2012年06月30日

あきの80路近くを語る・・・2743

無料情報誌「みんかい」が郵便受けに入っていました。
巻頭特集「あなたに合った高齢者ホーム講座」とあり、有料老人ホームの宣伝です。
@介護保険施設●老人保健施設 (3か月程度の利用期間限定)●療養型病院(継続的に医療が必要な人)
A特別養護老人ホーム すべての生活が困難な人向け公的施設
B有料老人ホーム●介護型●住宅型
Cサ高住サービス付き高齢者向け住宅
今まで関心がなかった、このようなことについて、ゴミ箱へ直行させる前に、読んで書き抜いてみました。
夜、偶然に、NHK75分番組「終の棲家」がありました。年寄りの身寄りがなく暮らしも成り立たない暗い話が続きます。そして最後は国が支えなければと矛先はお決まりの方へ向いていきます。
わたしは思います。そこまでの間に自分の生活と老後をどうしてもっと厳しく考えなかったかと。個々の生き方の甘さを考えないではいられません。

posted by akino at 00:00| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

あきの80路近くを語る・・・2742

野菜作りに詳しい友2人がわが庭を診断。うまく育たないのは石灰が足りないと言いました。さっそく明日は買いに行こうと考えていると、黒土を入れる必要があるとつけ足します。
「ええっ、去年配合肥料だけでうまくいくと、教えてくれたじゃない? 」と、わたし。
「そんなことないよ、毎年、黒土入れてるんだよ」と友。
聞いているうちに分かったことは、土があって肥料がありさえすれば育つと考えていたわたしの知識のなさ。頭の中でさっと在庫を考えると、あるのは、牛フン、赤土、総合肥料、鹿沼土だけ。
どう考えても、昔使った「ひだきよみ」という土壌改良材が良いのではと思い始めると、どうしてもあれを買わねばという気になってきました。それを入れてトマトをガンガンならせよう…欲張ったことを考え出しています。

posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

あきの80路近くを語る・・・2741

犬が退屈して外に行きたがっています。
それで退屈ってなんだろうと、ウィキペディアで調べてみました。長く書いてありますが、最初の言葉は下記です。
【退屈(たいくつ)は、なすべきことがなくて時間をもてあまし、その状況に嫌気がさしている様、もしくは実行中の事柄について関心を失い飽きている様、及びその感情である】
衣食住に満足したときに、初めて起こる感情とも言えそうです。
「小人閑居して不善を為す」は中国の書『大学』では別の意味と言われていますが、わたしたちは暇だとロクなことをしない…などと解釈します。
と、いうわけで今日はグリーンベルトを歩くなど、少し大回りの散歩をして犬の退屈解消をしてやりました。
夕方、餌をいやいや食べて、今はわたしの後ろで体をありったけ伸ばして寝ています。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

あきの80路近くを語る・・・2740

りーのママさんは野菜作りに熱心なので、よその国の野菜作りを見ると、決まってママさんを思い出しては写真を撮ってきました。朝ジムで会った時「今日の午後、わたしの家に写真を見に来ない? 」と誘いました。
帰宅する途中、久しぶりに犬友みんなにも声をかけようと思いつきました。すると即座によい返事が返って、1時半にはお菓子持参のみんなが賑やかに集まりました。この身軽に気取らないメンバーがわいわいやるのは、歳を忘れます。
わたしは人をよんでいるのに、今日は国会も気になって、テレビの前に座ったりと、勝手なことをしましたが、これも、長年の付き合いの気楽さ。
最後には、犬の散歩にと繰り出しました。

posted by akino at 00:00| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

あきの80路近くを語る・・・2739

今朝、娘夫婦はフィリピンへ旅立ちました。
曇り空の下、犬とゆっくり散歩をして帰ると昼時間。お湯を沸かして、冷や飯にお茶をかける…おかずはシシャモの焼いたのと「宮重大根のたくわん」。
これは、わたし流、超贅沢ご飯です。なぜなら、この沢庵は、先日弟の親友から貰ったもので、普段は決して手に入らないから…。「宮重大根」は硬くて小ぶりです。
松本では暮れから本格的な漬物を食べますが、まず11月霜が降りるのを待ってつける「野沢菜」。これは12月ごろから食べ始め、同時に「浅漬のたくあん」も登場します。このたくあんは市販されている大ぶりの大根です。
「宮重大根」はそれらが終わるころからの食べ物です。市場には決して出ない、貴重な漬物が食べられるのは、松本出身のご夫妻が、手に入るルートを持っているからです。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

あきの80路近くを語る・・・2738

先日帰国した日に嫁さんが犬を医者に連れて行ったと話し、左耳が悪いので注入する薬と抗生物質を二週間分もらってきたから、朝夕2粒ずつ飲ませてくださいと言います。(支払額8000円)
指示どおりに飲ませ1週間が経ちました。1週間したら再度来院するようにとのことなので、こんどは娘夫婦が連れて行きました。すると右の耳も悪くなったからと、抗生物質をさらに2週間分出されました。(支払額7500円)
わたしは、そんなに長く飲ませるのはどうかなと考え込みました。でも嫁さんが留守の間一所懸命面倒を見てくれた気持ちを考えると、やはり飲ませなければと思ったのです。
今日、三男夫婦が来たので報告すると、三男の目が三角になるほど吊り上って、そんな抗生物質の出し方はおかしい。飲ませない方が良いと即座に反応。それを見て、なんだかわたしも安心しました。
人間もきっと同じです。医者にかかると、それをきっかけにどんどん薬を増やされる…やっぱりわたしは医者嫌い。医者にかからずに死にたいと改めて思いました。

posted by akino at 00:00| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

あきの80路近くを語る・・・2737

今夜は次男の家族が娘たちに会いに来ました。1カ月とすこし会わない間に孫2人はそれぞれ大きくなって、幼稚園に行き始めた子は言葉数が多くなりました。下の子は犬好きになって、犬から離れることなく遊んでいました。
次男は、子どもを何とかバイリンガルにしようとしているので、アンクル・ルイスの言葉を少しは理解して、相槌を打っていました。たとえば、テーブルに置いてあるチョコレートを「1つ欲しいか? 」と聞くと「3個」と答える程度ですが…。
おみやげは、荷物になるから買ってこない…そう断って旅だったはずですが、気がつくと孫の物はいくつか買って帰りました。上の子はワシントンのスペース・ミュウジアムで買ったディスカバリー号をすっかり気に入ったようですし、下の子のは指人形と思って買ったのに、これが体を洗うのだったようです。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

あきの80路近くを語る・・・2736

雨が止んだので、夕方の鎌倉散歩に行ってイタリアンを食べて帰ろうと言うことになり、3人で出かけました。雨の止むのが遅れたので、あじさい寺へいくことはできませんでしたが、人のいなくなった八幡様の境内をゆっくり見て回りました。
その後、小町通りを奥に入ったところでみつけた店に入りました。予約席で埋まっているようなので、多分おいしい店だろうと見当をつけたのです。
鎌倉で採れた野菜だけで盛りつけられた1皿は、皮つきの蕪などですが、たいへんおいしく感じました。コースで頼んだので珍しいものを食べることが出来、大満足でした。
これをきっかけに自分でも料理の幅が広げられたらよいのですが…。

posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

あきの80路近くを語る・・・2735

上野広小路の「梅の花」へ娘夫婦と3人で行きました。食事をご一緒してくださったのは、亡くなった弟の親友ご夫妻。数年前、銀座で食事をしたとき、たまたま娘も一緒で、もっかPhd目指して頑張っているという話になり、「もし娘が博士号をとったら、お祝いに集まりましょう」とわたしが提案しました。
ご夫妻には、弟が亡くなって半世紀以上も経つのに、未だに何かとお世話になり励ましていただいてます。
三男がドイツへ留学する時も、帝国ホテルに、わたしの子どもたちを招いてくださり、食事の後はみんなで、となりの日比谷公園へ夜の散策としゃれこみました。
こうして、わたしの両親が生きている間は、両親と付き合ってくださったのですが、両親が亡くなってからは、わたしとの付き合いになり、今では子どもたちまでもがお世話になっています。
posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

あきの80路近くを語る・・・2734

旅から帰ると、決まって洗濯物が出ます。土砂降りの中、洗濯機を3回まわしました。そしてそれらを部屋の中に昆布のように吊り下げて置くと、今朝は上天気。起きてすぐに、一気に外へ持ち出しました。
汚れたものを片づける快感 、掃除もそうだし、押し入れを片づけるときも、この快感を味わいます。
そんなに気持ちの良いことなら、常にきれいにしていれば…と、考えられそうな気もします。でも、これはそうでないところが良い。いつもきれいにしていると、多分私の場合は、神経質でいやな性格になってしまいそう…たまにきれいにするから気分がスカッと斬新になるのでは…。
ここまで考えて、人というものはどんな時でも、自分の言い訳をするものだと、ちょっぴりおかしくなりました。

posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

あきの80路近くを語る・・・2733

東北で4泊して帰った娘夫婦に、わたしの用意した夕飯は、@玄米ご飯黒大豆入り A肉とピーマンの韓国風 B切干大根の煮物 Cひじきの煮物 Dポテトサラダ(婿さんが特別好きな物) Eぬか漬け とまあこんなところです。
どれも一度で食べきれるわけはないので、何回も登場させる予定。
このほかに青い豆と豆腐、牛乳を撹拌してつくったディップはポテトチップスに付けながらビールと一緒に。
あと、肉の塊がありますが、これは明日、茹で豚にするつもり。
こうして作り置き出来るものばかりの簡単料理です。これに冷凍庫にアサリの冷凍したのがあるので、沸騰させた湯に入れればたちどころに味噌汁も出来ます。

posted by akino at 00:00| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

あきの80路近くを語る・・・2732

「あづみ野・小谷の民話」は、ほのぼのとした話たまげた話など、この地方の児童文学会の人たちによって調査され書かれた本です。読んでいて一番うれしいのは方言――故郷を後にして60年近くなりますから、方言の細かなところを忘れています。
ところがこの本の会話の部分にそれがあり、読んでいるうちに、たまらなく懐かしくなります。
「そうだ、いそがずい」そうだ、急ぎましょう。
「源長寺の和尚さまにお経をあげてもらわず」あげてもらいましょう。
「ぐるぐる巻きにしているじ 」ぐるぐるまきにしているよ。
「元気になるずら」元気になるでしょ。
こうして方言は主に語尾にあります。父は亡くなるまでこの方言が出ていました。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

あきの80路近くを語る・・・2731

年取ったせいか、飲み物は断然温かなのが好きですが、今日のような暑さになると冷たいコーヒーが飲みたくなります。
と言っても、インスタントコーヒーに砂糖と牛乳と後は氷だけ。人はちゃんと淹れたコーヒーでないと、と言うかも知れませんが、わたしはそれほど味が分かりません。まあ人間が安上がりに出来ています。
ワシントンの家でのこと。コーヒーメーカーで、コーヒーを淹れるとき、そこにシナモンの粉をちょっと加えました。これがなかなかの味わいとなりました。ゴディバに香りのコーヒーがあってわざわざ買うのに、何とこうしたやり方なら簡単です。これを拡大していけば、合うものなら何でもドロップする時に加える…意外と楽しみの幅が広がるかも知れません。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

あきの80路近くを語る・・・2730

ピンクマティーニという楽団とコラボして外国で人気を沸騰させた由紀さおりさん。
たまたま4時ごろテレビをつけると武田鉄也氏の司会するBS番組で由紀さんをやっていました。息の長い歌手は、幸運に恵まれただけではなく、常に努力していることも良くわかりました。
前にブログに書いたメアリーさんとのお付き合いは昭和40年代のことです。メアリーさんはジョンバエズをレコードでよく聞いていました。ところがある日、日本の曲で素晴らしいのがあると言います。それが由紀さんの「夜明けのスキャット」で、聞かせてもらうと、透き通るような歌声でした。
それから40年以上の時を経て、外国で歌うようになったきっかけは、ピンクマティーニの人がNYのレコード店で古いレコードを手にしたことに因ると言います。
由紀さんが「年齢に抵抗するのではなく、年齢を味方につけて歌い続けたい」こう話していたのが印象的でした。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

あきの80路近くを語る・・・2729

夕べ娘夫婦が帰ったのが11時半、それから食事をして寝たのが1時くらいだったと思います。
そして今朝は4時起きしました。夫婦が福島で行うアートプロジェクト出席のために、東京駅6時集合だからです。朝飯は車の中だと言うので、夕べ握っておいたおにぎりを袋に詰めたりして送り出しました。
以上の理由で2時間ほどしか眠っていません。それで今日は昼寝をしました。目が覚めるとすっきりすると期待したのに、これが正反対「ぼうっ」としてしまい体が宙に浮いている感じです。
こうなると体の調子を戻さなければなりません。それでジャスコの中を「食べたい物を買う」という目的でうろつきました。
結果、夕飯に食べたものは、細巻き鉄火2本、アンパン小1個、コロッケ2個、ヨーグルト、ぬか漬け、トマトジュース、ウーロン茶、以上です。
2K増えた体重は気にせず、栄養計算も横に置いて体力を回復させる…体は自然治癒力の法則に従うはずですから…。
posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

あきの80路近くを語る・・・2728

今日は朝からいつもどうりの生活開始。こうすると時差が早く取れるので…。
まずジムに行く道具を持ち、先に郵便局にまわりました。速達を送るところがあったので、ついで長男の家に小包を出しました。それからジムへ行って泳ぎ、サウナに長く入って、帰りに自転車の前後にてんこ盛りの買い物をしました。
昼はお弁当を買ってきたので、それを食べ、冷蔵庫へそれぞれを収め、ぬか漬けの出来合い袋を2袋買ってきたのでキュウリと大根を入れました。
これで夜、婿さんが中国から来ても大丈夫。献立は婿さんの好きな味ご飯です。炊きあがりにちょっとバターと醤油の香りを混ぜて西洋っぽい味付けに…。
なぜなら娘は近ごろ玄米食で、婿さんにもそれを押し付けているのです。だからレストランに行くと「肉、肉…」と飢えたように注文するとか。それを聞いているので豚肉も買いました。これを焼いてチーズ味にしてやればきっと喜ぶはずです。
これで今夜は普段通りに眠れるでしょう。時差解消です。
posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

あきの 80路近くを語る・・・2727

夕べ帰りました。留守番をしてくれていた三男夫婦のおかげで家の中があちこち見違えるほどクリーアップされていて同じうちとは思えないほどきれいです。感謝、感謝。
さて飛行機の中でのことを説明します。前の人の背もたれに小型画面があり、自分の好きな画面、映画、音楽、ドラマなど、かなり広くから選べるようになっています。
わたしの選んだのは飛行地図、現在どこを飛んでいるか、事細かく映し出されるので見入ってしまいました。まず飛行機はアンカレッジに向けて北上。そこをシベリア平原を横に延々と進みます。
きっと眼下に何か見えるはずと考えて飛行機の後尾まで行って、窓のブラインドを細めに開けました。想像した通りの凄い景色。氷山、雪原、海などが航空写真で感激したとおりに実現されています。これがずっと続いてから今度は南下、樺太の島を北から南へ…。北海道は稚内から入って札幌を通って南下、仙台の上を成田へと進みました。札幌と成田の距離は、目分量で樺太の南北と同じほどの長さでした。
posted by akino at 08:12| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

あきの80路近くを語る・・・2726

さて、いよいよ帰る日となりました。予定は朝起きたらまず身ぐるみ剥ぐ様にして洗濯をーーかなりな量です。お互い2抱え持って地下室へ。何台もの洗濯機と乾燥機が並んでいるので、色物と白い物を分けてそれぞれ別の洗濯機へ放り込みました。終わって部屋へ戻り朝食。冷蔵庫の片付け分が口に入ります。まだ余っているので昼食として空港へ分けて持参することに。別々の飛行機に乗るのは安いチケットを手に入れたためです。娘は5時間ほど後のに乗るので空港で頼まれた記事を書く予定らしい。
カバーをとった羽根布団から羽が漏れているのを発見した娘に母親はすぐに対応、久しぶりの針仕事です。「安いの買うから布が弱いんじゃない」「そんなことないよ」などと勝手な会話。さらに「お前の仕事ぶりを見ていると、段取りが悪いのが欠点、仕事はいつも一つ先を頭にいれながら対応すること・・・など母親ぶりながら、でも、まあこれだけたくさんの仕事を同時進行させているのだから無理もないなあと内心では同情します。
そろそろ50分、洗濯の乾燥が終わる時間です。洗濯物をとりに行って片付ければ、出発の時間になります。では、次は日本で。
posted by akino at 21:08| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あきの80路近くを語る・・・2725

最後の晩です。婿さんのいとこに招かれてアルゼンチンのステーキ屋さんに行きました。婿さんは北京なので夫妻と私たちの4人だけ。
このステーキ屋さんは息子たちが来たときに行って大好評だったところです。
ワインに果物の入ったサングリアは思い出の飲み物なのでまた注文しました。ステーキは娘と半分こしたのですが、それでも大きくて食べるのが大変でした。相手の夫妻はチキンを注文すると文字通りわらじの様なのがでて、半分食べて家へ持ち帰りました。
入り口には、日本の雑誌に載ったらしい店の紹介が、切り抜かれて飾られていました。
posted by akino at 10:28| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

あきの80路近くを語る・・・2724

ワシントンとアリスのところへ行った以外は、毎日公園の太極拳に通いましたが、今日は11日の朝で最後です。
終わってから、思い切って先に立ってやっている人の近くに行って「謝謝」と言ってから「明日わたしは日本に帰ります。太極拳はこれで最後です。たくさん楽しませていただきました。ありがとうございました」と挨拶すると、かなり教養のある人に見受けられるのに英語が全然わかりません。近くの若い女の人が通訳すると、急に笑顔になって握手してくれました。これをきっかけに、その隣の人もみんなにこにこ顏に。黒人の女の人にも「わたしは娘の家にきていたので、明日は日本に帰えるから、今日でさよなら」と言うともう帰って来ないのかと聞きます。そう、住んでいるところは日本だからと説明しました。ハグして別れました。
住むところ、人情はみな同じだとあらためて感じた一幕でした。
posted by akino at 21:49| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする