2015年04月30日

NO…3806

安部さんがワシントンを訪問しています。ヒマ人はチャンネルをあちこち回して、情報を仕入れました。
大丸2現地時間29日にアメリカの議会で演説をする安部さん、すでに内容を吹き込んで、それを風呂に入る時も寝るときも聞いているようです。アキエ夫人はうるさいからと部屋を別にしているとか。
大丸2夫人は「場」になれている人らしく、髪型など特別でないのが、好感が持てます。
大丸2国賓級待遇の招待。今回の旅行費用は全額アメリカ持ちだそうです。
大丸2ディナーで乾杯用に準備したのは、シャンパンではなく日本酒。しかも、安部さんの地元山口県の名酒だから泣かせマス。そしてデザートは安部カワ餅とも。
まあ、「おもてなし」は日本の専売特許でないことが分かりました。さすがアメリカ「機をみるに敏」。
余分な事を言えば、野田さんがワシントンに行った時、大統領が留守だからと、全然別な建物で、当時国務長官だったヒラリーが接待しただけということがありました。わたしが、ワシントンに行った3年前、その建物の横を通った時に話題になりました。
posted by akino at 01:32| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

NO…3805

日曜夜、TBSで始まった「天皇の料理番」はなかなか面白い連続ものです。
杉本久英原作のドラマ化で、宮内庁の料理番として有名だった秋山徳蔵氏がモデル。
落ち着きのない秋山篤蔵は、ちょっと大袈裟に演出のやり過ぎではと思うほどですが、兄と妻がこの無鉄砲な主人公を、温かな目で見守るところが、テレビ桟敷を、しんみりさせます。
福井県鯖江生れの主人公は、とにかくガッタ坊主。親は手を焼いて、結婚でもさせれば落ち着くだろうと、昆布の卸をしている家へ養子に。真面目に仕事をし出して、周りが、やれやれと思ったのも束の間、配達先で「西洋料理」に出会います。それからは寝ても覚めても頭の中はその事でいっぱい。
料理人になりたい一心で上京、兄に世話になりながら修行を始める事に。ここまでが第1話でした。
背景になる「明治」のセットも、かなりお金のかかったものと思います。
明治から昭和の時代を料理人一筋に駆け抜けた男の物語は、見応えを感じさせ、次回が楽しみです。
posted by akino at 04:11| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

NO…3804

ブログ友のossさんが佐野洋子さんの「死ぬ気まんまん」のことを書かれたのを読んで、おもしろそう…すぐにamazonに注文。2分ほどでipadに入ってきました。
作家の中で、こんなにわたしと考え方が似ている人に出会ったのは初めて。髪型も短くしているし、器量が良くないのを、居直っているところまで同じ。違うところは、文章の上手さが別格。読み手を引き込む力の凄さ。
大丸1戦後民主主義と一緒に入ってきた個を大切にという考え方が家制度を壊した法律は良くない。
(わたしも同じ考え方です。昔は家と墓をセットにして長男に引き継がせたのに、今は親が死ぬと、財産は平等に分け墓守りが浮く。年寄りは墓問題でウロウロ)
大丸1️大切なのは金じゃない「情」だと。(わたしも、全く同じ)
大丸1️日教組の国語教師が「伯母と叔母の区別はないと言ったが、2つあるところが日本語の素晴らしいところ。(これも同じ考え方です)
大丸1️貧乏でもいい。品格とか誇りを持って死にたい。(品格と言うと、わたしは後ろめたいけれど、そう願っています)
大丸1️おばあさんのシワくちゃな手の甲を摘んで富士山をつくった。(わたしも祖母の膝に乗って祖母の手を摘む遊びをしました)これは、「神も仏も…」の方にありました。
異なるところは、佐野さんはジュリー(沢田研二)好き。わたしは関心なし。
医者との対談で「余命2年と言われてお金みんな使っちゃった」しかも車はジャガーを買ってしまう。わたしとは大違いです。
posted by akino at 01:13| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

NO…3803

バラが咲いたから夕飯にとm氏(以前ここに書いた黒真珠の人)から招かれました。初めて伺う家はチョコレート色で、白いバラが溢れるように咲く門をくぐって中に入りました。待っていてくださったのは、カールの髪型がよく似合う奥さまと女性客お2人。海外生活の長かったことが頷けるm氏のリビングは、40年前のアメリカ生活を、わたしに戻してくれるひと時となりました。
丸テーブルを囲んだディナーは、シャンペンを開ける音から始まりました。部屋から見えるのは前からも横からも新緑一色。そこにこの季節ならではのご馳走。最初は数種類のチーズと小型のパン。オードブルはアボガドの中に彩りがきれいな盛り合わせと、メロンの生ハム巻き。次が筍とアスパラをそれぞれ肉で巻いて揚げたもの。それにジャガイモとエビのサラダはキヌサヤの緑が美しく、3回もお代わりをすることに。最後はハマグリのお汁と、海の男m氏が自慢するほどの新鮮マグロの手巻き寿司。デザートは苺大福。生クリーム入の上等でした。
正直、感激のしまくりで、あっという間に時間が経ってしまい勿体なかったです。
バイオリンを弾く奥さまと水彩画を描くm氏を、今度はわたしが夕飯に招こうと考えながら夕暮れの道を帰りました。
posted by akino at 04:06| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

NO…3802

「オイコノミヤ・あきらめない経済学」はNHKの番組ですが、ギリシャ語が語源だと言います。やる気を長続きさせる方法を経済的に考えることだそうです。
神社に行くと、絵馬にさまざまな願い事が書いてありますが、これなどみんなの前で宣言することで、自分を追い込んでいく方法。
わたしは若いころ飽き症だったので、何かをする時は、まわりに言いふらして始めることに…こうすると「何だもうやめてしまったのか。みっともない」と軽蔑されないよう頑張ります。今では、同じことを続けることが苦にならなくなりました。ことにジムでは、体の調子を維持するため、毎日同じことの繰り返しを10年以上しています。どの動作を何回と決めて、必ずやります。
ブログも同じで、続けることに意味があると自分に言い聞かせ、しかも人様に読んでいただくので、多少なりとも「読んで得した」と思ってもらえるように書く努力をしているつもりです。
昔、友が言いました。文章の練習をしたいのなら、ブログなどにしないで、独りでコツコツやるべきだと。それでは、オイコノミヤになりそうにないので、こうして、目立ち屋をやっています。
posted by akino at 00:08| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

NO…3801

本 田宗一郎氏の夢だった航空機開発がついに形になりました。HondaJetです。機体サイズ、全長約13m、翼幅約12mで、定員7名。
アメリカで組み立てられて日本にやってきました。
機体の形がなんともスマート、色も赤の入り方がカッコいい。
今年のうちに売り出されるそうですが、すでに100機の予約注文が入っていると言います。
20年前秘密裏に誕生したという、埼玉県にある本田の開発部に、テレビが取材に入りました。廊下側の窓にまで、カーテンを引いて、内部の人にも気づがれないように秘密は守られたと言います。
わたしはそれを聞いた時、何だか大石内蔵助と重なりました。コトを為す時のサムライの姿です。部員は家族にさえ仕事の内容は言わなかったと。やっぱり日本は素晴らしいものを持った誇らしい国です。地下で宗一郎氏が、どんなに喜んでいることか。
posted by akino at 00:02| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

NO…3800

ようやく暖かくなりました。ツツジが咲き始めたと思ったら、たちまち道路の両側は白、赤、ピンクと華やかです。
こうなると、イーナのヒラリアと蚊やダニの心配です。それで今日は思い切って医者に連れて行きました。「思い切って」となるのは、ヒラリヤの血液検査があるからです。これが毛深いせいか、1度で血管に針が刺さりません。それを見るのが嫌なので、一日延ばしになるのです。でも草むらの好きなイーナを考えると予防しないわけにはいきません。
今日は、1回目に針を刺した時は不成功。2回目からイーナは用心し出しました。
「他の者に押さえさせましょうか?」。
とんでもない。飼い主だから犬は信じて頼っているのに…。3回目、注射器の中に血が見えた時はホッとしました。やれやれ。
子どもが生まれて、少し経つと何回か予防注射がありました。医者の前に子どもの腕を出した時も、これと同じ気持ちでした。
自分がインフレンザの予防注射など平気なのに、可笑しいですね。
posted by akino at 00:05| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

NO…3799

対馬育ちのジムの友が、昭和58年に71歳で亡くなったお母さんの33回忌の法事に参加したそうです。
お兄さんの家に姉妹が集まって、全てが終わった後、お兄さんの孫娘(大学2年生)が、
「おばあちゃんの本【昭和万葉集】に挟まっていた短歌を披露します」と言うので、みんな一斉にそちらに興味をしめしました。
孫娘は、曽祖母のことを百合子さんと呼びながら、入院していた時の短歌を読み上げ、分かりやすく解説したので、皆は久し振りに母親を身近に感じ、母親の最後のころを思い遣って涙したそうです。
友がその時のコピーを読んで欲しいと、わたしに渡してくれました。
「病みおりてあれば 時に幼な子の如 駄々言ひし 吾ゆるし給われ」
「手術日は 窓あけはなち 深呼吸す 常の心にと ひた祈りつつ」
手術を怖く心細く思いながら詠んだのでしょう。他にも4首あります。
書き残したことが絆を結びなおし、法事が心のこもったものになったと友は話していました。
posted by akino at 03:49| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

NO…3798

鬼怒川と苗場のリゾートマンションがバカ安だと言います。どのくらい安いかというと、100万円もあれば買えるようです。それを聞いて物好きなわたしは早速、検索。
バブル期のことを知っているだけに信じがたい値段です。
大浴場があって、室内プールがあるマンションが、手の届く値段ではないかーーこれはすごいと思って、なおもよく見ると、問題は管理費・修繕費・何とか費と月に50000円はかかることがわかりました。
ここに住んでいる人たちは、いろいろな事情を抱えているようです。
それを考えに入れると管理費などの滞納がたくさん起これば経営が難しくなるかも知れません。
暇人はこたつに入ってパソコンを前に、考えたところで何も変わらないことを考えます。
これが、年寄りというもの。その年寄りに、国の支出は大金を要します。
posted by akino at 00:05| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

NO…3797

ドギュメンタリー番組の話。四国の山の中に住民70人ほどの村があり、これがオール年寄り。この村で結婚披露をした若いカップルがいるから村人は大喜びです。
新郎新婦は、大学の同級生。夫の方がどうしても山村で農業をやりたいとこの場所を選びました。村人は野菜を届けるなど好意的です。
夫は念願の第一歩を踏み出したので張り切って、農業の勉強に他所の家へ仕事に行きます。(住まいは借家・村が1年間給料を出す条件)
テレビ桟敷は、妻もそれなりの覚悟で結婚しただろうと見ていると、妻は家で一人の時間をパンなど焼いて、退屈を紛らわしています。
1年で現金収入がなくなるのに、何と呑気なー見ているわたしが心配してます。だいたい野菜を持ってきてくれた村人に焼いたパンをあげたら喜ぶのに、気働きがありません。さて、この妻、変わってくれれば良いのですが〜。 
posted by akino at 01:02| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

NO…3796

昨夜三男からメールあり。
「家、見に行く?」と。
二つ返事で行くことを伝え、おばあちゃんの命日だからお墓にも回りたいと伝えました。(嫁さんは、講座のある日で行かれずに残念)
そして今日、建築中の家を見に行ったのですが、あいにく休日にも出勤して頑張っているという大工のフクちゃんが来ていなくて、鍵がかかっていたために外側しか見ることができませんでした。でも三男夫婦の好みらしい注文住宅で、小ぶりでもなかなかよい家が形を現していました。
それから横浜霊園へ回ったのですが、わたしが運転していたころと道が大きく変わっていたために「道案内するからと」と威張ったのに、却って遠回りになりました。今日のお墓は車を停めるところを探さなければならないほど、混んでいました。
帰宅すると台所に筍ご飯の香り充満。但し炊き上がりを12時に設定していたために、15分ほど待っての昼食。季節の味は格別で、友にもらった山椒の葉が彩りを添えてくれました。
posted by akino at 00:09| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

NO…3795

土曜日の今日は張り切りました。
そろそろ柴農協で、野菜の苗を売る頃だと思ったのです。それでネットで調べました。売り出しについては書いてなかったのですが、電話番号が載っていたので掛けました。すると、今日だと言います。
時計を見ると8時半、ジムに行く1時間前。イーナを連れて車のついている買い物袋を引っ張って山道を急ぎました。途中、去年はTさんといっしょだったことを思い出し、すこし感傷的になりながら〜。
ナス2、トマト4、キュウリ・シシトウ・ピーマン各1と花苗を買いました。
途中でりーのママさんに会って、トマトは深く掘っで肥料を入れて植えることと、寒さに気をつけるよう教わりました。
ジムから帰ってランチ、その後、植えつけて支柱を立てました。
一仕事終えて、新しい命を眺めるのは、なんとも気持ちの良いものです。
posted by akino at 00:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

NO…3794

上智大学提供のgacco「大航海時代」は、結構手こずりました。どの科目も4週で終わるように組み立てられているのですが、この科目は中味がたっぷり詰まったまんじゅうのように、食べ応えがあるのです。
講義の最初は、外国側から見た日本が書かれていて、これが面白かったです。日本が昔からあるのに、世界地図に載ったのは16世紀、1522年だということ。信長・秀吉のころです。
そして、大学がキリスト関係のところだけあってイエズス会の話になりました。
布教をするのに「適応」が大事、相手を説得するのではなく、あくまで添って行くようにと。これはセールスや、人との付き合い方にも通用する方法です。
やり始めたので、途中で投げ出してしまうわけいも行かないと頑張っていると、最後のレポートが2000字。今日は午後中かかって、やっとやっと取りまとめました。
苦しみから逃れて、ホッとしながら思いました。楽しみばかりでは直に飽きてしまう。
「苦と楽が、半々来るから、喜びも倍になる」と。
posted by akino at 00:08| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

NO…3793

わたしがプロバイダーを「au」にしてから、一度も浮気しないのは、日本電信電話公社が民営化されたとき、京セラの稲盛氏が第2電々を立ち上げました。氏は通信費はもっと安くならなければいけないと言いました。この考えを応援したいと、以後KDDI「au」なのです。
先日のこと、auから封書が届いて、ポイントが貯まっているからパンフレットのものと交換できますと。それであちこち迷って、決めたのがオープントースター。以前使っていたので便利さが分ります。
食品は外国のベーコンの塊、ソーセージ、後もう1品何か頼みましたが、忘れました。
申し込みのハガキを投函してから、さて何を真っ先に作ろうかと考え、五平餅にしょうと思い付きました。早速100円ストアで、田楽用の竹串を2袋買いました。
うるち米に、もち米を混ぜて炊き、これをスリコギで少し潰してから小判型にして竹串に刺しトースターで焦がします。それから山椒味噌と胡桃味噌をそれそれ塗って、もう一度トースターに入れて焼き上げます。
父が仏壇から「ほっぺたが飛ぶ」と喜ぶでしょう。
昔、祖母の家では、使わなくなった番傘の骨で串を作り、囲炉裏のゴトクに並べて焼き上げたものです。
posted by akino at 04:28| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

NO…3792

ボク、イーナだよ。今日はねスゴイ日だったんだよ。
どのようにスゴかったかというとネ、朝の5時過ぎに散歩に出るときは日本晴れサ。まだ道が濡れていて、ボクのアンヨはビショビショになるみたい。でもネ、昨日の午後雨で散歩に行かれなかったから「イーナ行ってきてからアンヨ拭けばいいからね」って、バアちゃんは連れて行ってくれたんだ。しかも大回りのサービスまでしてくれたんだよ。
でもネ、天気予報は、これから突風や大雨が突然降ると言って脅したよ。
ボクは1日に2度の散歩だけが、楽しみなのに、午後の散歩はムリと、あきらめていたら、薄日がさしてきたヨ。天気予報って当たらないネ。
「イーナ散歩行くよ」だって。ボクはすっごくうれしくなって、ルンルン気分サ。
でも、途中まで行ったらポツリ。とたんにバアちゃん後ろ向いて、帰っちゃったヨ。ツマンナイの。
「天気予報の小父さん、ボクのこと考えて、もっと当たる予報してください、オネガイ」
posted by akino at 00:37| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

NO…3791

散歩の帰りに、Tさんの庭を門の外から背伸びして見ました。花たちは主がいなくても頑張って春爛漫を演出しています。わたしはそっと手を合わせ「さよなら」を言いました。
先月の30日に亡くなったと聞いても信じることができないままに日が経ちました。この家からお棺が出たわけでもなく、家の佇まいに変化はありません。(聞くところによると救急車が来たのが3週間ほど前)
Tさんとの付き合いは、わたしが毎朝散歩に行く時、Tさんが庭にいて挨拶を交わし、そのうちに「一緒に行くから待って て〜」とついてくるようになったのです。
「あんた、朝のお日さんに当たると、病気なんかみんな治っちゃうんだよ」。毎度、同じことを言いました。
散歩しながら、わたしが面白い話をすると「あらよ〜」と相槌を打ち、これが方言らしく好ましかったです。
花好きのTさんは一緒に歩いても、絶えず花を探し、白いタンポポは、珍しいと持ち帰って植えたり、秋に赤く紅葉するモミジの木を記憶しておき、翌春には、小さな芽を探して庭に植えました。
周りが何も変わらないのに本人だけが消えてしまいました。これが死、あっけないものです。
posted by akino at 00:06| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

NO…3790

旅番組は旅する人が博識だったり、どんなことに興味を持っているかに寄って番組の出来栄えが違ってきます。
今日観た録画「アジアハイウェイ」は質の高い番組に仕上がっていました。旅した人は井浦新氏。この人の感性と訥々とした喋りが、土地の人に好意を持たせ、家に招待されるなどします。
最初はトルコのイスタンプールから車でアジアへと向かいます。トルコ→グルジア→アゼルバイジャンまで2500キロの旅でした。(次回は5月放送)
グルジアではワイン作りが盛んですが、樽で熟成するのではなく、大きな素焼きの壷で熟成。クリスチャンの国は家族が食卓で歌を歌う習慣があり、美しいハーモニーが印象に残りました。
アルゼバイジャンは、石油や天然ガスの産出国で大都会バクーに建つ「クレームタワー」は3個の建物からなり、これが炎の形をしています。夜になりライトニングされるとメラメラと燃えているように見え驚きました。
国と国との関係、人は何を大切に生きているのかーそんなことまでが表に出た番組でした。
posted by akino at 01:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

NO…3789

日曜夜のドラマ「花燃ゆ」では松陰が再び投獄されましたが、この辺りが前半のクライマックスではないでしょうか。伊勢谷友介氏は、よくぞこんなに松陰に似た感じの人を起用できたと思うほどです。
このドラマを観るまでは、吉田松陰を老成した「聖人君子」のような人とばかり思つていました。でもそんなはずはないですよね。安政の大獄に連座し、江戸で斬首刑に処されのが29歳ですから血気盛んな若者のはずです。ちなみに坂本龍馬だって32歳で命を落としました。
ドラマのイメージの方が、歴史で勉強した人物像より、実物に近い気がします。そして松下村塾も、一昔前にあった民間の学習塾のような規模だったのではと思ったりもします。
若者たちは、ここに松陰を慕って集まり、国を思う気持ちと家族を思う気持ちの板挟みになりながら、止むに止まれぬ気持ちで時代を動かして、江戸から明治に舞台を転換させたのです。殆どが20代でした。
松陰にこんな言葉があります。
【夢なきものに理想なし
理想なきものに計画なし
計画なき者に実行なし
実行なきものに成功なし
故に、夢なきものに成功なし】
posted by akino at 00:03| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

NO…3788

たくちゃんが頭で後2人。チビは最初、パパに抱っこばかりでしたが、そのうちに馴れてくると、一人前に遊び出し、まあ賑やかなこと。一時もじっとしていないで、行ったり來たり。これにイーナですから、賑やかさ加減が分かろうというものです。
ママからは「飲み会だから3人行くけれどよろしく」そう電話がありました。昔取った杵柄そのくらいは、朝飯前と二つ返事で引き受けました。何でも幼稚園仲間の集まりで、先生も出席とのことです。
3人もいれば、生活費も大変だろうと息子に「お前のとこも、お金がかかりそうだね」と言うと、「食費がたいへん」といいます。なるほど、小さいからと言っても、好きなものはガンガン食べます。10キロの米袋は簡単に消えると聞いて、懐かしい話のような気がしました。何しろ、年寄りの間では、なかなか聞くことのできない話です。
わたしの子育て時代も、こんな筈だったと思いますが、憶えていません。あっという間に育ってしまった感じです。きっと子育て時代には、親の方にも、それを育てる体力と気力が漲っていたのでしょう。
とまれ、若葉の燃えるような季節の家庭は、やはり、命の輝きがあって、わたしには、それがとても新鮮。帰りにママの分のお赤飯を持たせようと釜の蓋を開けると、4合炊いたのがほとんどなくなっていました。

posted by akino at 05:22| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

NO…3787

毎日はっきりしない天気。おまけに冬のような寒さです。今日も昼から雨という予報なので、ジムから帰って、座らないままシニアカーで犬の散歩に出ました。かなりな距離を歩かせ、最後はショッピングセンターへ。
犬を店の外につないで、急ぎ買い物をしますが、ちょうど昼時だったので、それまえに「すき家」へ。「並丼」を注文。生姜をたっぷりのせてかき込みました。お金を400円出したら、なんと291円。こんなにおいしいものを安く提供してくれるのは幸せ。しかも注文したものが素早く出てくるーこれがなにより。待たせている犬が気になるので。
その後、急いで買い物へ。大好きなニシンの半生が売っていました。昆布と煮ます。それからタラコ。焼きタラコにしておくと、パンに挟んでもチンしたご飯にのせても美味しいから、塩分の摂りすぎでも、まあいいかと。
イチゴは先日、安いからと4パックも買ったら、いたみ始めてしまい砂糖漬けにしました。明日来るたくちゃんがイチゴ好きなので2パック買い足しです。
posted by akino at 02:19| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする