2011年07月31日

あきの70路を語る・・・2390

犬の散歩をすると、近所のニュースに詳しくなります。
今日は隣の町内が山の上の公園で「納涼祭」をすると言うので、犬の散歩はそちらへ向かいました。たったT町内だけの祭りですから、規模はママゴト程度。山の上は晴れていれば富士山が見える場所ですが、今夕は黒い雲が不気味です。
この公園に工事現場の足場を組む棒で、俄か出店がつくられ、焼きそば、カレーライス、焼き鳥、かき氷などが、どれも100円で売っていました。店員は町内の大人です。子ども神輿が町内を担ぎ歩く声がして、それが公園へ戻るころ、暗い空からポツリポツリと雨粒が落ち始めました。わたしたちは転がるようにして坂を下り濡れながら家へ帰りました。
どんな形にしろ、祭りの華やぎは、子どもたちを喜ばせるようで、浴衣を着せてもらった女の子たちが会場を盛り上げていました。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

あきの70路を語る・・・2389

夕方、犬仲間と野鳥公園を一周していると、向こうから来たのは、見覚えのある老人。
「あの人も、すこし見ない間に年取ったなあ…」そう思いながら会釈をしました。向こうは、スタスタと行き過ぎてから、後ろから声をかけてきました。振り向くと10mは間があります。
「横浜高校優勝したよ」手に持った雑誌の間から、写真を取り出したようなので、わたしちは、バックして、それを覗かせてもらいました。テレビ画面を撮ったもののようで、神奈川県大会の優勝旗を持って行進しています。さきほど試合が終わったばかりだと説明がありました。
「おめでとうございます。よかったですねえ」おじいさんは、わがことのようにうれしそう…横浜高校のグランドは、公園のすぐ隣、まさに優勝は地元みんなの喜びなのです。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

あきの70路を語る・・・2388

「カシャッと一句・フォウト575」はお気に入り番組の1つ。たった15分の番組ですが、画面に向けて4人がすわり、そこへ何気ない写真が出てきます。この写真をヒントに句を詠むのですが、視聴者の投稿の時もあれば、出演者が詠む場合もあります。
今朝について言えば、こんなです。
@写真の真ん中に目つきのするどいカエルが草の上から、じっとこちらを睨んでいます。その横に赤い茎が斜めに…。
【リベンジを心に秘めて時を待つ】…こんな句がついていました。
A海が広々として、遠くに夕日が落ちようとしています。太陽のオレンジ色を映した波は、モネの描く波のように揺れています。
【熱狂も余韻も消えた妻の声】…この写真には、こんな句でした。
写真に対する句の発想が突飛だったり、心の中を吐露したりと、いろいろで、いずれも作品の意外性が面白い番組です。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

あきの70路を語る・・・2387

娘の帰国を待っていたのは、ついこの間だったのに、もう七月も終わり近くなって、今日はNYへ帰って行きました。
2人だと毎度の食事も、ちょっと皿や盛り付けをしゃれさせるなどしていましたが、1人になった途端、夕飯はレトルトカレーを皿に開けて、ご飯と一緒にチン。あとは適当に冷蔵庫の残り物で済ませました。
イヌも何だかさびしそうに寝転んでいます。
いつもは独り暮らしが性に合っていると大口をたたいているわたし、でも今日だけは、ちょっと「祭りの後」がそこはかとなく…。
2人で、あれこれベチャベチャとしゃべり通しに、しゃべっていたからでしょう。
パソコンを二階に置き、居場所にしていた娘。夕方水撒きに庭に出ると、雨戸の閉まったそこが妙に寂しさを誇張していました。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

あきの70路を語る・・・2386

暑い夏にNHKプレミアムは今週ずっと北欧を旅する番組をやると宣伝しました。船旅はベルゲンから出発してフィヨルドを映しながら、伝統の舟づくりやチーズ作りの現場も見せながらで、今日が二晩目でした。
せめて画面だけでも、涼しさをという企画は気に入りましたが、残念なのは、登場させる旅人をもっと人間的に厚みのある人にしてほしかったということ。若い女性を登場させていますが、バイキングの歴史、それに対する人々の感情、地理的なことなど深く知っている人が行かなければ、太刀打ちできません。
まあ、こうは言っても、わたしの旅も同じようなもので、いつもただ物珍しいだけで終わっています。だから人のことを言う資格などないことは確かですが…。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

あきの70路を語る・・・2385

庭に水を撒いた夜、床に近い低いイスでテレビを観ていると、そこはかとなく風の侵入あり…当たりがやわらかというか、とにかく心地よいのです。次の風を待っていると、こんどは強めにはいってきました。するとまた、次を待つ気分になります。
緑のカーテンを気長に待てる性格ではないので、我が家の廊下側には表が銀色(これは熱を反射する)、裏が濃い緑の「編み物シート」を4枚吊るしました。
目下、散歩のおりに他所の家の緑のカーテンを見て楽しんでいます。一番上等の家のは、アサガオがびっしりと広がってカーテンらしくなってきました。ゴウヤは地面に近いところが、ようやく茂りはじめています。窓のあたりまで茂るにはまだまだ時間がかかりそう。植物のご機嫌次第を待っているみどりのカーテンは、目標達成が秋口になってしまうのではと…人の家のことなのに、気を揉みます。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

あきの70路を語る・・・2384

人を招待するとき、カラーの合いそうな人を思い描きます。今夜は先日ごちそうになった夫妻と編集の人でした。
夏なのであっさりした料理を考えました。@日本味のカルパッチョ。A豆腐とこんにゃくの田楽(くるみ味噌添え)。B茄子とししとうなど素揚げしたもの(おろし生姜添え)。Cひじきの煮物。Dかぼちゃスープ。Eきゅうりの梅干し和え。Fはまぐりを入れたショウガごはん。
みんなおいしいと言ってくださり、作り手に取ってうれしい日となりました。
それに、楽しかったのは会話が弾んだこと。旅行の話、政治の話。ことに政治の方法がアメリカとの比較でどんなに違うかなどについての話が面白かったです。これらはわたしにとって刺激となり、ここから何かの考えを発展させることができそう…そんな気がする夜となりました。
娘がいる日々もあと数日です。

posted by akino at 00:00| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

あきの70路を語る・・・2383

「なでしこJAPAN」で、久々にみんなが喜んでいる時、ある週刊誌はメンバーの家族の悪口を書いた雑誌の新聞広告を載せました。売り上げのためなら何でもありというのは間違っている…わたしの周りは、こんな反感を持ったようです。
これに反し毎日新聞のコラム「武将の顔」は、面白かったです。
【試合を見ていた演劇関係の人は、サッカーの面白さより、沢穂希主将の表情に魅せられたと。それは戦国時代の武将の顔…それほど凄味があったという意味…米国に先制ゴールを喫した後、若い選手たちが、一瞬悲壮な顔つきになったとき、沢選手だけはまっすぐ前を見据えていた。延長戦に入ってから、なお、凄味が増した。ボールが止まっている間、左右を見回す鋭い目つきは、まさに戦場で戦況を把握しようとしている武将。延長戦の後半が始まったとき、手をたたきながら叫んでいた姿も、劣勢の見方を鼓舞する武将だった。沢主将の気持ちの強さに経験の少ない選手たちが引っ張られた。自ら走りまわり、ゴール前でクリアもすれば、絶妙のスルーパスも出し、ゴールも奪った。彼女は本当に美しかった】

posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

あきの70路を語る・・・2382

「星の王子さま」を2冊もっているわけは訳者が違うからです。久しぶりに池澤夏樹氏の本を読みたくなったので、これを開きました。形が普通と違って手にはまりやすいし、夜空の青を布の表紙に使っているし…とにかく凝っています。そうそう栞の紐も同じブルーで「le Petit Prince」と金色で印刷され、とにかくおしゃれな本です。
訳者は言います。【「星の王子さま」は、とても魅力的であってしかもなかなか捕えがたい本だ。昔から何度も読んできたし、今回は訳までしたけれど、今もってこの印象は変わらない。何度繰り返し読んでも、読み終えた気がしない】と。
「ものは心で見る。肝心なことは目では見えない」文中、キツネに言わせるなど、大切な言葉がちりばめられています。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

あきの70路を語る・・・2381

台風が来て降ったり止んだりの空。こういうときは犬の散歩が気になります。雨の止んでいる時を見計らって、散歩に出ました。でも途中からザーザー降り。足元を歩く犬に傘の滴が垂れます。何とかかからないようにしようと、傘をクルクル回して遠心力を働かせ、水滴をなるべく遠くへ…。これは効を奏しましたが、あまり長い間まわしていたので、ついに手で持っているところのすぐ上、金の部分が折れてしまいました。
「あ〜あ、気に入っていた傘なのに…」後の祭りです。表が赤、内側に花模様が織られていて、大判なので雨がかかりにくく、長く使っていた傘です。
犬は帰宅してから、風呂に入れてドライヤーをかけました。風呂嫌いな犬は、風呂場の戸を開けてやると、飛び出してあちこちに体をこすりつけ、ながいこと落ち着きを失くしていました。

posted by akino at 00:00| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

あきの70路を語る・・・2380

居間にオモチャの棚があり、それは6つに仕切られています。その中の1か所はイーナのオモチャが入っていますが、自分のコーナーは匂いで分かるのでしょう。他には触りません。自分のところから骨の齧りかけを出したり、ちぎられてしまった人形などを出して遊びます。
数年前、庭にタイルを敷き詰める工事をしたときは、孫が大きくなって夏休みに泊まりに来ることを想定しました。ところが、実際はわたしの思い通りにはならない…近ごろそんなことを感じ始めています。
当たり前ですが、1番は両親の考え、2番は孫自身の考え、3番がわたしの考えの順序だと思うようになりました。孫はみんな花や虫が好きかと言えば違います。虫は怖い、花には興味を示さないなどもいますから…。
思い通りにならないのが子育てだったはずなのに、それをいつの間にか忘れていました。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

あきの70路を語る・・・2379

終戦の時に6年生だったわたしは、テレビドラマ「おひさま」と年代が重なるので、登場人物の心情がよく分かります。岡田恵和氏の脚本は、1話ずつを独立させて見せる細かな作り方をしているので、感情移入がしやすくなっています。
夕刊の「特集ワイド」に「おひさま好調」とあり、立身出世ではなく、日常のささやかな幸せと絆を考えられることが、視聴率を上げているとありました。
噴出してしまったのは、喜怒哀楽をいっしょに楽しんでいる視聴者から、陽子と和成の結婚式を挙げるシーンの放送後「末永くお幸せに」の祝電が30通も届いたと。
頭から戦争は悪だという考え方ではなく、あのころのみんなが戦争を自分たちのこととして捉え、勝ちたいと思っていた心情をうまく出していること、そして、「戦中戦後の何もない日本から新しい絆を結び直す手立てを分かりやすく描いているのが共感を呼んでいるのでは…」と書いてありました。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

あきの70路を語る・・・2378

朝、5時少し過ぎに散歩に出ました。向かって歩く方の木々を透かして太陽がきらめきまぶしいほどです。公園に入ると、鳥のさえずりがすがすがしさを演出し、カラスはエサ探しに忙しそう…冷蔵庫を持っている人間の贅沢さを考えながら公園を一回りして、車道に出ました、
道の脇に猫がいて様子が変です。近寄ってみると、車に轢かれたようで、足を投げ出し横たわっています。
あれ、猫ではない…尾に縞模様があるので、顔を見ると、何とアライグマではありませんか。黒い小さな目をぱっちりと開けたまま、お腹のあたりをかすかに上下させています。
まだ息がある…さあ困りました。恐ろしくて触れられません。
後ろめたい気持ちを抑えながら、見なかったことにして歩を速めました。自分は残酷な人間だと落ち込みながら…。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

あきの70路を語る・・・2377

草間弥生「世界が私を待っている」BSプレミアム3時間番組を観ました。最後の字幕に娘の名前もディレクターの松本さんの前に入っていました。
もう何年も草間さんを、調べると言うか研究している娘です。ようやくアメリカで博士号の取得ができるところまでこぎつけました。
この企画展は、世界各国を移動して何か所かで催されるそうですが、その際のカタログを書いた6人中の1人です。番組の中のアメリカ・ヨーロッパのコーデネイトも受け持ったようです。
Tつことを、コツコツやった結果が形を見せ始めている…わたしはそこを、とても喜んでいます。
今朝、ディレクターの松本さんから電話がありました。娘は北海道に行っているので、わたしは「番組の感想」を言い、労をねぎらわせてもらいました。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

あきの70路を語る・・・2376

サウナで毎日会う中国人の友は、夫と歳が離れていたので、夫が先に亡くなっても生活に困らないようにと、駅前に飲み屋をさせてくれました。
客はなじみの人が殆どだそうで、その中のA氏が「ママ、プレゼント」と帽子をくれたと。
「ワタシ、コレイラナイ。コレ、トシヨリノヒトノ使ウノヨ。寺山サンニアゲタイ」
「わたし帽子10個くらい持っているから、もう要らないよ」
「デモ、年寄りノヨ。ワタシ若いカラ、コンナノカワイソウヨ。チョコレート色シテ、花モツイテイルノ、イラナイヨ」
「くれた人に悪いから店に飾っておいたら」
「ソレ、困ルヨ。狭いトコロヨ。ゼツタイアゲタイ」
こんなやり取りの後、もらうことになりました。会話には登場しませんが店に来る男性から言葉を憶えたので、いつもはオフクロ・セガレなど面白い言葉が混じります。
日本人の夫だった人を「お父さん」と言い、亡くなった今も愛し続けている人です。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

あきの70路を語る・・・2375

NHKが無料動画サイト「NHK映像マップ・みちしる」を27日からオープンするそうです。動画は撮影地の緯度と経度を基に正確に地図に落とし込んでいるとか。グーグル・マップと併用しながら旅ができるらしいです。
こうなると、犬がいても病気になっても、その気にさえなれば「思い立った日が吉日」いつでも旅に出かけられます。しかも旅費は無料。旅のテーマを動物・趣味・グルメなどに絞る方法もあるようです。グルメは実際に食べられないのが不満になるかもしれませんが、わたしの得意な独り旅にぴったりだと、今からたのしみにしています。
先日ストリートビューでNYで住んでいた家や小学校を観ました。懐かしかったです。

posted by akino at 00:00| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

あきの70路を語る・・・2374

午前中、わたしの留守の間、犬は家の中の涼しいところを探して、玄関か台所の入り口のタイルの上を居場所にしているようです。
午後になると、犬はいつ散歩に連れて行ってくれるのかと待ちますが、4時を過ぎ太陽が西に傾いても、道に手を触れてみると熱い。これでは裸足で歩く犬の散歩はできません。結局5時過ぎて出かけ、森の中へ入りました。大木は風にざわめきながら、涼しい風を運んで、イヌものびのび。自然のエアコンはすごい。
ふと考えました。あと2か月はこんな暑さが続くのだと。梅雨が早くあけた今年の夏の長さに対抗策を考えねば…家を涼しくするためのあらゆる工夫をしてみよう…こんな目標ができると、俄然やる気がでてきました。これが暑さを多少忘れさせることになると思います。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

あきの70路を語る・・・2373

友に退屈する人の気が知れないと言う79歳がいます。この人と話をしていると「アイデアがほとばしり出る」と言った感じで、こちらも思わず引き込まれます。
今日について言えばこんなです。
「PCで旅をするには…まず飛行機の操縦から覚える。(グーグルのフライトシュミレーター)エンジンはどのようにかけるか。動き出した飛行機を離陸させるにはどうする…こんなことから始まって、トルコのカッパドキアに行く。空からカッパドキアを眺め、地上ではグーグルのストリートビューで探検します。さあ着陸態勢に入る操縦は」…などです。
PCのソフトウェアの進歩はこれらをすべて可能にしていると友は言います。最近VISTAより今一歩進んだPCを購入したので、それらが可能になったと、バーチャル旅行を勧めてくれました。でもわたしの技術ではちょっと無理のようです。

posted by akino at 00:00| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

あきの70路を語る・・・2372

わたしは性格的に新し物好きのようです。羽のない扇風機には、すごく惹かれました。それで楽天に宣伝が載った時、すぐにページをクリックしたのに、注文欄を見ると、すでに「売り切れ」。世の中には、わたしのように、もの好きが大勢いるようです。
ないとなると、もっと欲しくなるのが人の心理。待っていると、今度は違うメーカーのが、載りました。すぐに注文…早かったので買うことができました。
台の上に丸い輪がのっているだけ…なのに、スイッチを入れると、輪の先から風が出ます。「こんなこと、よく考えた人がいるなあ」と感心すること頻り。
これで小さい孫が来ても、指を突っ込んだりのトラブルは起らない…それが何よりと思っています。

posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

あきの70路を語る・・・2371

美大の日本画科に行っていた娘は、立川に多分米軍相手の貸家だったところだと思いますが、そこを4人で借りました。真ん中に大きなリビングルームがあったので、大作を描いて運び出すのに適していたからと思います。文字通り同じ釜の飯仲間なので、親しみが違うようです。
来宅したのは、その人たちと夫2人、娘2人で7人と、わが家の3人を足すと計10人。いたって暑い日なのに、バーベキューは火を使います。テーブルを木陰に移動したりしましたが、みんな汗びっしょりになって、最後は室内に駆け込みました。
それにしてもエアコン、28度はきついですねえ。27度でもホッとするのに…28度だと涼しく感じないのです。記者が自民党本部に行ったら、建物に入るなり、良く冷えていたと書いてあるのを見て「おやっ」と思いました。

posted by akino at 00:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする