2012年04月30日

あきの80路近くを語る・・・2664

タケノコご飯をつくりました。干した貝柱を水に戻す時、酒を入れました。それから冷蔵庫に入れたまま、うっかりしていた枝豆の皮をむいて、さっと茹でると、目の覚めるよう色になりました。まず筍と貝柱を入れてご飯を炊き、炊きあがったところへ枝豆を加えたので、いかにもこの季節なら出来のご飯になりました。
もっか、この枝豆色に凝っています。あまりに魅力的な色なのでいっそのこと「台所を枝豆色にしてしまおう」と考えて、今日で3日間100円ストア三か所に通い、台所の一角を緑色で染めあげたほどにしました。
マンネリ打破には少しばかりの無駄遣い…でも、これが精神までもリフレッシュするので、男の人の一晩の飲み代だと思えば安い楽しみです。

posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

あきの80路近くを語る・・・2663

ゴールデンウィークに突入。わたしなど何の変化もないはずなのに、周りの雰囲気をいつもと違う…そう感じて、いっしょにゆったりしはじめています。
気温25度、開けてある窓から入る音がいつもと違います。2軒下の家からは、キィーっ、チャ―っ日曜大工の好きなご主人は、寒い冬の間、やりたいのを我慢して待っていたのでしょう…音がそう言っています。
上の家の保育園に行っている子ども2人が休みなので、かわいい話し声が物干し場から聞こえます。
船だまりに行くと「春の海 ひねもすのたり のたりかな」の波に乗って鳥たちものたりのたりかな…です。
道行く人も25度の陽気にすっかり薄着。そうなると、暑いからと考えて3時過ぎに家をでにもかかわらず、犬はハーハー、途中休憩を2回とりました。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

あきの80路近くを語る・・・2662

夕方、ラジオをつけていると、スメタナのモルドウが流れます。聞きながらチェコに旅した日を思い出しました。
スメタナの博物館は、大河の畔にあって、小じんまりしたところ。わたし以外は誰も入館していませんでした。
同じ川横の通りにあった「キュビズム建築のダンシングビル」を見たくて足が痛くなるほど歩きました。集合時間に縛られているので、気ばかり焦り、やっとやっと辿りついたのを憶えています。建物は「確かに女性が絹のドレスを着てダンスをしているほど優雅だった」と記憶しているのですが、今、検索してみると、わたしの感じたほどでもないかなと思います。中はしっかりとした普通のビルで、人々が立ち働いていました。
チェコの町にはパペットを売っている店がたくさんあって、買おうかどうしようか迷ったのは、欲しかったのが10000円と言われ、手が届かなかったためでした。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

あきの80路近くを語る・・・2661

厚みのある豚肉を塩麹につけてあるので、そろそろ焼いて食べようかなと考えていると、ラジオ深夜便に登場した発酵学の大家・小泉武夫氏が、「塩麹は自分が言い始めたことだ」と披露しました。
わたしも発酵食品は体に良いと考えていますから、ときどきキムチを食卓に載せます。氏の話によると「日本で売っているキムチは本場もののように発酵していない。あれはキムチ風と言わなければ、キムチに失礼だ」と。
氏の話の面白さは、「発酵は力なり」聞いているうちに、発酵食品を積極的に摂らなければという気になります。そして「日本人の性格が、切れやすくなったのは、50年間で肉の消費量4倍、油の消費量5倍になったから。こんなでは大腸ガン患者がますます多くなる」と警告していました。
発酵食品は、チーズ・ヨーグルト・酢・酒・パン・味噌・漬物・ビタミン・アミノ酸・抗生物質と多彩です。酒粕のことを江戸時代には「手握り酒」と言ったそうで、アルコール度は7パーセントだそうです。

posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

あきの80路近くを語る・・・2660

朝4時半に目覚ましをかけ、すぐに犬の散歩。5時少しすぎには電車に乗りました。
今日は嫁さんと上の孫が出かけるので、下の孫の子守です。
いつもは家族でわが家へ来るので、じっくり孫の観察をしませんが、1日中2人でいると細かなところが分かって、なかなか楽しかったです。
常にニコニコしている1歳半の子は、ご飯もたくさん食べるし、独り遊びをします。散歩に連れ出して、チューリップの前に連れて行くと、チューリップより落ち葉が好き…しかも枯れている葉に興味を示します。両手に持つと3枚目は、1つ捨てて次を拾います。そうしながら、その度にわたしを見上げてはニッコリ。とにかく1日中笑顔を振りまく子、しかも落ち着きもあるので、どんな子に育ってくれるかますます楽しみになってきました。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

あきの80路近くを語る・・・2659

新しい餌は、ボクがあっという間に食べてしまうので、バアチャンはご機嫌だったよ。この餌に替えてよかったと安どの胸をなでおろしていたんだ。ところが、ボクはその餌にも飽きてきちゃったよ。
どうしてかというと、バアチャンとボクはいつも一緒の時間に食べるけれど、どうもバアチャンのほうがおいしい物を食べているらしい。
らしい…っていうのはね、テーブルの上だから見えないんだ。だから匂いで見当つけるんだけどね。
でもバアチャン、今回はカリカリを徹底して食べさせるつもりらしいよ。仕方ないから、がまんして食べて、その後にくれる歯磨きの形をした緑色の餌を楽しみにするしかないかな。やだな〜。

posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

あきの80路近くを語る・・・2658

先週ここに、文章教室のお別れ会のことを書きました。
そのとき、わたしは何か明るいものを用意して、別れの湿っぽさを救いたいと考えました。即席で作ったのが小さな香港フラワーの花束8個です。
Sさんは腰が痛くて出席できないというので、せめて花束を届けたいとMさんにお願いしました。そしたら、昨夜Sさんからお礼の電話があり、自分の気持ちを一所懸命表わしたいと努力しているのが分かります。
こちらは相手を傷つけないよう、向こうの気持ちを汲みながら、話を明るく持っていって電話を切りました。それから30分ほどして、また電話があり「わたしお電話をしましたでしょうか?」と不安げです。
あのしっかり者のSさん、戦時中は女学校から勤労動員に行った話など、毎年終戦記念日ごろには必ず書きました。うまい文章で、さすがに昔の女学校は国語力が格段に違うと感じさせたものです。そのSさんにして、寄る年波には勝てません。年取るのは悲しいことです。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

あきの80路近くを語る・・・2657

今の犬で5匹目ですが、餌には苦労します。最初の犬は煮干しとご飯と味噌汁だったから、何のトラブルもなしでした。カリカリを与えるようになると、餌が大変、犬はカリカリが嫌いです。
「食べなければ放っておけばお腹がすいたら食べる」という考え方は承知していますが、それが出来ません。牛乳をかけてみたり、煮汁を混ぜてみたりと、いろいろ工夫してようやく食べさせていました。
そんな悩みを解決したいと願っていると、インターネットで「ロイヤルカナン」という餌を見つけました。ビーフと書いてあったのがヒント…これなら食べるかも知れないと注文。うまくいきました毎度簡単に食べてくれます。そしてウンチの量も少ない。まさに一石二鳥と1件落着になりました。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

あきの80路近くを語る・・・2656

市民農園の青い網はカラス除け。それが一面に広がり、遠くの海と相まって美しい風景を作り出しています。今朝はここで小柴農協が、苗や肥料、農具などの販売をしました。
朝8時に家の門のところで待っていると、誘ってくれたTさんが時間きっかりに来ました。往復3Kほどの山道を、気ままなおしゃべりと、道端に咲いている花々を眺めたり、きれいな木の枝を挿し木用にちょっぴり失敬しながら歩きました。
買ったものは、ペチュニアと、きゅうり、トマト、ピーマンの苗。その後ジムへ行って、午後草を取りながら植えました。
植え終えて水をやりながら眺める気持ちは、一仕事終えた満足感でいっぱい。後はこれが育つのを楽しみ、食べるのを楽しみ…と続きます。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

あきの80路近くを語る・・・2655

久しぶりの1か月の旅は、まず5月12日ハワイに向けて発つ予定なので、旅の支度を始めました。目下、使わない部屋に、旅に必要と思われる物を、思いつくままに放り込んでいます。
この後、使わないで済むものを出来る限り減らしていき、最後は、みんなが2、3日の旅に持って行くくらいの量にまで減らしてしまいます。いかに減らすかが腕の見せどころ…これは誰のためでもない自分のためで、荷物の多いのは移動が大変ですから…。
今度の旅は、友だちの家に行ったりするので「おみやげ」が10人分近くは必要です。これらも、いかに小さくて軽くて、よろこんでもらえるもの用意できるか…探し集めました。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

あきの80路近くを語る・・・2654

桜が終わると、予報で「明日は寒い」と言っても、あまり寒さを感じなくなりました。そう思うのは人間ばかりではないようで、木々もどんどん芽吹いています。草花もどんどん咲き出しています。
何もかもが活動を始める春は気分高揚。きっと体のあちこちでも、春の状態を作っているのでは…。証拠に、いつもより意欲的に体が動きます。晩秋に撒いた春菊、小松菜など、一日延ばしにして採らないでいましたが、全部摘みました。そして菜の花、葉の部分、春菊は茎の硬いところは除けて…と、それぞれに茹でました。
今夜は葉の部分をゴマあえにし、魚も焼きました。これに胚芽米の炊きたてで夕飯を摂ると、体が栄養をしっかり受け止めた感じがします。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

あきの80路近くを語る・・・2653

「舟を編む」作者の才能にため息。「うまいもんだなあ…」これがわたしの感想。
まず主人公の名前の付け方が凄い。姓は馬締(マジメ)、辞書編集部にやってきた馬締を身近で見たとき、「こりゃまた、壮絶にうだつが上がらなさそうだ」そう思った同僚の西岡が、やがて彼の辞書作りにたいする姿勢と、言葉に対する敏感さに舌を巻いていく。
【西岡は馬締のことを、辞書の天才だけど要領が悪く、自分とはまったく通じるところのない変人だと思っていた。ところが…】。こんな変わった人を主人公しながら、読者を馬締ファンにしていきます。そして、辞書作りという気の遠くなりそうなこまかな部分を延々と組み立てて行く人の魅力に読者を引き込むのです。不思議な本です。
地味な題材なのに、なぜか面白い。西行について辞書にどう載せるかの2人の議論など、超・面白かったです。馬締の恋人の名は香具矢(カグヤ)と言います。

posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

あきの80路近くを語る・・・2652

友だちが出来る過程はこんなです。
公園を通り抜けるとき、体育館で社交ダンス、その外ではゲートボールと、暖かな春に誘われるように、何となくうきうきした気分です。腰かけて一休みしていると通りがかった人が犬に声を掛けてくれました。
それをきっかけに二言三言話をしたとき、「曽野綾子」という言葉が出たのです。わたしはそれに飛びつきました。本の話になり新聞の話になり、そして政治談議。新聞の隅から隅まで読むと言うMさんは、考え方が魅力的。並んで歩きだしたものの、もう一度日陰で腰かけておしゃべりしようと言うことになって、ゆっくり語り合いました。
「同じ団地に住んで長いけれど、こうした話を面白くできたのは初めて…」相手は言います。わたしも、「本はたくさんあるから、いつでもいらして選んでください」と家の場所を教えました。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

あきの80路近くを語る・・・2651

横浜瀬谷区の「あじさい会」が今日解散食事会をしました。瀬谷駅前にある「魚貝亭」は店の名前からして新鮮な刺身の盛り合わせなどを出すところ。たくさん舌鼓を打ってきました。
高齢者集団の会は、近ごろみんな病気がち。でも戦争を乗り越えて我慢強い人たちだから、根性で出席するかもしれないと考えながら伺ったのですが、実際は腰痛持ちの人は座っていることも難しいとか、他の1人も顔色が悪く出席不可能。もう1人のがんばりやM氏だけは、さすがに病気を押して出てきました。
終わってから、1人で瀬谷駅前をぶらついて帰りました。そこからもう少し奥にある瀬谷図書館に文章講座があって通ったころはみんな元気でした。
F氏は去年「ぽっくり逝きたい」という文章を書いて3カ月のちに、希望通りぽっくり逝ってしまいました。
「生老病死」これは、良くも悪くも厳しい現実を映し出してくれます。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

あきの80路近くを語る・・・2650

わたしの所属している同人誌「出現」を主宰されている小島氏から4号が送られてきました。氏はこまごまとした仕事を一手に引き受けてくださり、おかげで書く機会をいただいてます。
表紙はわたしの大好きな青色で、そこに同色のイタリアの田舎にあるような感じのドアが描かれています。ドアは裏表紙にもついています。
「興味のある方はいつでも、ここからお入りください」そう誘いこんでいるドアに思えます。
本は中身が大切ですが、表紙は中身を表しているようで、高齢な人々の集まりでも中身はモダンだよと主張している感じ…表紙を見ていると、そんなふうに思えてきます。
パラパラと中を見ましたが、今夜はゆっくりと読む楽しみができました。
下記アドレスが「出現の会」です。
http://www9.plala.or.jp/bsnagano/syutsugen.htm


posted by akino at 00:00| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

あきの80路近くを語る・・・2649

電気敷布をつかうのを、ようやく止めて行火にしました。これは通電させて蓄熱するタイプですが、中にどろどろした液体がはいっていると思われます。その液体を通電させて温める方式なのでコードはありません。上にフリーズ布で袋を作ったので、触った感じがふとんのようです。
前に使っていた電気行火は、ゴツンという感じで足に触り、おまけにコードも好きではありませんでした。
寝るという毎日の行為をちょっと工夫するだけで、随分と豊かな気持ちになります。ネットで買ったのですが、ネットも春先になると、ちゃんと安売りをします。
寝る少し前に行火を寝具のところに入れておくだけで寝る楽しみが出来ます。前にも書きましたが、寝具と書くわけは、犬が一緒なので、真冬でも毛布二枚で寝ているからです。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

あきの80路近くを語る・・・2648

住んでいるところに越してきたのは、昭和41年、32歳の時です。だから半世紀近くここに住んでいることになります。
今は埋め立てられて、海はずっと遠くなりましたが、来たころは、5分も行けば海岸でした。(ただしすぐのところは横浜検疫所で出られなかった)
自然がたくさん残っていた証拠には、今頃になるとキブシが咲きました。
【高さは3〜4m。3〜5月の葉が伸びる前に淡黄色の花を穂状につける。花茎は枝の各節から出て垂れ下がり、それに一面に花がつくので、まだ花の少ない時期だけによく目立つ】パソコンで調べるとこう書いてありました。
今日は切り通しで、房の長さが10pほどある木を2本見ました。もちろん野生です。


posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

あきの80路近くを語る・・・2647

散歩のついでに、ちょっと買い物。だからショッピングカーも引っ張らずに行きました。ジャスコに入ると、いろいろな物の値段の安さにびっくり。帰りが重くて大変になることは、気になりましたが、ついつい、あれも、これも、それもカゴにいれてしまいました。
5円でビニール袋2枚買って、そこへしっかり詰めて持ち上げると、重さがズシン。
持って帰らないわけにはいきません。
ビニール袋はたちまち腕に食い込みました。50mごとに休む…これを続けて行けば、夕方までには家に帰れるはずと計算します。
ところが腕の痛さが堪らなくなりました。それで犬用のウエストポーチを肩に当て荷物を前後に振り分けて持ちました。
20度を越す気温でしたから、汗びっしょりになって家に辿り着きました。

posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

あきの80路近くを語る・・・2646

昨夜から三浦しをん著「舟を編む」を読みだしました。辞典という至って地味な題材を面白く書いていると感心しながら読んでいると、今朝のニュースで、この本が本屋大賞をとったと言います。
凄い才能だなあと再認識。そこへ本人の笑顔が映って、35歳だと紹介がありました。野球のダルビッシュも同じ時間帯のニュースでした。
才能があることにプラス本人の努力、そしてもう1つ幸運…三拍子そろわなければ、ここまで来られないだろうなあと、平平凡凡人間はため息。
同じ人生をやるなら、華やかな場面のある人生を一度くらい経験したかったと思ったり、人並み以上の努力と苦労が伴うであろうことには不向きだから、やっぱりこの人生の方が良かったと思ったり…。雨の午後、80路近くは気楽なことを考えます。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

あきの80路近くを語る・・・2645

魚の調理をなかなかしませんが、食べないといけないことは分かっています。だから調理済みの魚に手が出ます。今日は特売日で安かったこともあり、白身魚のフライと鰺のフライを買いました。それからシシャモを5匹ビニール袋に入れました。
帰宅してフライは熱々のを食べてしまわないと、と考え、シシャモも解凍されているので早く食べないと、と思って焼きました。両方では多すぎるな…でも明日の分がお腹に入ったと思えばいいや…と割り切りました。このように食欲旺盛なのでどうしても太ります。
近頃は、ジムで血圧を測ると上がり始めています。医者にかかりたくない私としては、食事でコントロールしようと勇んででかけたスーパーなのに、あれもこれもと目がうつり、チョコレートまで買ってきてしまいました。意志薄弱…これは困りものです。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする