2018年02月25日

NO...4853

団地にハンドベルの演奏会がありました。さまざまな音階のベルが用意され、それぞれの音を受け持つ人が振ることによって音楽が出来上がります。高音の受け持ちから低音まで、みんな熱心に振りましたが、これには限度があるような気がして帰宅し、インターネットの演奏会を探してみました。やはり素人が演奏して楽しむのはよいですが、本格的な演奏会はむりかなと感じました。本格的なのがあったら是非聞いてみたいです。
同時に大きな紙芝居もあり、4人の人がセリフを読みました。みんななかなか工夫して一所懸命で良かったです。それとギター演奏2曲もあり、最後はみんなでサクラや故郷を歌って終わりになりました。
イーナはシニアカーのところで1時間半ほどをいい子で待っていたので、帰りにソフトクリームのご褒美となりました。
posted by akino at 00:20| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

NO...4852

犬友のご主人が亡くなられ、いつもの連絡網でその通知が入りました。
「家族葬でされる」と言うことでした。それでわたしはいろいろ終わってから犬友として「慰めの会」をしようという話をたまたま会った2人としました。
今はすぐに葬式ができないのは、焼き場が混んでいるからです。数日が経った今晩がお通夜とのこと。
ここで問題が起こりました。5人のうち2人がお通夜に行くというのです。それで残りの3人で話し合いました。わたしは家族葬でやりたいと言われているのに、行くことはないと考えます。行く2人は義理を考えてのことでしょう。でも時代は変わり、相手は家族葬を望まれているのです。
家族だけでゆっくりと故人を囲んでお別れをなさるというのは、心がこもっていて、形式的なものよりどんなに良いことか〜。
Mさんの家でご主人から淹れていただいた本格的コーヒーの味は、今もわたしの中に残っています。犬友たちは奥さんが寂しくならないように考え、お守りしますからどうぞ安らかに旅立ってください。合掌。
posted by akino at 00:06| Comment(7) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

NO...4851

インターネットの中の「Gacoo」にいろいろな大学が無料講座を提供しています。一科目が4週間単位です。(以前もここに何回か書きましたが)
開講して4年経ちますが、近ごろは最初のころの意気込みからすこし違った感じになっています。というのは大学の宣伝めいたのもあるからです。
講座は、教授によって授業がかなり違う感じです。例えば表を棒読みする教授、昔風授業で分かりやすい教授、口早でなかなか中味が理解できない教授などなど。よい教授陣を出してくるとわたしが思うのは法政大学。
今までに36講座勉強させてもらいました。「修了証」も同数いただいてます。そんな中で法政大学の講座は4科目。この大学はわかりやすい工夫もありどれも面白い授業でした。
posted by akino at 03:44| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

NO...4850

原田マハ著「たゆたえども沈まず」は表紙絵がゴッホ星月夜。
内容はゴッホと弟テオの兄弟愛を中心に日本人の画商・林忠正と助手の重吉を関わらせたストーリーです。
408ベージの長い小説を一気に読ませるのは、1800年代のパリの美術界がそれまでのオーソドックス(?)な作品から日本の浮世絵や印象派作家の出現で変わり始めるころで原田さんの話作りの上手さはさすが。美術界をテーマとした作品を書き続けていますが、実在した人物を中心に自分の感性でストーリーを進めていきます。そして各項目の題名が「一九六二年 七月二十九日 オーヴェル・シュル・オワーズ」というように具体的です。
現在何十億という値のつくゴッホ作品も、当時はまったく売れずに、弟のテオの援助で食いつないでいます。何だか救いようのない悲しみを感じながら読み進みますが、結果を知っているだけに主人公の人生に同情しながらでした。
posted by akino at 00:01| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

NO...4849

郵便受けに「あおぞら」の広告が入りました。読んで、これは是非知っておかなければと考えて、団地の集会所で行われた説明会へ行きました。
4月1日にオープンする「小規模多機能型居宅介護事業所」の説明会です。内覧会も3月26 ・27にあります。
わたしはこういうものがあったらいいなあと、考えていたところなので、それが近くにできるなんてラッキーと思いました。簡単に言うと人生の最後まで家で暮らしたい人に向けた事業所です。
介護度とはどんなものかと質問すると、「1〜5まであり、1はトイレに一人で行かれなくなったり、着替えが一人でできない状態」だそうです。そして介護度1の場合は介護費用が月額112、281円かかるけれど、自己負担は月に11、229円だと。
現在病院で亡くなる老人は死亡者の70%、それを自宅介護にしようという国の施策のようで大歓迎です。
posted by akino at 02:05| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

NO...4848

オリンピックで羽生や宇野を応援しました。でも、まさか年配女性みんなが燃えに燃えているなんて知らなかったので、びっくり。またクマのプーさんがたくさん投げ込まれるのにもびっくりでした。
わたしは女子のカーリングが好きです。
技術の他にかなり頭を使うと思われるゲーム。日本女子の場合は北海道弁のアクセントで連絡をまめにとっているところに親しみがわきます。
すべすべに磨かれたまるっこい石は20キロあるそうで、それを床磨きのようなブラシで掃くと、石は生き物のようにくっついて行き、ピッタリと思ったところに落ちついたり、はじき出されたりと自由自在。
「うまいこといくものだなあ」と感心していると今日のカナダなど小憎らしいほどに操って日本に勝ちました。
まあ、日常でこんなに夢中になれることがない分、オリンピックは好きです。
posted by akino at 02:15| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

NO...4847

Nさんご夫妻が飲み物、煮物、これ以上新鮮な魚はないほどの刺身持参で夕飯に見えました。招待したつもりが招待されるほどの持参品。これに対してわたしの用意したのはアイデア料理。さすがに伝統の食べ物は違うと、喜んだのはこちら。馳走するつもりがご馳走に預かってしいました。
しかし、例の生姜ご飯で、何とか挽回できたかな。まあ実力の差は素直に認めて付き合えば良いと自画自賛の夜となりました。
モロッコへ行ってきたと言われ、写真を持って来られたので楽しませてもらいました。絵の先生だから、これらの写真のどれかが展覧会の絵になるでしょう。
ご主人はイーナを可愛がってくださり、わたしは奥さんとあれこれの話をしました。
それにしても、わたしの仲良しになる方たちはご夫妻というセットばかり。老後、夫婦仲の良いのは実に良いものと、独り者は眺めています。
posted by akino at 02:24| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

NO...4846

リネツが休みなので、Iさんの好意でセントラルスポーツのインビテーションカードをもらい、行ってきました。古巣はなつかしい人々に会えます。
施設はいろいろと合理的でよいのですが、坂を登って行かなければならないのが欠点。
しかしミストサウナがある、外風呂がある、ジャグジーもいろいろな箇所に当てられるよう何種類もあるのはやはり魅力的でした。もう1枚券があるので3ヶ月以内にまた行きます。
でも来週木曜日からはリネツ再開なので待たれるところです。
そう言えば、わたしは近ごろ、朝の散歩で1回に50メートルほどを走ることにしました。
娘が走るのを見て、気持ち良さそうに思ったのです。いざ走ってみると何とかできることがわかりました。3キロほどの散歩中、3回に分けて走りますから200メートルは走るというところでしょうか。
posted by akino at 03:03| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

NO...4845

浅田次郎著「マンチュリアンリポート」は中国に題材をとった作品。
読んで感じるのは、浅田氏には作家プラス文章職人という言葉をつけたい感じがします。それほど技の見事さがある小説です。
マンチュリアン・リポート内容
『法治国家でありながら「御陵威という言葉で帝国議会を黙らせる」。国家を危惧した志津邦陽中尉は「天皇陛下は人間であらせられる」という事を書いた怪文書をばらまいた。当然、憲兵に逮捕され、軍法会議にかけられて、禁固6月に処せられる。服役中、志津中尉は突然呼び出され、暗い道を車でどこかに連れられて行く。着いてお会いした方は昭和天皇であった。陛下は志津の話を聞いているうちに、志津なら事件の真実を探り出してくれると考え「満洲某重大事件(張作霖爆殺事件)」の事実調査をお命じになる』
志津は内密に満州に渡り調べて報告するが、そのリポートと交互に張作霖を乗せた列車にしゃべらせるという手法をとる。これぞ小説ならではと言った感じです。
張作霖を描いた「中元の虹」の続きで、そのころの危うい日本を感じながら読みました。
posted by akino at 00:03| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

NO...4844

リネツが2週間休みなので、いつもと違う計画を立てます。
今日は自転車にイーナを乗せたり歩かせたりと散歩目的で横浜のアウトレットへ行ってきました。近くなのに、今までに2回行ったことがあるだけ。行くたびに様子が変わっています。
海に面しておしゃれな建物、灯台風の建物もあり、海辺には手すりが付いた板張りの歩道もあって、そこここにベンチがおしゃれなデザインで置いてあります。目の前にはモーターボートなどモダンな形の船が100を越え繋留されています。
若者が好きな理由がわかる場所です。手をつないだ若いカップルや、小さな子供連れの若いカップルも見かけましたが、みんないかにも垢抜けたいでたちでした。
バーゲンセールが始まっていましたが、わたしはイーナとぶらぶら歩いただけで帰りました。
posted by akino at 00:00| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

NO...4843

バレンタインデー。わたしには関係ない日と思っていると「10時に伺います」ソフトな声の相手は男性です。
ええっ、チョコレートをあげなければならない男性かな。もちろん準備なんかしてないしねえ〜。
10時きっちりに男性は見えました。男性男性ってくどいようですが、こう書かないとバレンタインデーは目立ちませんからね。
前もって届いている箱を開けるようハサミを添えて出しました。男性は手馴れたものでさっさっさっとーー出てきたのは(もちろん逆チョコなんかあるはずがない)機器。
箱の中に2つの小さな道具。それをインターネットを受信している機器に繋いでくれました。これで電話が普通に使えるようになりました。
そうです、ハンサムボーイはauの人でした。
コーヒーにチョコレートケーキを添えて「どうぞ、今日はバレンタインデーですから」と言うと、今日初めてのチョコレートプレゼントですと喜んでくれました。
posted by akino at 01:36| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

NO...4842

ブログも5000回近くなると、書く内容が同じになったり、つまらないものばかりになりがちで、無い頭を絞って日々産み出しています。
このプログは「文学・小説」というところ(参加者・16000人ほど)に参加しています。訪問者数は毎日170人前後、アクセス数は800人前後で順位は50番ほどです。昨日について正確に言うと訪問者数178人でアクセス数は750人でした。
わたしはオリンピックの選手と同じで、この数字に励まされながら顽张っているところがあります。
始めたのが70歳ごろでした。それから毎日こつこつ。旅行に行く時は国内にも海外にもipad持参。
楽しみで書いている他に、自分の子に向けてというのがあります。書かない日があると「お母さんはどうした?」と子ども間をメールが行き交うので。何しろ歳が歳ですから、母親の健康チェックをこれでされています。
読んでいただいている皆さま、ほんとうにありがとうございます。
posted by akino at 00:01| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

NO...4841

オリンピックのスノーボードを観ていると、強風にあおられてなかなか思うような演技ができない。切り替えると、ラージヒル。これも風が吹いてなかなかスタートのサインが出ない。選手は横に外れるところで毛布を着せてもらい寒さをしのぎながら待つ。またチャンネルを切り替えると、北陸の雪が再度激しく降り始めている。また切り替えると寒さのために熱帯の珍しい魚やイワシが海岸に打ち上げられ死んでいる。
こんなに寒いニュースばかりだと、テレビを見ているこちらも凍えそうな気がして来た。
おまけに、日本選手がなかなか表彰台に上がるというニュースも出ない。
あ〜あ、寒い寒い。
ここでわたしの考えたのは、かたくり粉に砂糖を入れてちょっと水で溶き、ここへ〜チンチンに沸いた湯を一気に注いで急いでかき混ぜ、スプーンで食べること。まあわたしがこれを食べても世間の寒さは暖かくなりませんが〜。
posted by akino at 04:52| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

NO...4840

わたしの借りていた本を読みたいとBさんは持って行ったけれど、読みきれないから小学校図書室の閉まるギリギリまで待ってと猛読書をしているらしいのです。閉室30分前になって、ようやくマンションの入り口で待ち合わせして本を返しに2人で行き、今度はBさん同じ本を自身で借りてきました。
1人3冊まで借りることができるので、わたしは違う本を選びました。選び終えるとボランティアさんのところで手続きをとります。
話をしているうちに、わたしはBさんのことを「ベストフレンド」と紹介すると大笑い。(年寄りのつかう言葉でないのが笑いの原因)Bさんも「一回り上なんですよ〜」とひやかす始末。
わたしはBさんの性格が好きです。たとえば「この間の焼きそば美味しかったから、またご馳走して」「いまちょうど冷蔵庫にあるからいつでもどうぞ〜」というような遠慮のないところが好き。ほんとにわたしは友に恵まれていると感謝です。
posted by akino at 00:38| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

NO...4839

朝いちばんに飲みたいものはコーヒー。これはちゃんと淹れるもの。でもそれ以外は、頭の中であれこれ転がしながら考えます。
オリンピックの開会式再放送をゆっくり見ていると、何か飲みたくなりました。しょっぱい飲み物が頭に浮かびます。
台所へ行き湯を沸かして塩昆布と梅干一つをカップにいれて再びコタツへ。塩味がおいしく、飲み干した後、梅干を食べ塩昆布も食べました。
カフェラテという箱入りのスティックタイプは、湯をカップに入れてかき混ぜるだけ。お茶も近ごろはいいかげんでパックに入っているのを使っています。手軽で、それなりに美味しい。
後は炭酸ソーダの冷やしたボトルのときもあるし、生ジュースの時、氷に水だけというのもありますが、近ごろ好きじゃなくなったのは、コカコーラや甘いジュース類。孫たちが来るときのために冷蔵庫に冷やしていますが、わたしが飲むことはありません。
posted by akino at 00:41| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

NO...4838

10日に帰る娘と万葉の湯に行きました。みなとみらいのランドマークタワーのすぐ側です。
7階のお風呂はサウナが3箇所。塩が大きな樽に山盛りになった塩サウナでたっぷり体に刷り込んだせいで、その後お風呂に入るとスネがピリピリ。やりすぎました。人気は外風呂。海を眺めながら石風呂・ヒノキ風呂・寝湯・もわもわと湯気の出るツボ形の風呂・そして普通の風呂がありました。
気持ち良く入っているとわからない言葉が聞こえてきます。
「何語ですか?」おばあさん2人に聞くと台湾語だと。「地震大変でしたね」「ありがとうございます。日本の人たちが助けに行ってくれています」「日本も東北地震のときは真っ先に来てもらいましたから」なんていう会話をしてから、「ずっと日本に住んでいる。中国より日本のほうが近い国」そう言って好意を示してくれました。
黒ビールと珍しい夕食を堪能して帰宅しました。
posted by akino at 03:23| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

NO...4837

テレビニュースから。
東京のど真ん中に昔からある泰明小学校は、来年度から生徒の制服をイタリアのアルマーニのものにするそうですが、一部の父兄が反対しているとか。全部そろえると8万円にもなるのだと。どうして教育の場にアルマーニ?
「ヘーッ」と、わたしはびっくり。選ぶのは自由と言いますが、学校の提案なら子どのためには何とか準備してやりたいと考えるはず。
わたしの古い話ですが、2 月に家族でアメリカから帰国、3月に卒業式の子がいました。皆はブレザーで出席だと言います。「たった一回着るだけのためにブレザーなんて〜。セーターで十分」わたしは自分の哲学を子に押し付けました。
卒業式当日、セーターだったのはたった2人だけ。この時、教育というのは、その子の持っている力以外のところで極端は良くなかったと反省頻りでした。
posted by akino at 00:29| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

NO...4836

リネツinサウナ。年寄りの話は「思い出話・自慢話・お説教」と言われます。今日はその中の思い出話の巻。
Iさんは終戦時北朝鮮からの引き揚げ者。高熱のあるIさんは死ぬと思われたようで、3人のお手伝さんに預けて母親たちは日本へ。あんなに悲しかったことはなかったと。でも神は見放すことがありませんでした。引き揚げ船で遅れて着いたIさんを見つけると母親は駆け寄って抱きしめたと。
後年その母親が亡くなったとき、病院から焼き場に直行させようとするまわりに抵抗して、死んでいる母親を背負いきょうだい2人とともに帰宅。母親を布団に寝かせたあと、母親と並んで寝たり、顔をさすったりしたそうです。
「そうしなければ可哀想すぎると思った」
聞いていたサウナのみんなはホロリ。
Iさんの人物評価は三段階アップ。本人の照れ具合が面白かったです。
posted by akino at 00:54| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

NO...4835

娘が宅急便の伝票を持ってきて、「荷物いつまでに出せばいいのか聞いておいて」と言い置いて出かけました。10日のNY行きに乗せる荷物の集配のことです。
さて、電話番号はーーこれが凄いですよ。伝票の一番右端に芥子粒くらいの字。仕方ありません。大きな虫眼鏡を引き出しから見つけました。ナビダイヤルとフリーダイヤルの番号が書いてあります。
そして伝票の下側には「お荷物のご依頼はインターネットからもお申込みいただけます」と今度米粒ぐらい。おまけにhttp@//というのも太字です。
会社とすればなるべくインターネットでということでしょう。仕事の合理化のため、こう考えるのは当たり前です。これらを利用する年齢も若いはずだし〜。
と、まあ、寒い日の年寄りは暇なので、コタツに入って相手の考えていることを推し測って、なるほどと納得し楽しんでいるのです。
posted by akino at 01:54| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

NO...4834

家の中では、晴天で穏やかに見えたのに、午後の散歩は寒かったです。南風がぴゅうぴゅう「北風小僧の寒太郎」が大暴れでした。
スーパーに入ると、節分の豆はすっかり姿を消して、目立つ場所には雛あられ。でも春がやってくる気配はそのコーナーのみ。
表にて出るとさすがのイーナもシニアカーの陰に入って風を避けていたようです。公園の木蓮は蕾を大きくし始めていますから、暖かさが少し続けば咲き始めるでしょう。
わたしのベランダは去年種をいただいたのを秋に蒔いた「雲間草」が上手く育って鉢から溢れそうなほどに元気です。一輪咲き始めましたが、ここのところの寒さで尻込み。パンジーは雲間草と一緒のベランダ。ゼラニュームはオレンジ・ピンク・アカなど居間の前に咲いて、ヒヨドリ一羽が、その前の手すりによくとまっています。餌をやりたいけれど、近所とのトラブルになるといけないので眺めているだけです。
posted by akino at 06:03| Comment(5) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする