2015年06月30日

NO…3867

毎回、使った食器をザッと洗って食器洗い機へ。後は夕食後に一度に洗うようにすることにしました。
アメリカにいた時は、もったいないと思って、手洗いをしていました。食器洗い機を使ったのは、パーティーの後片付けぐらい。この時は力を発揮しました。
最近は年取ったせいで、細かなところが見えにくいけれど、メガネ嫌いなわたしは普段かけていません。茶碗を洗う時も掛けていないのです。子供たちが食事に来た時、テーブルの上のコップなどをマジマジと見ることがあります。
どうしたのと聞くわたしに「お母さんの茶碗の洗い方は、洗い残しがあるよ」と。
それでも食器洗い機は贅沢品と考えていたのですが、今回引っ越したところのシステムキッチンに組み込まれているし、アメリカの半分ぐらいの小型なので、使うことにしたのです。なお、全体が、今までのキッチンより高くできているので、背筋が伸びたまま仕事ができます。そう言えばアメリカで日本人の友はハイヒールを履いてキッチンに立っていました。聞くと「これでないと、高すぎてまないたが使えない」のだと。現在は日本のキッチンも、高さが、改良されていることが分ります。
とまれ、食器洗い機で感激するのは、コップのピッカピカさ加減。これは、凄いです。
posted by akino at 00:22| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

NO…3866

「トップインタビュー」番組に玉塚元一氏が登場。聞き手は雑誌アエラ編集長浜田敬子さん。
タカが餌を狙うような鋭い目をした人です。慶応のラグビー部で挑戦することを徹底的に鍛えられ、大概のことにはビビらなくなったと言います。いつも前向きで、したたかな仕事をする人を、見抜いた人がいます。それは絶えず世間の耳目を集めているユニクロ社長柳井氏でした。
玉塚氏は、大学を出てすぐに就職したのが旭硝子。これは外国に行きたかったからとは本人の弁。
36歳の時、ユニクロの柳井氏に声をかけられ、40歳でユニクロ社長になりました。ラグビーで学んだ「チームワークプレー経営」をして業績を急成長させますが、その後バブル期の後と重なって業績が伸びません。責任を取って引退したのが43歳でした。
柳井氏には商売の原理原則を徹底的に教わったと言います。
モットーは「悩むな・考えろ」。悩みはマイナスにはなってもプラスにはならないからと。また「練習は不可能を可能にする」これはラグビーから学んだそうです。
1年前にローソン社長に就任しましたが、この時も有名な前社長に目をつけられて引っ張られました。
今はローソン社長。会社の枝葉を伸ばしてコンビニだけにとどまらない会社にしようと企んでいるようです。
まるで大形回遊魚のような人、わたしは好きですねえ。
posted by akino at 04:11| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

NO…3865

昨日は冷蔵庫を開けて、牛肉を何にしようかと言うと、娘はipadを見ながらビーフ・ストロガノフはと言い、作り方を読み上げます。じゃあそうしようかとなって、娘が帰宅した時には豆乳を入れた料理が、形になっていました。
今日は古い家の庭から小粒のトマトをたくさん採ってきたので、チンで料理できる特殊な鍋に半分に切ったトマトを敷きつめ、その上にチョリソウと言う辛いソーセージを切って敷き詰め、ついでにピーマンものせて上からチーズをたっぷりかぶせてチンで6分。この間に娘の方は大根を細切りにしシラスをオリーブ油で炒めて上にのせ、ここに大葉の細切りを、で創作料理デー。
テーブルにマットを敷いて皿をセット、飲み物はビール。
話はイーナはなかなか良い顔をしているから「顔をつくる」話に発展。器量とは別の魅力ある顔は「読書や考え方や心が表に出て来る」そんな話になって、だからいい加減な生活はできない。最後は婿さんの顔は自分で作っているーいい顔をしているーで〆となりました。
posted by akino at 00:03| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

NO…3864

ようやく時間にゆとりが出てきたので、午後ソファーに横になって「国会中継」を見ました。攻める方は民主党の若手の議員。
百田尚樹氏が、自民党の若手議員の勉強会での発言が、物議をかもしているようで、それに対しての質問。なんとか首相にミスをさせたい、しかし首相は卒なくかわしています。内容は沖縄問題についてですが、何回攻めても首相は、かわしてしまいます。次に同じく民主党の辻本さんに変わりました。相変わらず「シュショー、シュショー」を連発しながら質問をしますが、 この人の質問の仕方はなかなかうまい。見ている国民に大変分りやすかったです。
たまにこういう番組を見ると、国会議員て、つまらない仕事だなあと思ってしまいます。国の大切なことを決める機関なので重要であることは分かっていますが、もっと内容のある質問はできないものかと思ったりします。「ああ言えば、こう言う」これだけの内容では、超つまらない。わたしはテレビを切ってしまいました。


posted by akino at 02:14| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

NOa…3863

わたしはずっと、旅に出ても写真を撮らない主義を貫いていました。旅のことは自分の頭の中に残るだけで充分と思ったのと、人に見せても人はこちらの考えているほど興味は持たない。それなら写真を撮る分、ゆっくり現場を見よう。
そんなことを考えていたので、旅の写真は持っていません。
今回の引越で父母の旅行写真も全て捨てました。
捨てる基準にしたのは「残したものを子供たちが懐かしんだり、喜んだりするだろうか」でした。
本も思い切って殆どを捨てました。本はそれぞれの好みだから。
持ってきたのは、わたしが会社をやっていた時に「出版」した本(自分史)これは、お金を頂戴して作ったものですから、じっくり読み直したかったのです。それに「自分史講座」で、自分史は紙の墓標です。そんな話をしていましたから、簡単に捨てるわけにはいきませんでした。同人誌も捨てませんでした。わたしにとって重さの違う本たちだからです。
posted by akino at 00:09| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

NO…3862

「元気」を旗印としているようなわたしですが、ここのところ疲れを感じています。
どんな風に感じるかというと、両肩に何かが張り付いたような強張りや、腰足の重たい感じでしょうか。そして思います。これを揉みほぐしてもらったら、どんなに気持ち良いだろうかなどと。
でも、実際は、いつもと同じ生活を続けているだけで何もしません。
こうしている間に自然に回復していくことは、経験済みですから…。
だからプールの30分を復活させ、ミストサウナで、汗をかく…これをやりだしました。
自然治癒力は、こうしている間に体の状態を元に戻してくれると信じています。
「自分に負けない」これが大切と思っています。もうだめ…と思った途端に内部から「ダメ感覚が勢力を増大させてくる」のも経験済み。
大事なことは、体のことを意識にのせないで生活するようにできること。
以上のような、「強気」が崩れる日がいずれ来ることは、わかっています。でも当分は負けない積りです。
posted by akino at 05:06| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

NO…3861

Rさんから電話あり。どんなところへ転居したのかと心配してくれているようです。
「来てみたら…」と言うと、料理をしているところだから、それを持って行くと二つ返事で来てくれました。わたしのブログを読んでいる人なので生花持参で。(わたしはホンコンフラワーをたくさん飾っている)
「良いところを選択して良かったじゃない」この言葉が何べんも口をついて出たところを見ると、自分の親が越しでもしたような心配の仕方だと、心底ありがたく感じます。
Rさんとは、会えば政治の話、上野の展覧会の話、本の話など硬い話ばかりですが、美人なのでストーカーに追いかけられて困った話も出ました。
「それだけは、わたしには絶対になかったよ」こちらは、笑いながら相槌を打ったのでした。
Rさんも越してかなり経つのに、未だにダンボールを積み上げていると。わたしは、異物が住まいの中にあるのが嫌いなので、かなりなペースで家から消しました。自分らしい部屋が再現して、ようやく落ち着きを取り戻しました。
posted by akino at 01:08| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

NO…3860

今回の引越しで見つけた宝。ノートを破った1枚に、細かな字が書いてあります。父の書いたものです。読んでジーンと来た箇所はわたしと同じ小学校に学んだというところ。
明治37年生まれですから、日露戦争のあった年です。戦争には勝ったものの、民の生活は疲弊していたと書いてあり、何だかそこが生々しくわたしには感じられます。実際は、本人は赤ちゃんだから聞いた話でしょう。
伊那里村の小学校は1棟に講堂が付いただけのところでしたが、これでも本校でした。母の通った小学校は分校で、もっとずっと山奥にありました。
学校の裏には川があり、たくさんのゴツゴツした石がありました。ゴツゴツと言ってもみんな丸い石で、流されてくる間に丸くなったのです。江戸から明治になって、たった37年しか経っていないのに、山奥の村にも「教育」が行き渡っていた現実がありました。凄いことだと思いませんか。わたしは、日本民族の力を感じます。
posted by akino at 00:02| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

NO…3859

せっかく庭でオシッコをするとき、片足を高くあげていた植木鉢を持ってきたのに、イーナはベランダでオシッコをしません。そのことが気になりだすと、やたらと気になります。昼ごろ来た嫁さんに相談すると、他の犬のオシッコの臭いが付いたものをそこに置くと、するようになると言います。合点がいきました。
「男でも女でもいいの?」聞くと、大丈夫だと。さっそくsさんに電話、ナナちゃんの臭いを頂戴しました。
「臭くてゴメンなさい。今度きれいなのを取っておくから」「臭くなかったら、用をなさないので、これで十分」と言いながらもらって来ました。ビニール袋から出すとプンプン。植木鉢にこれを巻きつけてイーナを呼ぶと、うれしそうに友の臭いを嗅いでいました。しかし片足を高くは上げません。
やっぱり、この動作は男の縄張り争い、念には、念を入れて次は、エルくんの臭いも貰おうかな。
posted by akino at 02:48| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

新たな住処

image.jpg

image.jpg

image.jpg


image.jpg

image.jpg

image.jpg

posted by akino at 14:31| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NO…3858

まだ、具体的な新居の説明をしていない事に気付きました。築30年の建物ですが、1戸分丸々リノベーション済み。従って新築の感じがします。入って1番に畳の香りに出会った感想は「新鮮」でした。
現代文明は色々な部分を科学的にして住み心地を上等にしています。
a、台所には食器洗い機が組み込まれている。ガステーブルの器具は3つ。火を点けると、排気が連動する。物の収納については、かなり細かな配慮がある。
b、トイレは、用を済ませると自動洗浄。便器の暖かいのや、お尻洗いなども当然付いている。風呂も湯張り、追焚きなど自動の他に、暖房の工夫もあり。洗面は、赤ちゃんの沐浴もさせられる大きさ。
c、北側に畳の6畳間、押入れ一間半。窓側に42インチのテレビを置くところあり。下は物入れになっている。
d、北側の5.4畳には、一面に造り付け家具あり、洋服ダンス、和ダンス、本箱。なお、窓は風の通る工夫がされている。上下2段になっている窓の外側には鉄の格子あり。
e、LDは16畳、前の家と同じ感じで寛げそう。正面に大型テレビ、引っ越し屋さんが心配した大きなソフアも、無事入り口をパス。台所近くは、6人掛けテーブルも無事収まる。廊下のドアを開けておけば、風通りもバッチリ。
f、出っ張って6畳。ここはわたしとイーナの寝室。1間の押入れあり。なお、縦長に板の貼ってある所に白いプラスチックのタンス4個が収まり、上に松本の小出のおじさんが造った仏壇も収まる。後は南側に2箇所ベランダあり。
以上が終の住処です。
posted by akino at 04:13| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

NO…3857

引越しは、1に体力2に体力3に体力。歳取ってからやるものではないー引越し屋さんに全部任せればと言う人もいるけれど、処分するもの、子供たちが持っていくもの、そして引っ越すものと分かれているので、とても無理。
今朝も「小さな金属回収日」なので前の家に行きました。
引越し残しがあり、押入れの下が、ごそっと手づかずのまま。全部引っ張り出して見ると、いろいろ持っていきたい。でももう新しい家には入る余地がない。でも持っていきたいとなります。
当分2箇所の片付けは続きます。「いかに捨てるか」これに尽きるのは分かっていても割り切れない。これらは生活に必要な物ではなく、あると生活が潤う陶器のお雛さん、クリスマスの飾りや人形など。
最悪なのは、オーストリッチの大型バックや、白いビーズのパーティ用バッグ。ベージュ色のワニ皮バッグは11万円もしたから、自分に不似合いな買い物に、当時随分と腹がたった。
こんな物、どうして買う気になったのか?第一バッグを持ったのは、たった1回きりなのに。
わたしらしくもない。
バッカみたい。。。
そして、捨てられないのも、それこそバッカみたい。
posted by akino at 04:23| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

NO…3856

南に面したわたしとイーナの寝室側のベランダに、花に囲まれたティルームが誕生しました。と言えば「ええっ何々…」と目を丸くする人もいそうですが、言葉を換えればイーナのトイレ場所。
ここに腰掛けてコーヒーとしゃれます。目の前にある小山の緑は、梅雨を迎えて一段と鮮やかです。小山と言うのは海を埋め立てる前、海との境目だった崖っ淵の名残り。つまり、昔の海の中から陸を眺めていることになります。
ベランダには種類の異なった花々が咲き乱れていますが、これは家族に評判の悪いホンコンフラワー。
本物の花は植木鉢のみ。背が高い鉢なのでイーナのトイレにはもってこいだと考えて前の家から持ってきました。ところが目下イーナからは無視されています。つまりトイレは表に連れて行かないと、と言うことでこれから早朝散歩に出かけて、ついでに前の家に帰り、充電しているシニアカーを取ってきます。
posted by akino at 05:06| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

NO…3855

新しい冷蔵庫が来ました。説明書など見なくても分かっている〜当然のごとくに、今まで使っていた冷蔵庫と同じ場所に入れ替えました。コーラを飲もうとビンを取り出したとき、いつもと様子が違います。
アリャリャ、配達の人が置いていった説明書を探しました。何しろ家の中はごった返していますから、探すのにも時間がかかります。ようやく探し出して読んでみました。何と冷凍庫と野菜室が逆転しているではありませんか。
急いでカチンカチンのビールなどを出して上の段へ、冷凍品は下へと替えてから、凍ったコーラを持ってテレビ桟敷きに。キャプを回し出すと、泡がドバッと吹き出してテーブルの上などと生易しいものではなく、絨毯にも飛び散りました。1本のほとんどが吹き出てしまい、残ったのは凍った水の部分だけ。腹立たしいやら悔しいやら…でした。
posted by akino at 00:04| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

NO…3854

引越して来ました。緑に包まれた公園の中という感じのところにある14階建ての4階。日本間が2間と洋間、それにLDが16畳ほどと台所。今までの住まいから歩いて5、6分でしょうか、散歩するところも買い物するところも今までと同じ。何より気に入っているのはジムも同じです。
イーナは三男の家に引越しの間行って昨夜帰りましたがまだ慣れずに落ち着きません。でも家具の匂いが同じなのでじきになれるでしょう。
昨夜は娘の手料理を三男夫婦と4人で食卓を囲みました。イーナは食卓の下で居眠り。
さて、今日は荷ほどき、これは楽しみです。いかに自分らしい生活を作り出して快適に暮らせるスペースにするかーですから。
娘は「越してきて良かったね」と、今風に言えばリノベーションで新築同様の家に満足そうです。これなら孫たちが来ても十分な広さがあるし…。
これを書いている今は鳥の囀りが、セミが啼いているような感じでしたが、時間とともに、車の音がするようになってきました。これから、公園一周の散歩ついでに、前の家に行って、トマトやナスたちのご機嫌伺いをしてきます。
posted by akino at 04:53| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

NO…3853

新しいダンボール箱を組立てる…テープを底に貼る…運ぶものを入れる…この繰り返しで1日が、過ぎました。最初は持っていくべきか、捨てるべきかと厳しく取捨選択しながらやりましたが、最後は思考力が鈍って、かなりバンバン捨てました。
アート引越しセンターは、包まないで運ぶ特殊なダンボールが特徴のようにコマーシャルに出ますが、実際は3日前に食器の箱、1日前にハンガーに掛けたまま運べる箱を届けますという約束は実行されず、わたしも旧態依然のやり方が良いと請求もしませんでした。
北原白秋は引越しが好きだったと聞いたことがあります。確かに引越しは、気分が変わって創作意欲も湧いたでしょう。
でも、人が動くということは、この物を動かす大変さがあり、1人の人間が生きていくためには、どれだけの量の物が周りにあれば生活を快適にするのかーそんなことを考えたりしながら、孤独な仕事と格闘しました。
posted by akino at 03:05| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

NO…3852

今日は本の片付けをしました。わたしの場合、本は時々の心の状態で選び、読みして、辛いこと嬉しい事などを乗り越えて来たと思います。だから、1冊1冊がいとおしく手放すのに辛いものがありました。引越しというドサクサがなければ、大変に難しい作業でした。
せめて、本たちが誰かに読まれながら、一生を終えて欲しいーそう考えたので、家の前にズラッと本を入れた紙袋20ほどを並べて「ご自由にお持ち帰りください」と添えて置きました。
午後のことです。嬉しい出会いがありました。「午前中もらって行ったけれど、今度は袋を持って来ました」と。
それを聞いたわたしの嬉しかったこと。ちょっと言葉には言い表せません。上品なとても感じの良いご夫妻でした。
わたしは、あれこれ立ち話をさせてもらいました。これで、本たちも浮かばれるー心晴れ晴れとなって、つぎの作業に移ることが出来ました。
今回の犬友みんなの温かさも、あらためて本当に嬉しく感じています。
posted by akino at 00:05| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

NO…3851

わたしの場合は、通信関係を全てauにしています。電電公社が、NTTになったとき、第二電電ができ、電信料金の革命が起こりました。アメリカにいた頃は、電話代が高いので両親に電話したのは、お正月のみ。一回数分で数千円もしたからです。今は30分話しても何百円、そしてPCの発達で無料でskypeもできます。
ところが、今回引っ越すところの固定電話はNTTのみ(住宅供給公社建築)だと言います。さて面倒なことになりました。固定電話をなくして、携帯だけにし、PCをwifiでキャッチする…こう考えました。
知らない間に世の中は進んでいましす。「ワイマックス」なるものがあって、旅に出るときも持参できるようで便利。
引越し荷物の間に挟まって、あちこち電話して確かめました。14階建て鉄骨鉄筋では、上手く機能しない事があるから買う前に「レンタルワイマックス」で、試すことができるようです。ところが、申込みで立ち往生。PC申込みは携帯のメールアドレスを要求してきますが、いつも「不携帯」の電話なので、メールした事がありません。
困りました。でも、ここを通らないと前に進みません。
posted by akino at 02:23| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

NO…3850

家の中がダンボール詰めの荷物で何時もとまるっきり違っています。一昨日から「イーナが臭い」と娘が言うので、カモミールを干したのに湯をタップリ入れたので体を拭いてやりました。今日もまた臭いと言います。
分かったことは、絶対に家の中でオシッコやウンチをしたことのないイーナが、家の中がまるっきり変わったために不安がっている症状で、テーブルの下にウンチをしたのだとわかりました。イーナにとっては精一杯の抵抗なのです。
急に可哀想になって、気持ちを向けて大事にしてやると、少し安心したように見えます。イーナは寂しかったのです。
娘は、今更のように、こんな抵抗をみせるイーナに「犬とも言えない」と、感心しています。
前に飼っていた犬も留守にすると怒って、わたしが嫌がるところへ、わざとウンチをしていました。
新しい家には、庭でオシッコを掛けている背の高い植木鉢を持っていくよう考えていますが、馴れるまで大変と思います。
引越しを終えたら、娘はアメリカから来るグループと旅に出ますから、その間にイーナを新しいところに馴れるよう、しっかり気を使ってやるつもりです。
posted by akino at 00:03| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

NO…3849

娘はいつも上野の東京文化財団へ美術に関する資料の調査に行っていますが、今日は行かないので、引っ越しの手伝いをすると言います。
ところが「家族の昔」などが出てくると、そこで躓き、写真に見入ったり、小学時代の作文などが出てくると大喜びして声を出して読むなどします。とても引っ越しの仕事がはかどるというわけにはいきません。おまけにわたしが捨てようとすると、取っておこうと言いますから、引っ越し先の収納スペースが気になります。気を引き締めないと一升枡には、一升しか入りません。
2人でこんなルーズなやり方をしましたが、それでも夕方までには戸袋の上の1箇所が片付きました。
捨てるのがもったいない物が出てくる度に、犬友に声をかけ貰ってくれるよう頼み込んだりもします。
後、4日さて何としても間に合わせなければ・・・
posted by akino at 04:25| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする