出て気づくのは、仕事でも、運動でも性格が前向きだと若く見える人が多く、頭がしっかりしていて、動きもキビキビしていますーーここが年寄り臭く見えないコツ。わたしは美人に見えるより、こっちが気になります。何しろその方が独り暮らしを快適にさせるから〜。
そして思うのは「デビ夫人のように徹底的に美しくしている人が年取ったら、どうなるのかなあと。
posted by akino at 00:23| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

NO…4011

ドナルド・キーン氏が、日本人に興味を持つきっかけとなったのは、
@日本人はどうして、進んで命を捨てることができるのか? (戦争で〕
A日本人はどうして桜が大好きなのか?
この2つが不思議でならなかったからと言います。最初に出会った本は「源氏物語」で、素晴らしいものがあると、びっくりしたと。
1922年生まれの氏は、頭脳明晰「跳び級」で16歳のとき、もうコロンビア大学に入学し、第二次世界大戦中、軍隊が暗号解読などのために「日本語を学ぶコース」を設けると、そこに入って日本語の猛勉強をしました。
そのころの日本はというと「敵国語は禁止」で、わたしたちもバケツのことをトシャクテットウなどと言わされていたのだから、この差は大きいです。
戦後、氏は京都に滞在し、何人もの文豪と深い付き合いをしました。翻訳は100冊にも及ぶようです。
東北大震災で、外国人がみんな日本から逃げた時、反対に氏は日本に帰化し、東京北区に住んで「キーン家の墓」まで生前に日本式で建てました。
93歳の今も日本文学の素晴らしさを発信し続けています。
posted by akino at 02:25| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

NO…4010

ジムに行く途中の公園に皇帝ダリアが咲きました。
屋根より高いダリアは薄紫というか、ピンクに近い色。花弁は8枚あって勲章のよう。3mほどに伸びた茎の先には幾つも蕾がついています。
この花を植えてみたいと、検索したことがありましたが、そのままになりました。
今日散歩していると幼稚園の道に沿ったところにも咲いていました。まわりの木々の紅葉が散り始めているのに、この花は秋というより夏の元気さ。とにかく高く伸びて気持ちの良い花です。
そしてもう一つ今日は幼稚園を通り越した先の公園に、オリーブの木に実がなっているのを見つけました。落ちていないかと根元の草むらを探して黒い実を3個拾いました。
公園の水道で洗って、釣りをしている父親の脇で退屈そうにしていた女の子に1つやり、いっしょに潰して食べてみると、渋くて食べられたものではありません。でも、指の先に油が残ってツルツル。なるほど、オリーブ油が絞れるわけだと納得しました。
posted by akino at 00:01| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

NO…4009

三菱航空機がついに「MRJ」を名古屋飛行場から飛ばしました。長さが大型機の半分ほどの大きさ。主に地方都市の間の行き来ために開発された飛行機と言います。
初飛行を観に行っている飛行機好きはもちろん、YS11の関係者、MRJ に部品提供している会社の人などみんな飛行場の周りから見守りました。
午前7時、自衛隊機に付き添われて飛び立ちます。その瞬間を見守っている人たちは涙ぐんでいました。そして1時間20分の初飛行を終えて着陸したときの機長はこぶしをバンザイのようにあげて大感激、喜びはこちらにまで伝わりました。
飛行機が「飛び立ちたいと言っているように感じながら舞い上がった」と話していました。
戦前ゼロ戦という優秀な飛行機を作った会社です。戦後は連合軍に飛行機作りを禁止された期間があります。そして昭和30年代に入って、禁止を解かれ、YS11が出来ました。わたしも夫の転勤先へ行くために何度も乗りました。それが10年ほどで頓挫。そのあとずっと間があいて今度の「MRJ」が飛んだのです。ホンダの機体も洗練された美しさを感じましたが、こちらもほれぼれするほどでした。







posted by akino at 00:49| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

NO…4008

BS1の「アジア・ドギュメンタリー」を観て、インドの女性蔑視が未だに酷いことを痛いほどに感じました。
まず生理になると学校に来ない、家でも穢れているという考え方をしてその期間家族と別にいるというのもあるらしいのです。ナフキンがなく、汚い布などを当てているようです。
こういう現状を打開したいと、教会の一牧師がナフキンの素材から調べあげ、単純な機械を導入してナプキン製造を始めます。そこで働くのは女性ですから、働く場の提供とお金が稼げるようにもなります。
このことを知った他の女性グループが牧師を訪ね製品を見せてもらい、自分たちも製造を始めたいと許可をもらいます。
張り切って製造をスタートさせたものの売れません。
そこで製品を持って地方をまわり、使い方の説明をし、希望者には売る方へ回ってもらうなど口コミで販路を拡張していきます。
女性は虐げられても逞しいと思いました。
posted by akino at 05:59| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

NO…4007

今月の犬友食事会は「スシロー」回転寿司でした。コンピューターがすぐ横にあって、グルグル回ってくるお仕着せ寿司以外の、特別に食べたいものは、これで注文します。
わたしは落ち着いて食べたいのでコンピューターは拒否、もっぱら回って来るのを眺めながら、手を伸ばしました。皿が積み上がっていくのは戦利品を眺める感じ。数の子、トビッコ、マグロ、エビ、アジ、サンマなど9皿を平らげ、汁物が欲しくなったので、最後に塩ラーメンを注文しました。
コンピューター注文する人たちは、アンキモなど、ちょっと変わった上等ネタを頼んでいます。注文品が近くに来るとコンピューターが大声で知らせます。
注文に熱中するあまり会話はほとんどなし。でも珍しかったので、それなりにみんな満足して帰りました。
それにしても、よく混む店です。
posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

NO…4006

また、料理。NHKの朝の番組を見ているうちに断然やる気になりました。
テーマは「切り干し大根」。水につけた戻し汁、あれに栄養があるから捨ててはいけないそうです。
いろいろ大げさに言うと「何々〜」と首を長くする人がいらっしゃるでしょう。残念。蓋のあるガラスの入れ物に、切り干し大根を入れ、ここへヨーグルトを入れてかき混ぜるだけ。洗わないの? ドンマイドンマイ、埃なんかで死ぬことはないから。さて、どんな味のものができるか楽しみです。
それと今日は作りませんが、切り干し大根を油に放り込んで、唐揚げ。これが美味しいらしいです。
また、 切り干しと人参・コンブの細切りをビンに入れた松前漬け風。テレビの中で試食した人は「おいしい、おいしい」を連発していました。
そして夜、ためしてガッテンが動脈硬化の話をしていました。そうだ、塩分は1日に7グラム。こう漬物に凝っていては〜まずいなあ。
posted by akino at 02:48| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

NO…4005

直径10センチ近くある赤カブが売っていました。カブの漬物が大好きなので、かごに2個入れまた。帰宅して真っ先にカブを洗い、薄く切りました。これに塩をして、重石はないのでガラスのボール3個と後は重いものなんでものせました。水が上がったら、食べてみながら酢と砂糖で味を整えます。これで夕飯には食べられます。
戦時中、隣組6軒で畑を借り、野沢菜をつくりました。収穫のときは子供も参加して賑やかでした。丈が50センチを超えた菜の太い茎を握って力いっぱい引っこ抜くとカブの大きなのが現われます。今の野沢菜は改良されてカブは小さいと思いますが、その頃はカブがとにかく大きかったです。
母は、塩と糠を使って漬けたと思います。大根とは違う味でほんとうにおいしかったです。畑では生のカブに味噌をつけて食べましたが、これも忘れられない味です。そんな思い出が、今でもわたしをカブ好きにしているのです。
posted by akino at 00:16| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする